モケイパドック・アリーナシャングリラ定例会レポート

 

白熱した接近戦が展開!噂のインドアフィールドに潜入

 

 日本最大級の店舗面積を誇る千葉県八千代市にあるモケイパドックに併設されたインドアフィールド「アリーナシャングリラ」。フィールドは二層構造となっており、階上はアドリア海に面した港町をイメージした白壁の都市型フィールド、階下は迷宮のように入り組んだローライトフィールドとなっている。今年から新たにフィールド内にエアコンが設置され、夏場でも快適に遊べるようになった。そんなアリーナシャングリラで開催された定例会にお邪魔した。

 

 

 

この記事の本誌未公開写真はこちら

 

モケイパドック・アリーナシャングリラ定例会レポート

県道262号線沿いに店舗を構えるモケイパドック。1階がパドック武器店、2階と3階がアリーナシャングリラとなっている

 

モケイパドック・アリーナシャングリラ定例会レポート

地中海の港町をイメージしたお洒落なデザインのフィールド。壁とドアが絶妙に配置されており、CQB テクニックが求められる

 

モケイパドック・アリーナシャングリラ定例会レポート

フラットなフィールドに巧妙に配置されたバリケードから相手を伺う。チームメイトどうしの連携も必要になってくる

 

モケイパドック・アリーナシャングリラ定例会レポート

壁に開けられたスリットからサイレンサー+ドットサイト付きのHK45で応戦。取り回しやすい電動ハンドガンが使いやすい

 

モケイパドック・アリーナシャングリラ定例会レポート

レアモデルの東京マルイの電動ガンUZIを駆使するプレーヤー。UZIはインドアフィールドだと使いやすい

 

モケイパドック・アリーナシャングリラ定例会レポート

フルオートトレーサーとウェポンライトを付けてローライト仕様の電動コンパクトマシンガンMP7A1で参戦

 

モケイパドック・アリーナシャングリラ定例会レポート

アンダーレール付きのフォリッジウォーリアのフレームにデトニクス.45のスライドを載せたコンパクトガバを持つプレーヤー

 

 

モケイパドック・アリーナシャングリラ定例会レポート

開放的な階上に比べて入り組んだデザインの階下フィールド。ドアの向こう側に敵が待ち構えている…

 

モケイパドック・アリーナシャングリラ定例会レポート

階下にはスモーク発生装置が導入されており、プレーヤーのボルテージが一気に上がる

 

モケイパドック・アリーナシャングリラ定例会レポート

バディを組んで見事フラッグゲットしたプレーヤーたち。左側のプレーヤーはなんと九七式狙撃銃を使っていた

 

 

モケイパドック・アリーナシャングリラ定例会レポート

階上のフィールド中央に置かれたフラッグをゲットするカウントアタック戦。敵の隙を突いてフラッグへダッシュ! 見事フラッグゲット

 

モケイパドック・アリーナシャングリラ定例会レポート

最後のゲームは、フィールド中央の机上に置かれた赤と黄色に塗り分けられたフラッグを奪い合うセンタードミネーション戦。弾が飛び交う中を勇者がアタックする

 

 

モケイパドック・アリーナシャングリラ定例会レポート

定例会開催日時は毎月第2、第4土曜日、第1、第3、第5日曜日。第1部が午前9時00分~午後3時30分で、第2部が午後5時00分~午後8時30分となっている

 

 

TEXT:毛野ブースカ

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2019年9月号 P.181より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン9月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事