使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

 

外装カスタムの基礎知識

 

 カスタムにはドレスアップをメインとした「外装カスタム」と、チューニングをメインとした「内部カスタム」に大別できる。これらのうち「外装カスタム」は分解・組立をしなくても、工具を使わずにできるものもある。しかし、思いどおりのカスタムガンを作るためには一歩踏み出す必要がある。
 ここでは市販のカスタムパーツを活用して、もっともポピュラーなM4カービンをもとに発射方式別のカスタムポイントと、他銃でも活用できるカスタムポイントを紹介。見た目だけでなく実用性も兼ね備えたカッコいいカスタムガンを作ろう。

 

 


電動ガン カスタムのポイント

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

スタンダード電動ガンをベースに施した外装カスタムの一例。今回はほぼすべての箇所にカスタムパーツを組み込むため、ベースガンにはコンバージョンキットを使用することにした

 

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

ベースガンとして選んだのはVFCの「VIRGO M4コンバージョンキットスタンダードタイプ」。電子制御トリガー内蔵のギアボックス、モーター、10.5インチアウターバレル、ホップチャンバーが付属。バッファーチューブ、ストックは別途用意しなければならない

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

アッパーレシーバーにアウターバレルを差し込む。スタンダード電動ガンのアウターバレルの場合、メーカーの違いや個体差によってアッパーレシーバー側のバレル基部との相性が悪いもの(ガタがある、ズレる、差し込めないなど)がある。その場合は削ったりテープを貼って修正するか、修正が困難な場合は別のものに換える

 

 

ハンドガードの交換・組み込み

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

ハンドガードの組み込みはM4カービンカスタムでもっとも基本的な作業だ。まずは組み込む前にアウターバレルとハンドガードの長さが自分のイメージとあっているか確認する。電動ガンの場合はバレル基部の長さも考慮する。今回はキットに付属するアウターバレルにあわせてPTS「ZEVウェッジロックハンドガード9.5インチ」を組み込んでみよう

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

PTS「ZEVウェッジロックハンドガード9.5インチ」はバレルナットとハンドガードの間に入れてネジを締め付けることで、上側のパーツがズレてウェッジ(くさび)を打ち込むかのように固定される

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

バレルナットを本締めする前に、アウターバレルのガタやズレが出ないようにシム(アルミ製の薄い金属製の輪)をアウターバレルとバレルナットとの間にはめて仮締めする。また、シムはハンドガードをバレルナットに固定する際の位置決めにも使われる

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

レシーバートップとハンドガードトップが平行になるようにハンドガードを保持しながらウェッジ前方のネジを右方向に回して固定する

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

両側面にあるイモネジを締めればハンドガードの装着は完了だ

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

アウターバレルが10.5インチ、ハンドガードが9.5インチなのでちょうどいい感じでフラッシュハイダーが露出する

 

 

グリップの交換・装着

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

VFCの「VIRGO M4コンバージョンキットスタンダードタイプ」はグリップが組み込まれているが、今回はPTSの「EPG」に換装してみよう。まずはグリップボトムを固定している2本のネジを緩めてグリップボトムを外し、グリップ内からモーターを取り出す。そしてグリップ内にある2本のネジを緩めてグリップを外す

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

M4カービン用のグリップには電動ガン用(写真手前)とガスブローバックガン用(写真奥)の2種類ある。それぞれ共用できないので装着時は注意が必要だ

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

分解とは逆の手順でEPGを装着する。装着後、グリップボトムのネジを回してモーターとベベルギアとの噛みあいを調節する(=鳴きを調節するとも言う)

 

 

マイクロドットの搭載

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

ショートカービンにあわせてコンパクトなマイクロドットを装着してみよう。マイクロドットは高機能で視界が広いノーベルアームズ「SURE HIT MASTER」をチョイスした

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

M4カービンにマイクロドットを装着する際に重要なのがドットの高さだ。高さを調整するためには写真のような「ライザー」(LIONGEARS BM0310 3スロット1インチスリムライザー/LION GEARSBM0307 3スロット0.75インチスリムライザー)を用意する

