タナカ「M24 SWSカートリッジモデルVer.2」製品レビュー【陸上自衛隊】

 

陸上自衛隊が制式採用する対人狙撃銃をライブカート式ガスガンで再現

 

タナカ「M24 SWSカートリッジモデルVer.2」製品レビュー【陸上自衛隊】

陸上自衛隊 第1師団狙撃集合教育におけるM24 SWS“対人狙撃銃”。銃本体とスコープ、バイポッドにはカモフラージュ塗装が施されている(PHOTO:Hideo SASAGAWA)

 

 

タナカ「M24 SWSカートリッジモデルVer.2」製品レビュー【陸上自衛隊】

 

 

 タナカのレミントンM700シリーズはガス、エアコッキング、カートリッジ仕様の3種類を展開。ガスとエアコッキングはケースレスで撃つことに重点が置かれているが、カートリッジ仕様は撃つのにプラスして操作する楽しさにも重点が置かれ、ガスガン特有のスムーズなボルトアクションでカートエジェクションを楽しめる。またVer.2になったことで命中精度も向上し、ボルト周りには直接的な撃発機構が組み込まれていないので、安全性にも配慮された構造となっており、アルミ製カートリッジにBB弾をセットし、リアルな排莢アクションが堪能できる。モデルガンでしか味わえないカートリッジのエジェクトアクションとBB弾の発射を同時に味わえる1挺だ。

 

 

タナカ「M24 SWSカートリッジモデルVer.2」製品レビュー【陸上自衛隊】

バレルがストックに接触しないフリーフロートバレルもシッカリと再現されている。フロントサイトベースのない24インチのブルバレル仕様だ

 

タナカ「M24 SWSカートリッジモデルVer.2」製品レビュー【陸上自衛隊】

HSプレシジョンタイプのストックはバットプレートの長さをダイヤルで調整させる機能が付く

 

タナカ「M24 SWSカートリッジモデルVer.2」製品レビュー【陸上自衛隊】

アルミ製カートの先端部にはBB弾を1発詰めることができる。形状も7.62mm弾を模しており、臨場感に溢れている

 

タナカ「M24 SWSカートリッジモデルVer.2」製品レビュー【陸上自衛隊】

ボルトを後退位置のまま上から1発ずつカートを装填していく。シンプルでロマンに溢れた装填作業を味わえる

 

タナカ「M24 SWSカートリッジモデルVer.2」製品レビュー【陸上自衛隊】

トリガーガード内にあるラッチを解除するとマガジンフロアープレートを展開でき、残弾を安全に取り出せる構造だ

 

タナカ「M24 SWSカートリッジモデルVer.2」製品レビュー【陸上自衛隊】

ストック底部にはガス注入バルブとホップスクリューが目立たないように配置されている。リアル志向の強いモデルだけに使い勝手より外観を優先させてある

 

 

タナカ「M24 SWSカートリッジモデルVer.2」製品レビュー【陸上自衛隊】

 

DATA

  • 全長:1,080~1,150mm
  • 全高:165mm
  • 全幅:77mm
  • 重量:3,570g(バッテリー、バイポッド含む)
  • 装弾数:5発
  • 価格:¥62,424
  • お問い合わせ先:タナカ

 

 

TEXT:IRON SIGHT

 

 


この記事は2019年5月号 P.60より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン5月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事