ダンジョンズ&ドラゴンズ トップページへ
D&Dトップ
フォーゴトン・レルム
D&Dミニチュア

『宿命の種族』 他の宿命の諸種族紹介

アアシマール
 優雅で高貴で威厳のあるアアシマールは、善の属性を持つ来訪者と人間のカップルの遠い子孫だ。セレスチャルの祖先ほどの力は持たないものの、今でもアアシマールはその血の中に僅かに神性を保持しているし、それを誇りに思っている。敬虔な善の擁護者であるアアシマールは日々あらゆる悪と戦っている。
 暴力、不正、悪に満ちた世界では、アアシマールは前線に立ち、その能力を必要とする人々のために使用している。無知、偏見、強欲との戦闘の中で身をもって教え導くことにより、悪を退けようと試みる者もいる。人々を寄せつけない、高貴ではあるが脅かすようなオーラを身に纏い、冷淡で高潔な態度を示す者もいる。善の人々はアアシマールのことを、誰もが見習うべき規範として高く評価しているが、悪の人々は独善的で危険なほど道徳主義的だと見ている。
 性格:アアシマールは善の意志と前向きの態度を実際に発散している。大部分のアアシマールは優しく、愛想が良く、親しみやすい。しかしながら聖戦の如き熱意や目的意識を放射する者もいる。そのような者は威圧的で近づき難いかもしれない。セレスチャルの祖先が持つ、執念深く善悪で判断しがちな側面に耳を傾けているのである。脚光を浴びたがるアアシマールはほとんどいない。彼らは権威ある地位につきたがらないが、身をもって人々を導く場合はその限りでない。