BOLT エアソフト「MPR-9/MP5A4 リコイルショック電動ガン」製品レビュー

 

激しいリコイルで人気の電動ガンに最強のMP5が仲間入り

 

BOLT エアソフト「MPR-9/MP5A4 リコイルショック電動ガン」製品レビュー

 

 

●最新ユニットを搭載

 

 従来のBOLTのMP5に比べ、サイクルとリコイルショックが向上しタフになった、MP5専用のB.R.S.S.がP.E.A.K.E.R.システムだ。

 

 

BOLT エアソフト「MPR-9/MP5A4 リコイルショック電動ガン」製品レビュー

▲MPR-9

※実射シーンとインプレッションはこちらの動画をご覧ください。

 

BOLT エアソフト「MPR-9/MP5A4 リコイルショック電動ガン」製品レビュー

▲MP5A4(マガジンは付属のものと異なります)

 

 

 M4系のリコイルモデルに比べて7.4Vバッテリーの指定という制約があった従来型のMP5シリーズに対して、新型は11.1V 15C Lipoバッテリーでの運用が可能。バッテリーだけでなくトルクギアを組み合わせることで、秒間8発から15発へと連射サイクルも向上した。

 

 

BOLT エアソフト「MPR-9/MP5A4 リコイルショック電動ガン」製品レビュー

MPR-9にはボールベアリングでサイレンサーにジョイント可能なナイツ556QDCタイプハイダーがチョイスされている

 

BOLT エアソフト「MPR-9/MP5A4 リコイルショック電動ガン」製品レビュー

A4にはMP5では定番のPDWハイダーを装備

 

 

 コッキングハンドルを後方でロックすればリコイル機能をオミットできる機能が付くなど今までの機能も引き継いでいる。

 レシーバーは実銃同様シートメタルからのプレス工法で製作され、鋳造感に至るまで完全再現。金属製ボルトフロントチューブがメタルアッパーレシーバーに組み込まれているので高い剛性を持っている。

 

 

BOLT エアソフト「MPR-9/MP5A4 リコイルショック電動ガン」製品レビュー

コッキングハンドルはフルストロークでロックすればリコイルをオミットでき、通常の電動ガンモードに切り替わる

 

BOLT エアソフト「MPR-9/MP5A4 リコイルショック電動ガン」製品レビュー

ボルトカバーはリコイルと同調してブローバックする機能付き。HOP調整のレバーはスライド式で細かく調整できる

 

 

●最新型とクラッシックが同時発売

 

 MPR-9はこれまでのMP5をイメージを覆すスパルタンなスタイルを持つ。ストレートマガジンにレールハンドガードとM4スタイルのストックの組み合わせはSMGよりピストルキャリバーカービン(PCC)に近い。マズルにもフラッシュハイダーがつけられ前後のバランスが向上している。

 

 

BOLT エアソフト「MPR-9/MP5A4 リコイルショック電動ガン」製品レビュー

MPR-9には各種アクセサリーの装着が可能な3面レールのMP5RASが標準装備

 

BOLT エアソフト「MPR-9/MP5A4 リコイルショック電動ガン」製品レビュー

BOLT BOEストックはスリムなデザインでMPR-9にマッチしている

 

BOLT エアソフト「MPR-9/MP5A4 リコイルショック電動ガン」製品レビュー

バットプレートを開放するとスティックタイプバッテリーやミニSタイプバッテリーを収納するスペースが現れる

 

BOLT エアソフト「MPR-9/MP5A4 リコイルショック電動ガン」製品レビュー

マガジンは樹脂製のストレートマガジンが付属。確実に機能するスプリングテンション方式で装弾数は120発だ。なおMP5A4にはスタンダードマガジン200発が付属する

 

 

 一方、MP5A4はジャンルを問わず人気が高いモデルクラッシックスタイルのMP5だ。固定ストックモデルはしっかりと狙える利点があり、リアル派からサバイバルゲーマーまで多くのユーザーから広く支持される。SMGの定番MP5をお探しならP.E.A.K.E.R.ユニット搭載のMP5を強くお薦めする。

 

 

BOLT エアソフト「MPR-9/MP5A4 リコイルショック電動ガン」製品レビュー

A4のフィクスドストックは質感もリアルで頼もしい大きさだ

 

 

DATA

MPR-9

  • 全長:683mm/730mm(ストック伸張時)
  • 重量:2,700g
  • 装弾数:ストレート120発
  • 価格:¥57,800

 

MP5A4

  • 全長:713mm
  • 重量:2,600g
  • 装弾数:スタンダードマガジン200発
  • 価格:¥48,800

 

 

 

TEXT:IRON SIGHT
PHOTO:須田壱(スタジオゼット)
MODEL:青宮鑑
HAIR&MAKE UP:西田聡子
撮影協力:アストレア

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2019年12月号 P.82~83より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン12月号のご購入はこちら