ダンジョンズ&ドラゴンズ トップページへ
D&Dトップ
フォーゴトン・レルム
D&Dミニチュア

モンスターマニュアル モンスター図鑑

エティン
 筋骨隆々たる巨人で、頭が2つついている。どちらの頭もブタ面で、ショヴェルのような下あごから、下の犬歯が突き出たさまは、猪の牙にそっくりだ。ほかの歯はどれも大きくて虫歯だらけ。髪の毛は硬い直毛で汚れほうだい、それどころか体じゅう汚れほうだいである。  
“双頭巨人”とも呼ばれるエティンは、夜闇に乗じて敵を襲う、何をしでかすか予想のつかない物騒な狩人である。2つの頭を持つため、観察力が鋭く危険に敏感で、番人としても斥候としても有能である。  
エティンは入浴が大嫌いなので、その皮膚はたいてい垢と汚れのために灰色の厚い革のようになってしまっている(悪臭を放っていないエティンは極めて稀である)。エティンの髪は堅い直毛で、手入れもせずに伸ばし放題にしている。大人のエティンは身長約13フィート(約4m)、体重5,200ポンド(約2.4t)になる。寿命は約75年。  
エティンは独自の言語は持っていないが、オーク語とゴブリン語と巨人語の入り交じった混成語を話す。これらの言語のいずれかを話せるクリーチャーは【知力】判定(難易度15)に成功すれば、エティンと意志疎通を果たすことができる。判定は情報の断片それぞれについて1回ずつ行なうこと。意志疎通を試みるクリーチャーが上記のうち2つの言語を話せるなら難易度は10に、3つとも話せるなら難易度は5になる。エティンの【知力】は低いが、同族同士の会話に支障はない。エティンは独りきりになると、よく何時間も頭どうしでおしゃべりして過ごす。