Archive for 4月, 2012
24
4月

先週の木曜日に放送しました、ニコニコ生放送でゲーム開発課スタッフが使用しましたデッキレシピをご紹介します。今週の木曜日も、午後7時より放送いたしますので、ぜひご覧ください。

スタンダード構築:【デザイナー:森田】

フォワード 27
【1-137C】バイキング 2
【2-085R】カイナッツォ 3
【2-058R】スカルミリョーネ 3
【2-016R】ルビカンテ 3
【2-043R】バルバリシア 1
【2-105S】ゴルベーザ 3
【3-098S】レナ 2
【3-009C】バーサーカー 3
【4-012S】ビビ 2
【5-134U】ゴゴ 2
【5-095L】マッシュ 3

召喚獣 5
【1-140C】フェアリー 3
【4-014U】フェニックス 2

バックアップ 18
【1-146U】ユウナ 2
【1-100C】モンク 1
【1-086C】キマリ 1
【1-090S】シャントット 2
【1-003C】赤魔道師 3
【1-158E】カオス 1
【2-059U】セルフィ 3
【3-066C】幽玄の道化 1
【5-098C】モーグリ-5組- 1
【5-150C】話術士 3

ChapterⅤ構築:【デザイナー:森田】

フォワード 20
【5-027U】ウーマロ 3
【5-026R】ウーマロ 3
【5-039S】セリス 3
【5-106U】シャドウ 3
【5-105R】シャドウ 2
【5-102S】エドガー 3
【5-103U】エドガー 2
【5-160R】闇の王 1

召喚獣 5
【5-036C】シヴァ 3
【5-122R】ライディーン 2

モンスター 7
【5-045U】ヌマニュウドウ 2
【5-111U】ドラゴン 3
【5-116U】ベヒーモス 2

バックアップ 18
【5-032C】黒魔道師 2
【5-030C】吟遊詩人 3
【5-037C/1-036C】召喚士 2
【5-048C】モーグリ-9組- 2
【5-119C】魔人 3
【5-107C/1-113C】召喚士 2
【5-101C】エスタ兵 1
【5-121C】モーグリ-10組- 2
【5-113U】ナギ 1

スタンダード構築:【デザイナー:大塚】

フォワード 22
【1-056U】オニオンナイト 2
【1-067R】バッツ 3
【1-068U】ホープ 2
【3-043S】バルフレア 3
【3-044U】バルフレア 2
【4-102R】ミネルヴァ 3
【5-062S】セッツァー 3
【5-063U】セッツァー 2
【PR-020】フラン 2

バックアップ 19
【1-053U】エアリス 3
【1-057C】幻術師 3
【1-072C】弓使い 3
【2-042C】ノラ 2
【3-045U】フラン 1
【4-042C】ノノ 2
【5-061C】白魔道士 2
【5-068C】風水師 3

召喚獣 6
【1-051U】アレキサンダー 3
【4-037R】シルドラ 3

モンスター 3
【5-058U】サボテンダー 3

ChapterⅤ構築:【デザイナー:景山】

フォワード 24
【PR-033】ノエル 2
【5-018R】フォルカー 3
【5-025R】レオ将軍 3
【5-009C】黒魔道士 3
【5-053R】エンキドウ 3
【5-063U】セッツァー 3
【5-062S】セッツァー 1
【5-067R】ナナー・ミーゴ 3
【5-157R】ギルガメッシュ 3

バックアップ 17
【5-001S】アジドマルジド 1
【5-023C】モーグリ-2組- 2
【5-024C】モーグリ-1組- 3
【5-014U】朱雀のルシ セツナ 2
【5-022C】ムツキ 1
【5-060C】シド工房長 2
【5-061C】白魔道士 3
【5-068C】風水師 3