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

ライザーを介さずに装着した状態。頬付けが深くなることでゴーグルを着用した状態だと狙いにくくなり、固定式フロントサイトの場合だと視界が遮られてしまう

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

高さ0.75インチのライザーを介して装着した状態。マイクロドットサイト越しでもアイアンサイトで狙えるちょうどいい高さになった。さらに頬付けもしっかりできる

 

 


ガスブローバックガン カスタムのポイント

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

純正でも金属パーツを多用し、構造も電動ガンとは大きく異なるガスブローバックガン。パーツ同士のクリアランスがシビアな部分も多いため慎重な作業が求められるが、そのぶん完成すれば達成感も大きいだろう

 

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

ベースガンとして選んだのは東京マルイガスブローバックガン「M4A1カービン」。円筒型ハンドガード、キャリングハンドル仕様のオーソドックスなモデル。ベースガンとしてはピッタリだ

 

 

ハンドガードの交換・組み込み

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

今回選んだハンドガードはPTS「KINETIC MREX-AR M-LOK 11インチ」。M-LOK仕様で長さは11インチ。左右1カ所ずつアンチローテーションQDソケットが標準装備されている

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

東京マルイのM4A1 MWSシリーズはスタンダード電動ガン(写真奥)とアウターバレル基部の形状がまったく異なる。また、純正アウターバレルに社外のハンドガードを装着する際は専用のバレルスペーサーが必要になる(写真のアウターバレルはスペーサー一体型)

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

純正アウターバレルから真鍮バレルコレットとOリングを外してカスタムアウターバレルに装着する。インナーバレルを差し込んで真鍮バレルコレットが正しい位置にあるかを確認しておく

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

バレルナットの外側が筒状ではないため、バレルナットの左右下面が平行・垂直にならないとハンドガードが傾いた状態で固定されてしまうので注意

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

さらに、バレルナットを奥まで締め付けるとロアレシーバー先端と微妙に干渉してアッパーレシーバーとロアレシーバーにズレが生じ、組み込めない現象が起こることがある。場合によってはロアレシーバーと干渉する部分を削る必要がある

 

 

ロアレシーバーのカスタム

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

今回はグリップ、トリガーガード、セレクターレバーを交換してみよう。まず先の長い六角レンチを用いてグリップ内にある六角ネジを緩めてグリップを外す

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

トリガーガードを着脱する場合、グリップ側のスプリングピンが入るフレーム部分が薄いため折れてしまうことがある。そこで、ベンチブロックなどでピンポンチを当てる側とは反対側をしっかり固定してからスプリングピンを押し出すこと

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

ハンマーをコックし、セレクターレバーを写真の位置にしてから右側から押し出す

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

セレクターレバーを組み込む際は、右側からマイナスドライバーなどでディスコネクターを下に押し付けながらセレクターレバーを押し込む

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

そして右側の穴の手前にあるプランジャーをマイナスドライバーで押さえながらセレクターレバーを最後まで押し込む

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

右側のセレクターレバーを六角皿ネジで固定する。締め込み過ぎると回転しない恐れがあるので、その場合は回転できる程よいところで締め終える

 

使えるトイガンカスタム術 M4カービン編

ナイツタイプのトリガーガードとガスブローバックガン(リアルサイズ)用のグリップを装着したところ。見た目だけではなく操作性もアップする

 

 


アームズ主催 カスタムガンコンテスト始まる!

「月刊アームズマガジン」主催のカスタムガンコンテストが開催決定! メインテーマは「ドレスアップ」で、外観をいかに変えるかがポイントとなります。作品の募集は7月27日(土)から専用ウェブサイトにて開始。募集の期間、方法、規定などの要項は同日発売の本誌次号2019年9月号および専用ウェブサイトに掲載される予定です。

 

 

TEXT:毛野ブースカ

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2019年8月号 P.44~49より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン8月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事