サバゲー

2019/07/14

スピード系シューティングマッチ「UNLIMITED 2019」

 

毎年5月下旬に開催されるスピード系シューティングマッチ「アンリミティッド」が5月25日~26日にかけて東京都中央区産業会館3Fで開催された。ステージ内容は変更ないものの、コンシールドキャリー部門が追加され、部門別に様々な銃が見られるのもこのマッチの特徴となっている。ここでは会場で気になった銃を中心にお届けしよう。

 

 

スピード系シューティングマッチ「UNLIMITED 2019」

アンリミティッドの花形部門であるオープン部門。ドットサイト付きのいわゆるレースガンがメインとなっている。写真はC-MOREを極限まで低くマウントしている

 

スピード系シューティングマッチ「UNLIMITED 2019」

実銃でも増えているのがマイクロドットをスライドに搭載したキャリーオプティクス仕様のハンドガン。慣れは必要だがアイアンサイトに比べて素早くかつ正確に狙える

 

スピード系シューティングマッチ「UNLIMITED 2019」

近年人気が高まりつつあるのがリボルバー部門だ。写真の選手はコクサイのスピコンと大型ドットサイト「シャノン」という懐かしいコンビネーションで参加

 

スピード系シューティングマッチ「UNLIMITED 2019」

その名のとおりアンリミティッドなのがこのマッチの特徴。シューティングマッチでは明らかに不利なタナカのセンチニアルで参加するツワモノ

 

スピード系シューティングマッチ「UNLIMITED 2019」

ウエスタンアームズのハイキャパシティにオリジナルのストック、フォアグリップ、マイクロドットを組み合わせてピストルカービンにしたもの

 

スピード系シューティングマッチ「UNLIMITED 2019」

ロングガン部門でM4カービンで参加する選手が圧倒的に多い中、HK33KとC-MOREのコンビネーションで参加する選手もいた

 

スピード系シューティングマッチ「UNLIMITED 2019」

スピードシューティングでは不利なセレクターレバーを巧みに操るショートバレル化したガスブローバックガン89式5.56mm小銃で参加する選手

 

スピード系シューティングマッチ「UNLIMITED 2019」

マニュアルローダー部門で人気なのがポンプアクション式ショットガンだ。マルゼンCA870を華麗に使いこなすレディースシューター

 

スピード系シューティングマッチ「UNLIMITED 2019」

ボルトアクションライフルは明らかに不利にもかかわらず東京マルイのVSR-10で果敢にチャレンジする選手もいた

 

スピード系シューティングマッチ「UNLIMITED 2019」

レバーアクションライフルもマニュアルローダー部門で活躍している銃のひとつ。フリーダムアートの丸山氏は独自にカスタムしたKTWウインチェスターM1873カービンで参加

 

スピード系シューティングマッチ「UNLIMITED 2019」

筆者も参戦し、辛うじて入賞を果たした!

 

 

RESULT
オープン部門 1位:シマダシロウ
2位:尾川屋
3位:ジャック
リミティッド部門 1位:ブシノブシ
2位:Risky
3位:フルウチトモヒロ
コンシールドキャリー部門 1位:ラーン
2位:ケノブースカ
3位:タカ
カウボーイ部門 1位:Lightning 茂吉
2位:サネッティ
3位:CycloneJoker
ロングガン部門 1位:ズミ
2位:チンピラサンタ
3位:モモセノブアキ
マニュアルローダー部門 1位:カワハラタクヤ
2位:ヨコミゾユウキ
3位:ハブアリトシ
リボルバー部門 1位:オオザワケンタ
2位:ヤダマサシ
3位:サネッティ

 

 

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2019年8月号 P.179より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン8月号のご購入はこちら