• 果しなき河よ我を誘え『スモールワールド:リバーワールド』


    人気のボードゲームの拡張と言うものは、基本セットがそれだけ売れていればどんどん出る傾向にあるのですが、

    スモールワールド:リバーワールド

    はそんな人気の『スモールワールド』の拡張セットで、ゲームマーケットに向けての紹介となります。

    内容的には新たな“ちいさな世界”、「リバーワールド」のマップ(プレイ人数に応じて狭さが選択できるぞ!)と、イベントタイル、河上の「失われた部族」である「海賊」が加わります。

    マップは河川で寸断されていて移動に大きな制限を受けるため、大きく征服するには河を移動する必要が出てきます。
    「河」のルールは『スモールワールド:アンダーグラウンド』の河と同じで、トークン1枚で征服できるけど、特殊なパワーがない限りターンの最後に放棄しないとダメ。

    海賊は生き残っていると、隣接する地域の得点が下がってしまうのでさっさと滅ぼしたほうが良い感じ。… [READ MORE]

  • 3月のホビージャパン・アナログゲーム例会


    ゲームマーケット2017神戸翌週となる、3月18日のホビージャパン・アナログゲーム例会開催のご案内デス!

    ホビージャパン・アナログゲーム例会
    ・日 時:3月18日(

    [READ MORE]
  • 【A19】ゲームマーケット2017神戸 ホビージャパンブース情報


    3月12日に開催を控えましたゲームマーケット2017神戸、ホビージャパンブースは以下の予定となります。

    1)限定販売商品
    《スモールワールド:リバーワールド》

    根強い人気のスモールワールドに、新マップが登場! 今度は海賊が跋扈する大河が流れる世界の征服競争!… [READ MORE]

  • アグリコラ:ファミリーバージョン正誤表


    『アグリコラ:ファミリーバージョン』に以下の誤植があります。

    P.1『内容物』
    誤)木の部屋/レンガの部屋タイル 20枚
    正)木の部屋/レンガの部屋タイル 12枚

    誤)食料マーカー 

    [READ MORE]
  • 2月のホビージャパン・アナログゲーム例会


    中国の春節に突入し入荷ラッシュも収まった2月のホビージャパン・アナログゲーム例会開催のご案内デス!

    ホビージャパン・アナログゲーム例会
    ・日 時:2月18日(
    第3土曜日

    [READ MORE]
  • 『コルト・エクスプレス:護送列車襲撃! 囚人対保安官』ほか正誤表


    『コルト・エクスプレス:護送列車襲撃! 囚人対保安官』に以下の編集上の誤りおよび補足があります。

    P.8『ゲームの終了』
    誤)★ 5ラウンド目の終了時に、まだ護送車の横に置かれている〈囚人〉カードは、めくって裏向きにして、〈保安官〉の〈達成済み〉ゾーンに配置されます。まだ列車内にある(〈盗賊〉が所持していない)〈郵便袋〉も同様に、〈保安官〉の〈達成済み〉ゾーンに配置されます。
    正)

    [READ MORE]
  • 『スチームパーク:ロボット』正誤表


    『スチームパーク:ロボット』に以下の誤りがあります。

    『ケチな客』
    誤)ケチな客は、あなたのいずれかの遊具の色の客が~
    正)

    [READ MORE]
  • オレの魚だ!『アイスクール』


    アクション系のゲームはいろいろありますが、

    『アイスクール』

    は一言で言うと、「おはじき」のボードゲームです。

    プレイヤーはペンギンの学校(スクール)の生徒。順番に風紀委員を務めますが、風紀委員は他の生徒を捕まえて学生証を奪うのが目的、生徒はそんな風紀委員から逃げ回って魚を3匹獲得するのが目的。


    ボックスはマトリョーシカみたいな感じになっていて、全部出した後つなげるとゲームボードになります。

    魚を使って部屋と部屋とをつなぐ……


    箱サイズの4.5倍になるので結構大きい。… [READ MORE]

  • 『キングスポート・フェスティバル:カードゲーム』正誤表


    『キングスポート・フェスティバル:カードゲーム』に以下の誤りがあります。

    襲撃者カード《グスタフ・ヨハンセン》
    誤)[邪悪]の目の領域ダイスを2個以上獲得していない場合~
    正)

    [READ MORE]
  • はやい・おっきい・やわらかい『ニット・ウィット』


    ゲームの魅力とのうち、コンポーネントの占める部分は大きいのですが、今回紹介いたします

    『ニット・ウィット』

    はコンポーネントのステキさに関しては特筆もの。
    デザインは『パンデミック』のマット・リーコックですが、今回は打って変わってワードゲームとなります。


    さて……… [READ MORE]

1 2 3 4 67