ダンジョンズ&ドラゴンズ トップページへ
D&Dトップ
フォーゴトン・レルム
D&Dミニチュア

 地の底から奴らはやって来る。闇に閉ざされたアンダーダークの、無限の広がりから。 アビスの臭い穴から奴らはやって来る。“蜘蛛の女王”が紡ぎ出す、無限の迷宮から。“ベインの息子”が住まう“憎悪の砦”から。 奴らは太古の呪いから生まれた。魔法の研究所で生み出された。忌まわしい儀式で誕生した。魔法の大災害で形成された。 奴らは神の意志の下僕だ。神の怒りの残骸だ。暴れ狂う破壊の軍隊だ。狡猾な腐敗のエージェントだ。


フェイルーンのモンスター
4月15日(金)発売
ISBN 4-89425-371-2
価格:¥3,990(本体¥3,800+税)



注目情報:本書は米国では第3.5版プレイヤーズハンドブック以前に発売された商品となります。そこで日本語版だけの限定仕様として「第3.5版対応データ」を付けました。第3.5版ユーザーにも旧版ユーザーにも問題なくご利用いただけます。


強い英雄には、邪悪な敵がお似合いだ

 デーモン、ハーフデーモン、ドラゴン、ドラゴンキン、動く死体、さまよえる亡霊、魔法使い、呪文喰らい――これらはフェイルーンのクリーチャーである。つまりフォーゴトン・レルム・キャンペーン環境のモンスターだ。

『フェイルーンのモンスター』には、何十もの新しいモンスターが収録されている。これらのモンスターは、ダンジョンズ&ドラゴンズの冒険で使用することができる。アーラコクラからリュークロッタまで、これらのモンスターはまったく新しい挑戦なのだ。

これらのモンスターは、どのようなキャンペーンでも使用することができるが、なかでも特にフォーゴトン・レルム環境に適している。フォーゴトン・レルム環境は、偉大な魔法、恐ろしい悪党、そしてすばらしい冒険の世界だ。




地の底から奴らはやって来る。

 闇に閉ざされたアンダーダークの、無限の広がりから。 アビスの臭い穴から奴らはやって来る。“蜘蛛の女王”が紡ぎ出す、無限の迷宮から。“ベインの息子”が住まう“憎悪の砦”から。

 奴らは太古の呪いから生まれた。魔法の研究所で生み出された。忌まわしい儀式で誕生した。魔法の大災害で形成された。 奴らは神の意志の下僕だ。神の怒りの残骸だ。暴れ狂う破壊の軍隊だ。狡猾な腐敗のエージェントだ。

 ダーク・エルフの都市であるメンゾベランザンから、ローグ、犯罪者、モンスターの安息所である地下都市スカルポートまで。魔法のアイテムの作成者であり、計略を張り巡らせるレッド・ウィザードの交易居住区から、シアリック、ゼヴィム、シャアの不浄な寺院まで。ゼンタリムの西の要塞であるダークホールドの地下にある穴から、星山脈の上にある空まで……。

 奴らは峻険な山をうろつく。“世界の背骨”山脈から雷山脈まで。奴らは深い森をうろつく。ネヴァーウィンター森から、太古のエルフの故郷であるコーマンソーまで。奴らはアノーラッチ大砂漠や、落星海で狩りをする。奴らは荒涼としたシルヴァー・マーチの、壊れやすい平和を脅かす。奴らはウェストゲートやウォーターディープの、都会の混乱を増大させる。奴らはデイルランズの影を忍び歩く――“ミストラに選ばれし者”であるエルミンスターが、その目を光らせているにもかかわらず。

 デーモン、ハーフデーモン、ドラゴン、ドラゴンキン、動く死体、さまよえる亡霊、魔法使い、魔法喰らい――これらはフェイルーンのクリーチャーである。つまりフォーゴトン・レルム・キャンペーン環境のモンスターだ。





本書には、80種類を越えるクリーチャーが記述されている。

 これらのクリーチャーは、ダンジョンズ&ドラゴンズの冒険で使用することができる。君はこれらのクリーチャーを、どんなD&Dゲームでも使用することができるが、もし君がフォーゴトン・レルムでプレイしているならば、さらなる詳細な情報を得ることができるだろう。なぜならこれらのモンスターは、この環境において特別な役割を果たしているのだから。フェイルーンの特定の神、悪人、あるいは場所と、特別に結びついているモンスターがたくさんいる。そしてフェイルーンは、レルムの心臓部だ。あるいはまた、レルムの性質を単に反映しただけのモンスターもある。レルムは、何が起きてもおかしくない場所なのだ。なかでもとりわけ、魔法が関係している場合は。