装備

2019/09/23

特殊部隊員のような装備の似合うカラダ作り

 

元米軍特殊部隊員、Tu Lam氏の肉体をお手本に装備が似合う身体作りをしていくこの企画。筋肥大の1サイクルといわれている3カ月を過ぎたが、今月はどのような結果になるか。

 

特殊部隊員のような装備の似合うカラダ作り

Tu Lam[トゥ ラム]
アメリカ陸軍で22年以上の軍歴があり、陸軍特殊部隊(グリーンベレー)のCIF中隊やCRFに所属していた経歴を持つ。現在は、Ronin Tacticsを創設し、様々なクラスでインストラクターとして活躍している。

 

 

今月のベンチプレス、77.5kg!

 

 トレーニングも3カ月が過ぎ、トレーニングを行なう生活サイクルにも慣れてきたようだ。たんぱく質を中心とした食生活の効果もあって、扱える重量、外観ともにかなり向上してきている。今月は先月に比べて、ベンチプレスで+5kgの77.5kgをクリアした。トレーニングの先輩である編集長の記録を抜く日も近いかもしれない。

 

特殊部隊員のような装備の似合うカラダ作り

ベンチプレスにも慣れてきたので、ブリッジを作る練習をして、さらなる記録向上を目指す

 

特殊部隊員のような装備の似合うカラダ作り

肩の筋肉(三角筋)の発達がすさまじい

 

特殊部隊員のような装備の似合うカラダ作り

トレーニング開始から3ヶ月でここまでたくましくなった

 

 


目指せ!! 100kgベンチプレス

~編集部の筋肉月報~

 

アームズマガジン本誌で連載中の「筋肉月報」。渡辺編集長がベンチプレス100kgを目標にバルクアップを続けています。

 

 

2019年8月現在 MAX 87.5kg

 

特殊部隊員のような装備の似合うカラダ作り

プッシュアップで大胸筋と上腕三頭筋を鍛える

 

 今月は、夏バテから来る体調不良であまり効果的にトレーニングをつめなかった。食生活を変えてみたら、その体調不良も治まったので、これからも週3回のジムワークを継続させていこうと思う。
 先日サバゲ取材をしていたら、「なまらたくましいですね。」と体格を褒めてもらえた。そんな一言を支えに目指せ100kg! ベンチプレス!!

 

 


コラム:米軍の腹筋トレーニングが変更される!?

 

 米軍の体力試験で行なわれている腹筋の方法が、従来のクランチからプランクに変更されるかもしれない。クランチだと腰痛を発症する原因になり、プランクだとそれが軽減されるというのが主な要因のようだ。

 

特殊部隊員のような装備の似合うカラダ作り

▲従来の方法「クランチ」

 

特殊部隊員のような装備の似合うカラダ作り

▲新たな方法とされる「プランク」

 

 しかし、トレーナーに聞いたところ、クランチよりもシットアップのほうが腰への負担が大きく、クランチを正しいフォームで行なえればそれほど影響はないとのことだった。多くの兵士が行なうテストにおいて、上手にクランチをやれない兵士が多いのかもしれない。

 

 

協力:池袋オーダーメイドパーソナルトレーニング BodyReBorn
TEL 080-4054-1146

 

特殊部隊員のような装備の似合うカラダ作り

 

 

TEXT:アームズマガジン編集部

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2019年10月号 P.238より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン10月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事