Archive for the ‘ボードゲーム’ Category

11
7月

 TCGの販売もされている長野県の「平安堂」書店を含むグループで開催される『高沢グループ大感謝祭』でホビージャパンのトレーディング・カードゲームを体験できます!
 国民的RPGをTCG化している『ファイナルファンタジーTCG』、根強い人気作品より『サガコンピレーションTCG』、そして時代を操るホビージャパンのオリジナルTCG『ラストクロニクル』。
 それぞれの体験会はスタッフのティーチングのもと、配布デッキやプロモーションカード、ルール冊子のプレゼントもありますので、初めてでも手ぶらで参加できます。
 もう遊んでいるプレイヤーには、スタッフが相手をする対決「ガンスリンガー」も用意してお待ちしております。

イベント概要
開催日:7月26日(土) 10:00~17:00、7月27日(日) 10:00~16:00
会場:長野市エムウェーブ(長野市オリンピック記念アリーナ)
入場料:無料
主催:高沢グループ大感謝祭 実行委員会

ご案内チラシはこちらをご覧ください(PDFファイル)

11
7月

 前回の関東での大会に続きまして、今度は東北で『FF-TCG』、『サガコンピレーションTCG』の交流会(個人主催イベントです)が開催されますので、ご案内いたします。

◆イベント名:裏MASTERS仙台
◆イベント内容: 東北のスクウェア・エニクスTCGプレイヤーを中心とした交流会です。
東北以外の遠征勢も歓迎致します。スタンダードトーナメント、サガ限定構築、トレード会を行います。
ブードラ、シールドも参加者の希望に応じて開催致します。

◆開催日:7月19日(土)
【 7月20日(日)も開催を計画中ですが、別会場を手配中ですので詳しくは下記Twitterまでお問い合わせください 】

◆開催場所
日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)2階 会議室2
住所:仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5
※最寄り駅:地下鉄旭ヶ丘駅
駐車場は周辺の有料駐車場となります。

◆開催時間:14:00~22:00

◆参加費(会場代+ドリンク、おやつ代):500円

◆問い合わせ先:参加希望の方は、Twitterにて板垣さん(@sazanka1984)、または田村さん(@z_marumaru)までお問い合わせください

27
6月

 6/21(土)に「川崎市民プラザ」にて、『第一回インペリアルクロスカップ』が開催されました!

image

 東京、埼玉、神奈川より21名が参加し、スイスドロー5回戦+決勝トーナメント2回戦で行なわれました。会場には『FF-TCG』から遊んでいただいているプレイヤーさんや、『サガコンピレーションTCG』からはじめられたプレイヤーさんもいらっしゃいました。

 みなさん、東京で行われる『ファンフェア』に向けてデッキを研究されていました。
 会場で人気の多かったデッキは「火水」、「火土」デッキで、大阪ファンフェアで多かった【SGPR-002】バーバラを対処しやすいようなデッキ構成になっていました。

 そんな中優勝したのは公式イベントなどでも活躍されいる方(通称=閣下さん)の七英雄を中心とした風土デッキでした。その日一番活躍したカードは【SG1-064R】ワグナスだそうで、幾度となく勝利に導いてくれたそうです。

__

 試合後はみなさんでお楽しみ抽選会や、フリー対戦などでにぎわいました。
 初心者の方やカードの足りない方向けのテイクフリーコーナーを設けていたり、トレーディングカードゲームならではのカード交換など行なわれていて、みなさんご満悦の様子でした。
 次回は今年の9月頃を予定しているとのことです。

 個人で交流会やトーナメントを非公認で開催される方で、公式TwitterやBlogなどで告知希望の方はぜひゲーム開発課のTwitterまでご一報ください。可能な範囲で告知や賞品提供のご協力をさせていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

08
4月

 2014年初夏に発売予定のロマンシング サガなどのシリーズを題材にしましたトレーディングカードゲームですが、全国のショップ様店頭にて先行体験会を開催することとなりました。ただいま、公式サイトの準備がまだ整っておりませんので、こちらのBlogにてまずは告知させていただきます。
 以下が4~5月開催のショップ様になります。
 6月以降の体験会につきましても、随時追加していきますのでいましばらくお待ちください。
 なお、体験会にご参加いただいた方には、サガTCGのプロモーションカードを1枚プレゼントいたします。この機会にぜひご体験ください(一部の店舗では後日発送にてプレゼントさせていただきます)。

4月分

●京都府
イエローサブマリン京都店
京都府京都市中京区裏寺町598 河原町OKIビル4階,TEL:075-253-4300,
4月19日(土)13:00~

●大阪府
ホビーステーション日本橋本店
大阪府大阪市浪速区日本橋3-8-12 日本橋プラザ1F,TEL: 06-6631-7820,
4月19日(土)14:00~

