東京マルイ ボルトアクションエアライフル M40A5 製品レビュー 【2017年1月号掲載】

東京マルイ

ボルトアクションエアライフル M40A5

 

 

期待を裏切らないハイレベルな命中精度と操作性 東京マルイのM40A5がいよいよリリース

※実射シーンとインプレッションはこちらの動画をご覧ください。

※掲載されているM40A5は試作品です。量産品とは細部が異なります。

 

レシーバー左側はモデル名のほかに、アメリカ海兵隊が独自にハンドスタンプで打刻したシリアルナンバーが再現されている

 

コッキングストロークは実銃よりも短い68mmを実現。さらにコッキング中にボルトハンドルが下がらないようにするロック機構も搭載

 

コッキングするとボルトエンドのコッキングピースが露出するコッキングインジケーター機構を採用。写真はコッキングした状態

 

ピストンが前進すると、コッキングピースも前進する。コッキングされているかどうか判別しやすく、安全管理に不可欠な機構だ

 

バジャーオーディナンス製デタッチャブルマガジントリガーガードにはセンターレバー式のマガジンキャッチが備わる

 

マクミランA4タクティカルストック。色はブラックとODをラインアップ。チークピース、バットプレートは調整可能。バットプレートは2本のスクリューを入れ替えることで左利き射手にも対応できる

 

宿命を背負わされたM40A5

 

東京マルイとしてはL96 AWS以来となる新規のエアコッキング式ボルトアクションライフルM40A5。2016年5月に開催された静岡ホビーショーで発表されて以来、アメリカ海兵隊マニアや精密射撃シューターから多くの期待が寄せられている。そしてその期待のほとんどが、命中精度に関わることであると言っても過言ではない。ユーザーの大半がボルトアクションライフルに期待するものは、ズバリ命中精度であろう。東京マルイのVSR-10、L96 AWSは、エアコッキング式ボルトアクションライフルの常識を覆した実射性能、コストパフォーマンス、汎用性の高さから、今なおライバルの追随を許していない。そんな背景から新たに登場するM40A5は、命中精度が高いことは当然のように、規定路線として考えられており、まるで宿命を背負わされているかのようだ。東京マルイはそのプレッシャーを克服すべく開発テストを重ねてきた。そして今回、待望の実射可能なサンプルを入手することができたので、実射インプレションを中心にお伝えしよう。

 

期待に違わぬ命中精度

 

通常、実射テストでは0.20g弾のみ使用するのだが、今回は精度を追究するために0.25g弾も使用した。0.20g、0.25gともに東京マルイのパーフェクトヒットバイオBBを選んだ。マガジンにBB弾をロードして、実銃同様のポジションにマガジンを装填する。ボルトを引いたフィーリングはライトかつスムーズ。コッキングストロークも短くなっており、構えた状態からでも容易に引ける。ボルトを引くのに力が必要だったり、コッキングストロークの長さから、エアコッキング式ボルトアクションライフルを躊躇していた方でも、M40A5なら納得できるはずだ。

 

ロック機構が搭載され、節度感のある作動感が得られるボルトハンドルを元に戻して、照準を合わせてトリガーを引く。ストロークは短く、わずかに抵抗を感じたのちにシャキッと引ききれた。暴発しそうなほどの危うい軽さはなく、メリハリのあるトリガーフィーリングだ。トリガーを引ききると、小気味よい発射音とともにBB弾がターゲットに吸い込まれる。毎回、BB弾はほぼ同じ弾道を描いて飛んでいく。初速の上下差も最小限に抑えられている。もちろん0.20g弾に比べて0.25g弾のほうが安定しており、非常に高い命中精度を発揮した。ホップアップの調整がちょっとシビアな感じがしたが、命中精度に大きな影響を与えるものではない。ボディの剛性感、前後バランスも良好。実物を忠実に再現したストックは構えやすく、コンスタントに構えることができる。命中精度、操作性ともにさすがの完成度の高さである。期待を裏切らないポテンシャルの高さを披露した東京マルイのM40A5。VSR-10、L96 AWSに次ぐ歴史に残る傑作になることは間違いないだろう。

 

実銃同様のポジションに設置されるマガジン。マガジンキャッチがトリガーガードに付属しているため、マガジンチェンジしやすい

 

 

ディテールにもこだわったリアルなデタッチャブルマガジン。装弾数は35発。給弾しやすく、かつBB弾が不意に飛び出さないように工夫が凝らされている

 

「BBロードシステム」によりチャンバーまでBB弾が確実に送り込まれる。さらにマガジンを外した状態でコッキングしても、チャンバーに給弾されない安全対策が施されている

 

フォアエンド前方上部にはダイキャスト製ナイト&サーマルビジョン(NV)マウントが標準装備されている

 

A5の特徴であるSFタイプのマズルブレーキはアルミ削り出しによって再現されている

 

実銃同様のショートアクションレシーバー、ピカティニースペックのDD.ROSSタイプのスコープマウントベースが再現されている

 

フォアエンド下部にホップアップ調整用ダイヤルを設置。ダイヤルノブは調整範囲が分かるように目盛りがついている

 

フラットな形状のフォアエンドにはスリングスタッドが1箇所、フラッシュマウントベースが6箇所設けられている

 

DATA

 

  • 全長:1,200mm
  • 全高:177mm
  • 全幅:72mm
  • 重量:3,400g
  • 装弾数:35発
  • 価格:¥42,800(税別)
  • お問い合わせ先:東京マルイ TEL03-3605-3378

 

パーフェクトヒットバイオBB0.20g弾を使用した初速とターゲット

 

 

初速(m/s)
1発目

90.6

2発目

90.6
3発目 89.8
4発目 89.8

5発目

90.5
6発目 89.8
7発目 90.2
8発目 90.6
9発目 90.2
10発目 90.4

 

  • 集弾性 65mm(20m)
  • 平均値 90.3m/s(0.82J)※気温27℃ 東京マルイ0.20g弾使用

 

パーフェクトヒットバイオBB0.20g弾を使い、依託状態から20m先のターゲットに10発撃ち込んだところ。エアコッキングガンとしてはトップクラスの命中精度を発揮した

 

パーフェクトヒットバイオBB0.25g弾を使用した初速とターゲット

 

 

初速(m/s)
1発目

79.9

2発目

79.7
3発目 79.9
4発目 79.5

5発目

80.4
6発目 79.8
7発目 79.8
8発目 80.0
9発目 79.9
10発目 80.0

 

  • 集弾性 46mm(20m)
  • 平均値 79.8m/s(0.80J)※気温27℃ 東京マルイ0.20g弾使用

 

次にパーフェクトヒットバイオBB0.25g弾を使って同条件で撃ち込んだところ。集弾性46mmとダントツの命中精度を発揮。まさに期待どおりの性能となった

 

パーフェクトヒット最上級スペリオール0.28gBB弾を使用した初速とターゲット

 

 

初速(m/s)
1発目

72.6

2発目

72.9
3発目 72.1
4発目 72.1

5発目

72.1
6発目 72.9
7発目 73.0
8発目 72.1
9発目 72.2
10発目 72.7

 

  • 集弾性 35mm(20m)
  • 平均値 72.5m/s(0.74J)※気温27℃ 東京マルイ0.20g弾使用

 

最後に高性能で知られるスペリオール0.28gBB弾を使って同条件で撃ち込んだところ。集弾性はなんと35mmとなった。ほぼピンポイントでヒットすることができる

 

TEXT:毛野ブースカ

Twitter

RELATED NEWS 関連記事