モンスター 5
【5-051U】アーリマン 3
【5-058U】サボテンダー 2

召喚獣 4
【5-052C】アレキサンダー 1
【5-017U】バハムート 3

【5-157R】ギルガメッシュと【5-053R】エンキドウを軸に据え、その他の部分でなるべく対戦相手にブロックさせずにダメージを稼いでいくデッキです。そのためキーカードは実は【5-060C】シド工房長になります。軸である【5-053R】エンキドウと【5-157R】ギルガメッシュは併せればかなりの力強さを発揮しますが、実際にはどちらも単体で十分機能するカードです。特に【5-053R】エンキドウは風にしては大きめのサイズを誇ります。
レジェンドはもちろんスペシャルレアも2枚しか入っていないので、比較的組みやすいのではないでしょうか。

ChapterⅤ構築:【デザイナー:田中】

フォワード 21
【5-105R】シャドウ 3
【5-106U】シャドウ 3
【5-114C】忍者 2
【5-133R】ゴゴ 3
【5-136R】ストラゴス 2
【5-139C】バイキング 3
【5-147S】リルム 2
【5-152S】セラ 3

召喚獣 4
【5-122R】ライディーン 2
【5-146U】リヴァイアサン 2
モンスター 7
【5-111U】ドラゴン 3
【5-116U】ベヒーモス 1
【5-129C】グリーンドラゴン 2
【5-145U】モルボル 1

バックアップ 18
【5-101C】エスタ兵 1
【5-113U】ナギ 2
【5-119C】魔人 2
【5-121C】モーグリ-10組- 2
【5-120C】モーグリ-11組- 2
【5-127U】アリア 2
【5-141C】モーグリ-12組- 2
【5-142C】モーグリ-4組- 2
【5-143C】モーグリ [THEATRHYTHM] 3

シャドウとゴゴのコンビネーションをダメージソースとした雷水デッキです。シャドウのレベルアップのち、ゴゴのヘイストアタックの流れがエレガン トですね。ナギやグリーンドラゴンのサポートにより、アタックはかなり通りやすくなっていると思います。バイキングがイマイチ機能していないので 一工夫加えたいところです。

13
4月

 昨日、ニコニコ生放送でゲーム開発課スタッフが使用しましたデッキをご紹介したいと思います。それぞれ、本人のコメント付きでデッキの使い方の解説がありますので参考にしてみてください。
 今後も、定期的にニコニコ生放送でスタッフの対戦や、そのほか企画をしてみなさんにお届けしていきたいと思いますので、ご要望などありましたら、放送中のコメントやTwitterなどでお寄せください。
 しばらくは木曜日の午後7時~9時の枠で毎週放送をしていきたいと考えておりますが、みなさんからのご意見によって変更される可能性もあります。最新の情報はゲーム開発課Twitterにてご確認ください。

スタンダード構築:『ケフカデッキ』【デザイナー:八十岡】

フォワード 15
【5-115R】ノエル 1
【5-158R】ケフカ 3
【3-098S】レナ 3
【5-137U】ストラゴス 3
【1-162S】セフィロス 2
【5-147S】リルム 3
モンスター 11
【5-116U】ベヒーモス 2
【5-145U】モルボル 2
【5-111U】ドラゴン 3
【5-051U】アーリマン 3
【5-020C】ボム 1
召喚獣 6
【5-135C】コヨコヨ 3
【1-142U】モーグリ 3
バックアップ 18
【1-130C】学者 3
【5-143C】モーグリ [THEATRHYTHM] 2
【1-158E】カオス 3
【2-096C】レン 3
【1-144U】ヤーグ・ロッシュ 2
【1-112U】シーモア 1
【1-110C】賢者 3
【1-101C】赤魔道師 1

このデッキは【5-158R】ケフカを出すことに特化して作ったデッキになります。【2-096C】レンさえいれば、【1-142U】モーグリや【5-135C】コヨコヨが実質0コストで打てますのでそれでコンボパーツの【5-147S】リルムや【3-098S】レナを探しつつモンスターをブレイクゾーンにおとしていきましょう。
【1-158E】カオスと【2-096C】レンさえ序盤に引けていれば、3、4ターン目には【5-081R】ケフカを出せると思います。今回は闇枠を【1-162S】セフィロスにしてみましたが、【5-156S】カイアスにしてみてもおもしろいと思います。手札を全部捨てさせつつ【5-081R】ケフカを出すことができるので、決まれば勝ったようなものでしょう。