すみの玩具店
大阪府池田市栄町3-11,TEL: 072-751-3747,
4月19日(土)18:00~

●滋賀県
ゲームプラザ元気302
滋賀県大津市今堅田2丁目40-25,TEL:077-574-2502,
4月19日(土)17:00~

●石川県
ホビーステーション金沢店
石川県金沢市竪町24 BELSEL3F,TEL:076-264-1999,
4月26日(土)13:00~

Cards of Paradise 金沢工大店
石川県野々市市高橋町14-43,TEL:076-227-5317,
4月26日(土)18:00~

5月

●福岡県
G-PROJECT 古賀店
福岡県古賀市天神1-2-7 クオリティ21-2F,TEL: 092-942-2202,
5月10日(土)14:00~

G-PROJECT 折尾本店
福岡県北九州市八幡西区折尾1丁目13-8 サンシャインビル折尾3F,TEL:093-883-8239,
5月10日(土)18:00

●愛知県
すまいるキング高蔵寺店
愛知県春日井市中央台1-1-2,TEL: 0568-94-0921,
5月17日(土)13:00~

すまいるキング 刈谷店
愛知県刈谷市若松町2-101,TEL: 0566-28-0833,
5月17日(土)14:00~

アドバンテージ上前津店
愛知県名古屋市中区大須4-15-59 前津ビル201,TEL: 052-242-3711,
5月17日(土)17:00~

●岐阜県
フェイズ大垣店
岐阜県大垣市三塚町字鶴舞112 3番地6,TEL: 0584-81-1845,
5月17日(土)18:30~

●群馬県
Books ながしま
群馬県高崎市箕郷町生原589-4,TEL: 027-371-2970,
5月24日(土)12:00~

●新潟県
ゲーム館ビート
新潟県五泉市吉沢1-5-26,TEL: 0250-43-7100,
5月24日(土)19:00~

●千葉県
イエローサブマリン千葉ゲームショップ
千葉県千葉市中央区富士見2-3-1 塚本ビル3階,TEL: 043-227-5388,
5月24日(土)17:00~

●東京都
カードラボ新宿店
東京都新宿区新宿3-17-17 B2F,TEL: 03-3356-6868,
5月24日(土)13:00~

ファイヤーボール秋葉原店
東京都千代田区外神田3-15-6 小暮末広ビル7F,TEL: 03-6206-9247,
5月25日(日)13:00~

イエローサブマリン町田カードショップ
東京都町田市原町田6-18-13 サニーサイドビル2階,TEL: 042-739-6966,
5月25日(日)13:00~

●神奈川県
フルコンプ横浜店
神奈川県横浜市西区南幸2-8-9-2F,TEL: 045-314-2652,
5月25日(日)17:00~

●埼玉県
ホビーステーション川越店
埼玉県川越市新富町2-7-1 原田ビル2F,TEL: 049-229-4949,
5月25日(日)17:00~

15
11月

 すでにご存じのかたも多いかもしれませんが、2周年ファンフェアで行われ大好評だった作品単が12月23日に大阪で行われるファンフェアで、装いも新たに復活します! 最初ということもあり2周年記念のときは手探り感のあったこのフォーマットですが、そのときの反応のフィードバックや社内での調整の結果、新たなフォーマットが決定しました。ここではそれの大まかな部分を紹介していきます。ルールの詳細は来週公式サイトにて発表しますのでしばらくお待ちください。

■基本事項
デッキに入れるカードは出典が同じもののみ。ただし、以下の作品は同じものとして合わせてデッキに入れられます。
・FFⅠ、FFⅡ
・FFⅣ、FFⅣ Complete Collection
・FFⅦ、CCFFⅦ、DCFFⅦ、FFⅦAC
・FFⅩ、FFⅩ―2
・FFⅩⅢ、FFⅩⅢ―2
・FFT、FFT獅子戦争
・FFTA、FFTA2封穴のグリモア
・クリスタルクロニクル、RoF、小さな王様と約束の国、EoT、光と闇の姫君と世界征服の塔

■特別事項
・出典が違う作品のものでも一般アイコン(名前欄右のカードが3枚重なっているもの)があるものはバックアップのみ9枚まで入れられます。
・ディシディア、ディシディアデュオデシム、シアトリズム、キングダムハーツ、ブリゲイドのカードに関しては特定のカードは特定の出典で使用することができます。たとえば、シアトリズムの【5-053R】エンキドウはFFⅤ単で使用することができます。
※詳しくは後日、公式サイトにアップされますのでご確認ください。

前回と違う点は同じ名前のカードだからといって、ほかの出典のものは使えないところにあります。FFⅩⅢ―2の【8-062R】ギルガメッシュはFFⅤ単では使用することはできません。
また、一般アイコンの助っ人はバックアップのみとなりましたのでご注意ください。
以上が大まかなルールの説明となります。作品単は配信等でもどんどん広めていく予定ですのでお楽しみに!

