S&T スプリングフィールドM1903エアコッキングライフル

 

2つの大戦を生き延び20世紀半ばまで活躍した傑作ライフル

 

S&T スプリングフィールドM1903エアコッキングライフル

 

 もちろん電動ガンもあるが、三八式歩兵銃やモシンナガン、Kar98kなどシビれるエアコッキングラインアップもS&Tの魅力。これらのモデルに並び賞されるアメリカ代表といえばこのM1903だ。Kar98kとは因縁浅からぬ仲で、モーゼルから訴訟を起こされて特許料を支払うコトになったというM1903。いわれてみればところどころにKar98kの影響を感じる部分はあるものの、その後に登場したM1ガーランドとの共通項のほうが見て取れるだろう。

 

S&T スプリングフィールドM1903エアコッキングライフル

大きく湾曲したコッキングハンドルが、かの銃からの影響を感じさせる。カチッとしたフィーリングのコッキングもまた魅力的

 

S&T スプリングフィールドM1903エアコッキングライフル

レシーバーにはリアルな刻印が。モデル名はM1903A3となっており、これは1940年代というかなり遅い世代のモデルである

 

 今回ご紹介するM1903はリアルウッドストックを装備するので、スタイリングも質感も非常にリアルだ。スリムなデザインのマガジンも25発の装弾数を誇り、サバイバルゲームでの仕様にも耐えうる。撃って良し飾って良しだが、意外とリーズナブルなのもこのモデルの魅力である。エアコッキングならではの手軽さとリアリティの両立が、非常に高い次元でなされているのだ。

 

S&T スプリングフィールドM1903エアコッキングライフル

セーフティは180度回転させて作動させる。操作性よりもとにかく安全性を優先した仕様である

 

S&T スプリングフィールドM1903エアコッキングライフル

レシーバー左側にはボルトロックが配される。エアコッキングとはいえ、実銃同様の操作が楽しめるのだ

 

S&T スプリングフィールドM1903エアコッキングライフル

マガジンは、ストック下部のカバーを開いてからロックを解除して取り出す

 

S&T スプリングフィールドM1903エアコッキングライフル

スリムながらも25発の装弾数は、エアコッキングガンとして実用的な数字といえる

 

S&T スプリングフィールドM1903エアコッキングライフル

 

DATA

  • 全 長:1,110mm
  • 重 量:2.740g
  • 装弾数:25発
  • 価 格:¥41,040
  • お問い合わせ先:UFC

 

TEXT:モロ☆

 


この記事は2019年4月号 P.62より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン4月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事