「矢野通のオイシイ生活」掲載レシピを編集(松)が作ってみた!#9

編集(松)です! 毎週火曜日は、現在ホビージャパンより大好評発売中の書籍「矢野通のオイシイ生活」
掲載されている、絶品お手軽レシピを再現していきます!

「矢野通のオイシイ生活」は、新日本プロレスに所属している人気レスラー・矢野通選手が、
これまでに体験された食にまつわるさまざまなエピソードを軽妙な筆致で綴った1冊でございます!

本企画は、本書で紹介しているレシピを再現し、
そのお手軽さと美味しさを皆様にお届けしようという、実に画期的なものなのです!

第9回目となる今回は、初となる2品同時掲載ですよ!
全レシピの中で最もおつまみ向きで、もっとも簡単な料理を作ります!
「チータラレンチン」「究極のソーセージ」です!!

作ってみた!記事バックナンバー
・第1回「チャーシュー」編
・第2回「マグロごま油」編
・第3回「長芋のコンフィ」編
・第4回「なす味噌」編
・第5回「レンチンポテサラ」編
・第6回「コンビーフポテト」編
・第7回「焼きキムチ」編
・第8回「鶏ガラ胡椒スープ」

◆「チータラレンチン」&「究極のソーセージ」づくりの材料と手順
材料と調理手順の確認です! 本に記載されているのは下記のとおり。

◆チータラレンチン
●材料
チータラ 適量
黒胡椒 適量

●作り方
①:クッキングシートにチータラを重ならないように並べる。
②:電子レンジで90秒(600W)加熱する。
③:好みで黒胡椒をかける。

◆究極のソーセージ
●材料(4人分)
ソーセージ(好みのもの) 200g
塩 少々
胡椒 少々
ゴマ油 小さじ2

●作り方
①:フライパンに材料すべてを入れ、弱火にかける。
②:焦がさないようにフライパンを揺すりながら15分炒める。

本当は当企画の第1回で取り上げようと思っていた料理なのですが、
さすがにお手軽すぎるかなと思い、先延ばしになっていました!
ですが第10回を前に紹介しておこうということで今回のご紹介になりました!
では今回も楽しく作っていきましょう!

いつもの材料写真は取り忘れました!
はやる気持ちを抑えられなかったということでひとつご勘弁ください。
まずはチータラレンチンからご紹介です。
いきなりクッキングシートにチータラを並べるところからスタートです。

チータラといえば、いわゆる“乾き物”というおつまみのジャンルですが、
定番の柿ピーやさきイカに比べると少々地味ですよね。
ですがこいつをレンジで軽くチンするだけで絶品のアイテムになるのです!

というわけでチンしました。
今回は600Wで90秒、その後、様子を見つつ追加で60秒チンしてみました。
もうサックサクの新たなスナックの誕生です!
もう地味とは言わせませんよ!

さぁ、次は究極のソーセージの準備です。
普段食べているソーセージよりも迫力ある太さと大きさのものをチョイスしてみました。
油と塩コショウ、ソーセージを火にかけていないフライパンに並べて準備完了です!

弱火で、じっくりと慎重に火を通していきます。
決して皮がはじけないように丁寧に転がします。
写真は15分の半分、7分30秒経過時点のものですが、この段階でもう美味しそうです。
この後、残り531と、もう食べたいという衝動に駆られるタイミングがありました。

15分、気合で転がし続け、ついに完成です!
正直、大変でした。毎朝のご飯のおかずにはもったいないですし、時間もきついですね。
でも、休日に贅沢なおつまみがほしいときには最高かもしれません!

でもですね、15分間もフライパンの前でいい匂いを嗅ぎながらがんばった労力に見合う味でした!
真っ昼間ではありましたが祝杯を上げてしまいます!。

それではまた次回!

Pocket