15
10月

エリア予選に関してですが、賞品に関しての告知もありましたので補足いたします。
■参加賞(参加者全員)
【PR-065】光の戦士(プレミアム版)
■1位
・記念メダル
・ChapterⅨ~Ⅺのコンプリートセット(プレミアム版)
■2位
・記念メダル
・ChapterⅨ~Ⅺのコンプリートセット(通常版)
■3位
・記念メダル

※なお、エリア予選ではデッキ登録の必要がありますので、参加者の方はボールペンとデッキを忘れずにお持ちください。ボールペンの貸し出しもありますが、数に限りがありますので、お持ちいただければと思います。下に記入可能なデッキ登録用紙をダウンロードできるようにしてありますので、事前にご記入いただいて印刷してお持ちいただいても構いません。

◆◆デッキ登録用紙

15
10月

いよいよ今週末から始まるFF-TCGの日本選手権エリア予選。各エリアでの権利獲得者数やラウンド数など、気になっている人も多いと思います。
当日もアナウンスしますが以下の内容で権利等をお渡しいたしますので、参加者の皆様は参考にしてください。
エリア予選を勝ち抜けばいよいよ日本チャンプの座をかけた本選が待っています。エリア予選参加の権利を持っている方はぜひ参加してください!

●エリア大会ラウンド数とプレーオフ
スイスラウンドについては当日の参加人数で決定します。

参加人数/スイスラウンド数+プレーオフ
1~8/3+1
9~16/4+1
17~32/5+1
33~64/6+1
65~128/7+1
129~/8+1

<例>参加人数が30人のエリア大会のラウンド数は、スイスラウンドが5回戦とそれにプレーオフの1回戦を含めた計6回戦が合計のラウンド数となります。

・プレーオフについて
スイスラウンド終了時の順位でエリアごとに与えられた全国大会権利獲得数のうちの上位半数のプレイヤーは、プレーオフを戦うことなく全国大会の出場権を獲得します。残りの半数については、プレーオフ対象者どうしが1本勝負の1回戦を戦い、勝ったプレイヤーが全国大会の権利を獲得します。

<例1>権利獲得数が10名の大会の場合、スイスラウンドの上位5名が自動的に全国大会の出場権を獲得し、6位から15位までの10名によりプレーオフを行ない、勝者が全国大会の出場権を獲得します。

<例2>権利獲得者が奇数(例えば9名)の大会の場合、スイスラウンドの上位4名が自動的に全国大会の出場権を獲得し、5位から14位までの10名によりプレーオフを行ない、勝者が全国大会の出場権を獲得します。

●各エリアの全国大会権利獲得数
全国大会の権利獲得数は当日の参加人数により決定します。計算方法としては、各エリア5名の参加者につき、1名の全国大会参加の権利が与えられます(端数は繰り上げ)。

<例>参加人数が52人のエリア大会の場合、11人が全国大会の出場権を獲得します。

※MASTERS FINALのトップ8およびTHE AFTERのトップ8の人はすでに全国大会の参加権を持っています。それらのプレイヤーがプレーオフ圏内以上の順位でスイスラウンドを終えた場合、その分のプレーオフ参加権は繰り下がります。

・全国大会の交通費支給について
権利獲得者のなかでも上位のプレイヤーに与えられる全国決勝大会の交通費の支給については、上位に残り自動的に全国大会の出場権を獲得したプレイヤー全員に支給されます。金額については当日お伝えします。
なお、交通費は全国決勝大会当日に支給されます。

昨年の日本選手権本選の模様

03
10月

今週末から開催されるChapter XI のプレリリースパーティーに関しまして、公式サイトにて発表されておりますものに間違いがありましたので、取り急ぎ当blogで修正箇所をお知らせいたします。
明日中には公式サイトのほうでも修正されます。3店舗様およびユーザーの皆様にはご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんが、まずはこちらでご確認ください。

■掲載漏れ
————————————————-
●関東
メディアワールド八潮店
埼玉県八潮市中央4-7-6 2F
048-994-3080
2013年10月6日 16:00~ 8名
参加費0円(パック代含まず:当日受付のみ)
————————————————-