スタンダード構築:『風土ジャミングデッキ』【デザイナー:景山】

フォワード 24
【2-061R】ヤン 3
【2-062C】ヤン 3
【1-060S】ジタン 3
【4-048S】レム 3
【3-043S】バルフレア 3
【3-053S】ヴィンセント 3
【4-058U】サラマンダー 1
【2-060S】プリッシュ 3
【5-093R】プリッシュ 2
バックアップ 17
【5-154R】星の神子 2
【5-064U】セミ・ラフィーナ 3
【4-042C】ノノ 3
【1-100C】モンク 3
【PR-022】リディア 2
【1-069R】マリア 2
【1-090S】シャントット 2
モンスター 3
【5-057C】コボルト甲型 3
召喚獣 6
【5-088C】タイタン 3
【4-037R】シルドラ 3

主に相手の除去を無駄にするカードを多く入れています。ライトニングデッキが苦手な大型でブレイブ持ちの《プリッシュ》がフィニッシャーです。
召喚獣2種は【PR-022】リディアで持ってきます。

スタンダード構築:『朱雀デッキ』【デザイナー:景山】

フォワード 27
【PR-021】エース 3
【4-005U】キング 3
【PR-023】マキナ 1
【4-018R】クイーン 2
【4-041U】トレイ 3
【4-038R】セブン 3
【4-051U】エイト 2
【4-059U】シンク 2
【4-073U】サイス 2
【4-075R】ナイン 2
【4-076C】ナイン 1
【4-090R】ジャック 3
バックアップ 18
【4-006U】ケイト 3
【5-024C】モーグリ-1組- 1
【5-048C】モーグリ-9組- 1
【5-071C】モーグリ-6組- 2
【4-049E】レム 3
【5-098C】モーグリ-5組- 2
【5-113U】ナギ 1
【4-098U】モーグリ-0組- 3
【4-094R】デュース 2
召喚獣 5
【PR-036】イフリート 3
【4-093U】ディアボロス 2

FF零式のペリティシリウム朱雀のキャラクターと召喚獣のみで組んだデッキです。6属性に渡るのでプレイングがタイトですが、キャラクターに思い入れがあるとおもしろいです。

スタンダード構築:『モーグリデッキ』【デザイナー:浅原】

フォワード 26
【5-152S】セラ 3
【4-048S】レム 3
【PR-024】レム 3
【5-072R】モグ 3
【3-098S】レナ 3
【4-041U】トレイ 2
【5-134U】ゴゴ 2
【2-085R】カイナッツォ 2
【5-147S】リルム 2
【1-075U】リュック 2
【1-137C】バイキング 1
バックアップ18
【5-071C】モーグリ-6組- 3
【4-042C】ノノ 3
【5-142C】モーグリ-4組- 3
【5-143C】モーグリ [THEATRHYTHM] 3
【4-097C】ホルン 3
【5-141C】モーグリ-12組- 2
【4-098U】モーグリ-0組- 1
モンスター6
【5-129C】グリーンドラゴン 3
【5-058U】サボテンダー 3

【5-152S】セラがモーグリを投げて投げて投げまくる! このデッキが通常のモーグリデッキと異なるのはモーグリを余すことなく使い切ることができるコンボ、通称『フィンガーフレアモグズ(FFM)』を搭載している点。【1-075U】リュックでバックアップのモーグリをすべて手札に戻してからの大量モーグリ投げ祭によって、時には10体のモーグリが5体のフォワードをブレイクする。資源の節制が叫ばれる昨今、使い切ることに焦点を当てたこのデッキはエコロジーの観点からも見逃せないだろう。

