21
7月

 TCGの世界ではある程度おなじみのシールド戦。ですがFF-TCGが初めてのTCGという人もたくさんいると思いますので、シールド戦とはなんぞや? というところから紹介していこうと思います。

シールド戦とは?
 未開封のパックを開封し、パックから出てきたカードだけでデッキを組む遊び方を「シールド戦」といいます。封がされた状態のものを使うからシールド(Sealed)と言うようです。普通にデッキを組んで対戦することを一般的には構築戦と言い、シールド戦はデッキを組むことが限定されるので、限定戦の一種と言われています。
 パックから出てきたカードだけで戦うシールド戦は構築戦とはまったく違うデッキで対戦することになるので、構築戦ではあまり使われないようなカードが大活躍することが頻繁にあります。あまり使ったことのないカードでデッキを組む楽しさ、そしてそれらを活躍させるためにプレイする楽しさがシールド戦の醍醐味です。
 あらかじめ未開封のパックを用意しなければならないのでいつでもどこでも遊べるルールではありませんが、例えば新しいパックを買ったときにただ開封するだけではなく、それらでデッキを組んで対戦してみることで手軽にシールド戦を楽しむことができます。


用意するもの
 未開封のパックをある程度用意します。用意するパック数は特に決まっていませんが、現在のところ開発課では9パック前後でルールの調整をしています。そして以下の点が構築戦と違う特殊なルールとなります。

・デッキの枚数は40枚
・相手に与えるダメージは6点で勝利とする
・バックアップをフィールドに出すときには、どんなCPでもよい

 上2つのルールは特に説明することもなくわかると思います。構築戦との一番の違いは3つ目のルールで、例えばバックアップの赤魔道士(1-003C)をフィールドに出すときに、火属性のカードではなく、風や雷属性のカードを1枚捨てることによってもフィールドに出すことができるというルールです。
 上記以外は構築戦のFF-TCGとまったく一緒のルールとなります。
いろいろと試行錯誤を繰り返した結果、上記のルールで現在は調整しているのですが、開発内部の意見だけではなくFF-TCGをプレイしている皆様からの意見もいただきたいと思い、突然ですがエリア大会のサイドイベントとしてシールド戦の試遊会を行なうことにしました!


シールド戦試遊会
(FF-TCGエリア大会のサイドイベント)

北海道地区
日時:7月23日(土)
定員:8名、開始時間:11:00~

近畿地区
日時:7月23日(土)
定員:24名、開始時間:11:00~

九州地区
日時:7月24日(日)
定員:8名、開始時間:11:00~

関東地区
日時:7月31日(日)
定員:48名、開始時間:11:00~

中国・四国地区
日時:7月24日(日)
定員:24名、開始時間:11:00~

中部地区
日時:7月24日(日)
定員:24名、開始時間:11:00~

使用するパック:Chapter1:6パック、Chapter2:4パック
参加費:2,000円(税込)


 テストを兼ねた試遊会ということで参加費は定価より低い価格となっています。もちろんパックから出たカードはお持ち帰りいただけます。ただし! アンケートには必ずご協力ください(笑)
 また、参加される方でスリーブを使いたい方は、なるべく用意してきてください。会場によっては物販がないところもあります。
 ほかのカードゲームでシールド戦を体験したことのある人もまったくシールド戦を体験したことのない人も気軽に試遊会にお越しください。新しいFF-TCGの楽しさを経験できると思います!

Add reply

You must be logged in to post a comment.