■開催人数修正
————————————————-
●関東
グランドパンダキャニオン 秋葉原店
東京都千代田区外神田3-14-7 東雲堂ビル3F
03-6206-8689
2013年10月5日 19:00~22:00 24名
参加費3000円(パック代含む:当日受付のみ)
※16名→24名

●近畿
GENKIぶらくり丁店
和歌山県和歌山市雑賀町59番地
073-422-7338
2013年10月6日 19:00~21:00 8名
参加費2800円(パック代含む:事前予約あり)
※4名→8名
————————————————-

29
8月

前回、このブログで8月31日から幕張メッセで開催される『キャラホビ 2013』にFF-TCGが出展されることをお伝えしましたが、今回はそこで初めて行なわれる『ペアガンスリンガー』についての詳細を書いていこうと思います。

まずフォーマットはChapter Ⅸ~Ⅹ限定構築になります。スタンダードでは行ないませんのでご注意ください。

また、開始時間ですが、11時を予定しています。11時の時点でブース前にて参加希望者を募集し、その場で参加表明されたペアに番号が書かれた整理券を配布します。朝一番で並ぶ必要はありません。

それ以降は先着順となり、いつものキャラバンと同じように順番に整理券をお渡しします。順番になってもその場にいなかった場合は次の番号に飛ばしますのでご了承ください。

参加自体は何度でもできますので、1回終わってまた挑戦したい場合は再び整理券を受け取ってください。

次に気になる参加賞に関して。スタッフに対して2-0で勝つと(つまり2人とも勝利すると)、豪華賞品の抽選クジが手に入ります。クジにはハズレがなく、必ず何かもらえます。全部で10枚用意してありますが、時間的なことを考えても十分な枚数なので、全部奪うくらいの気持ちで臨んでいただければと思います(笑)。
また、1-1か0-2の場合は、プレミアムカードからランダムで1枚ずつお渡しします。

こちらも全力で戦いますので、ぜひ挑戦してみてください!

※なお、開催は8月31日のみとなります。

30
7月

ゲーム開発課の一戸です。
 またまた少し間が空いてしまいましたが、『MASTERS 2013』シリーズの感想を語っていきたいと思います。今年の『MASTERS』は『台湾』を含めると全28か所で開催しましたが、多くの会場で前年の参加人数を超える結果となりました。いやはや、本当にご参加ありがとうございました! 総参加人数は1,569名で、1会場あたりの平均人数は56人でした。

 今季の『MASTERS』では新しい試みとして、2012年に開催しなかったところでの開催や海外での開催、さらには新しいフォーマットであるチーム戦での開催が挙げられます。チーム戦は3人1組ということもあり参加するためのハードルがちょっと高いかな? と思っていたのですが、フタをあけてみたら『埼玉』は50チーム150名参加と今年の『MASTERS』最大の人数となり、『京都』も29チーム87名の参加と、大成功だったと言えるでしょう。当然ながら来年開催予定の『MASTERS 2014』でもチーム戦はプログラムに入ることになります。

 『FINAL』と『THE AFTER』ではニコ生に解説を入れるというのも新しい試みでした。どちらの大会もかなり熱い展開だったこともあり、放送自体も非常に盛り上がりました。『THE AFTER』といえば片平さんの二連覇はすごかったですね。『FINAL』で優勝した神谷さんと共に、これからも目標とされるプレイヤーになることでしょう。

『THE AFTER』二連覇を達成した片平さん

 さて、来年開催の『MASTERS 2014』ですが、現在さっそく候補地の選定に入っています。開幕は2014年1月で、今年同様『千葉』からスタートすることまでは決定しています。開催数はほぼ今年と同数を予定していますが、開催地は今年から何か所かは入れ替えようと思っています。実際は会場や日程の都合でなかなかうまくはいかなかったりするので確約はできないのですが、まだまだイベントを開催したい都市はありますので、うちの街にも来てほしい! と思っている方々は、少しだけ期待してお待ちください。

 ……その前に! 8月からは第3回全国大会の店舗予選がスタートします。8月はスタンダード、9月はChap.Ⅸ~Ⅹ構築と、去年同様に開催時期でフォーマットが違うので、十分注意してください。スタンダード、Chap.Ⅸ~Ⅹ構築ともに『FINAL』と『THE AFTER』で活躍したデッキが環境の中心になることは間違いないので、公式サイトのイベントレポートを読み直しておくとよいかもです。

 というわけで、今年はもちろん来年もFF-TCGはがっつりとイベントを開催していきますので、ぜひとも参加しに来てください。それではこれからもFF-TCGをよろしくお願いします!

ゲーム開発課
一戸 健史