スタンダード構築:『水氷デッキ』【デザイナー:藤田】

フォワード 26
【PR-031】セラ 3
【4-024U】シェルク 3
【4-032S】マキナ 3
【5-042L】ティナ 3
【1-032R】クジャ 2
【1-137C】バイキング 3
【5-137U】ストラゴス 3
【3-098S】レナ 3
【4-099R】ジタン 3
モンスター 2
【5-045U】ヌマニュウドウ 2
召喚獣 6
【3-086U】暗黒の雲ファムフリート 3
【5-050U】リッチ 3
バックアップ 16
【1-037U】ジル・ナバート 3
【1-047C】魔界幻士 1
【5-048C】モーグリ-9組- 1
【PR-026】モーグリ[XIII-2] 2
【3-030C】時魔道士 2
【1-146U】ユウナ 3
【2-096C】レン 2
【3-085C】青魔道士 1
【5-127U】アリア 1

まだ全然調整中ですが、愛用してる水氷デッキです。
基本戦略は、【5-050U】リッチを二連打して相手だけ壊滅させること。案外決まります。自分は水のフォワードでアドバンテージを取り、相手には【4-099R】ジタンをはじめとしたカードでディスカードを強要。相手が手札破壊を警戒して展開してきたら【5-042L】ティナ経由からの【5-050U】リッチ二発か【4-032S】マキナとの合わせ技で壊滅を狙い、展開してくるフォワードが少なければ【3-086U】暗黒の雲ファムフリートで突破を狙っていきます。手札破壊が非常に充実しているので対戦相手は想定した展開はしづらく、コンボへの繋ぎは充分余裕がありますし、横への展開も比較的早いのでビートもあり得ます。
調整項目としては、【1-032R】クジャに続くフィニッシャーの採用、【5-146U】リヴァイアサンの追加、フォワードの一部見直しあたりです。

ChapterⅤ構築『風雷デッキ』【デザイナー:田中】

フォワード 16
【5-063U】セッツァー 3
【5-067R】ナナー・ミーゴ 2
【5-075U】ロック 3
【5-103U】エドガー 3
【5-105R】シャドウ 2
【5-106U】シャドウ 3
召喚獣 5
【5-052C】アレキサンダー 2
【5-122R】ライディーン 3
モンスター 11
【5-051U】アーリマン 2
【5-057C】コボルト甲型 3
【5-111U】ドラゴン 3
【5-116U】ベヒーモス 3
バックアップ 18
【5-054C】狩人 3
【5-060C】シド工房長 2
【5-061C】白魔道士 3
【5-101C】エスタ兵 3
【5-113U】ナギ 2
【5-119C】魔人 3
【5-154R】星の神子 2

ChapterV構築における標準的な風雷デッキです。雷の【5-111U】ドラゴンで対戦相手の低コストフォワードを除去し、【5-060C】 シド工房長で【5-075U】ロックのアタックを通す動きが強いです。除去に優れた属性の組合せなので、安定した成績が残せるのではないでしょうか。

ChapterV構築『火土デッキ』【デザイナー:景山】

フォワード 22
【5-005U】カイエン 3
【5-004R】カイエン 3
【5-079U】ガウ 3
【5-078R】ガウ 3
【5-085C】PSICOM治安兵 3
【5-086S】シャントット 3
【5-013R】朱雀のルシ シュユ 3
【5-093R】プリッシュ 1
バックアップ 16
【5-001S】アジドマルジド 2
【5-121C】モーグリ-1組- 2
【5-121C】モーグリ-2組- 2
【5-022C】ムツキ 3
【5-083C】コーネリア 2
【5-100U】リィド 1
【5-080C】空手家 1
【5-121C】モーグリ-5組- 3
モンスター 9
【5-020C】ボム 3
【5-012U】ゴブリン 3
【5-084C】ゴブリン 3
召喚獣 3
【5-017U】バハムート 3

フォワードとバックアップをバランスよく入れて、安定したダメージを稼ぐデッキです。【5-012U】ゴブリンで殴るターンを1ターン早くするのもポイントです。