ダンジョンズ&ドラゴンズ トップページへ
D&Dトップ
フォーゴトン・レルム
D&Dミニチュア

『信仰大全』 上級クラス紹介

セイクリッド・フィスト
 セイクリッド・フィスト(「清浄なる拳」の意)たちは多くの寺院の中に独立した組織として存在する。これらの行者たちは信仰魔法の力を己の内側に向け、肉体と精神の調和をはかる。
  セイクリッド・フィストは武器や重い鎧を用いないと誓う。自身の肉体と精神を神格からの贈り物とみなしており、それらの賜り物を最大限に磨かないことは、一種の罪悪であると考える。一方、呪文の発動は神格の名誉を傷つけない。クレリックたちはセイクレット・フィスト門派の有望な入門候補者である。パラディンが入門することがあるが、召命を受けた栄誉を捨てる決断はなかなかに行ないがたい。ファイター、ローグ、バード、元モンクなどもよき候補者となるが、信仰呪文を発動できるだけのレベルを有している場合に限られる。ときにはドルイドもこのクラスの戦闘能力に有用性を感じることがある。しかしソーサラーやウィザードがセイクリッド・フィストの道に興味を持つことはあまりない。