• 妙だな……『ミステリウム:隠された兆し』


    人気ゲームはプレイ回数も必然多くなり、そのため定石ができてしまったりしがち……それを回避するには拡張セット。

    今回紹介いたします、

    ミステリウム:隠された兆し

    も、人気の『ミステリウム』に新たな容疑者、新たな殺害現場、新たな凶器、新たな幻視カードを加える拡張セットです。

    そもそも同じセットで何度も遊んでいると定石的なものができてしまうことは否めないわけで、そんな定石を打ち砕くのにあるといいよね、てな性格の拡張セットです。

    詳しくは画像でどうぞ……

    ボックスの中はこんな感じ。

    [READ MORE]

  • みんな混沌なんだ!『ウォーハンマー・クエスト:カードゲーム』


    日本においてはファンタジーテーマのゲームは人気が根強く、いろいろと出版されてもいますが、その元祖をたどると『War of the Ring(SPI)』『バーバリアン・キングス/Barbarian [READ MORE]

  • 世界の七不思議:デュエルほか正誤表


    ●世界の七不思議:デュエルほか正誤表

    『世界の七不思議:デュエル』に以下の変更があります。

    P.11『世代の終了』
    旧)紛争コマがボードの中央にある場合、最後の手番プレイヤー(前の世代の最後のカードをプレイしたプレイヤー)が次の世代のスタートプレイヤーとなります

    [READ MORE]
  • 【続報】ホビージャパンゲームフェスティバル2016 開催内容予告!


    ゴールデンウィークも明けたので、
    HJGF2016の続報発表!
    今年もホビージャパンゲームフェスティバル2016開催します!

    日程:2016年7月2日(土)、3日(日)の2日間

    [READ MORE]
  • 【確定】5月のホビージャパン・アナログゲーム例会


    ゲームマーケット直後、5月のホビージャパン・アナログゲーム例会開催のご案内!

    ホビージャパン・アナログゲーム例会
    ・日 時:5月21日(第3土曜日 13時~)

    [READ MORE]
  • 【A4】ゲームマーケット2016春 ホビージャパンブース情報


    さて、5月5日に開催を控えましたゲームマーケット2016春ですが、ホビージャパンブースは以下の予定となります。

    1)会場限定販売
    ・大いなる文明の曙
    大好評のうちに完売した『大いなる文明の曙』を少数だけ販売。

    担いで帰る猛者のために。大丈夫。11㌔くらい。… [READ MORE]

  • えい、やぁ、行くよ、せーの!『ポーション・エクスプロージョン』


    ゲームマーケットも差し迫ってきた中、今回紹介いたしますのは、ニコ生でも放送し、ゲーム当日先行で販売いたします、

    ポーション・エクスプロージョン

    です。

    『コルト・エクスプレス』受賞の影響を受けてか、立体物バリバリのボードゲームで、
    ○ャンディ・○ラッシュ(Cが頭韻を踏んでる)にインスパイアされたようなゲームです。
    こっちは“ション”で韻を踏んでる。… [READ MORE]

  • アーティファクト職人の朝は早い『ファイブ・トライブス:ナカラの職人』


    市場が大きい海外では基本セットが売れると拡張が出るのが常で、ひとつのゲームを長く遊ぶという文化が垣間見えるのですが、
    拡張が出ているゲームはまずハズレではない
    と考えていただきたい……

    ファイブ・トライブス:ナカラの職人

    も本国では『ファイブ・トライブス:ナカラの魔人』がバカウレ。


    拡張なので、今回はカンタンに追加の要素を説明すると……

    新しいタイル[READ MORE]

  • おうごんのたそがれの『ディンゴの夢』


    オーストラリア先住民、と言っても多数の部族と多数の言語がその大陸にはあるのですが、各部族の共通した重要なキーワードとして“夢を見る(Dreaming)”という概念がありまして。
    何かを成したその神話的偉業は夢で見たものと同義であり、その夢をなぞらえることで神話を再演し力を再生することができ、しかし夢は時間が無く、夢と言う過去は今起きているい現実に繋がっており未来に見る夢である……というよくわからない概念※ですが、今回の

    ディンゴの夢

    もそんなオーストラリアの野犬、ドリーミング、夢の世界で迷った動物たちを故郷に帰してやろう……というフレーバーのタイル配置ゲーム。

    BGMは… [READ MORE]

  • どっきり!『ドクター・パニック』


    最近、スマホやタブレットPCが普及し、デジタルデバイスを用いたゲームが増えてきていますが、時間管理ができたり、や情報を制限できたり、面倒な計算をお任せにできたり、雰囲気づくりに役立ったりと、アナログの苦手な部分をカバーできることもあり、今後も増えていくのではないかと思われますが……今回紹介いたします

    ドクター・パニック

    もそんなデジタルデバイスが必要なゲーム。
    BGM・効果音(制限時間) + ランダムイベントをアプリで、もしくはBGM・効果音(制限時間)をMP3ファイルでという使い方(MP3を使う場合、ランダムイベントはカードを使います……アナログ!)

    プレイヤーは緊急医療チームの一員となり、緊急搬送される患者の応急手当てをすることになります。… [READ MORE]

1 2 3 4 62