クラシックアーミー AR4-SBR 【2019年2月号掲載】

 

サバイバルゲームに特化した究極の電動ガンがクラッシックアーミーから新発売

 

クラシックアーミー AR4-SBR

※実射シーンとインプレッションはこちらの動画をご覧ください。

 

廃れることのないショートカービンの魅力

 

 ハンドガンマガジンを装着したM4タイプのPCC(ピストル・キャリバー・カービン)は古くからのユーザーには懐かしく、新しい人達から見たら新鮮だったようで今年最大のヒット作となった。PCCのようなコンセプトはトイガンでは古くからカービンピストルやベリーショートのカスタムガンとして存在している。サバイバルゲームの進化の中で必然的に生み出されたショートカービンはその後独自の進化を遂げた。ここ近年はセミオートを多用する傾向が強く、トリガーレスポンスの良さとスイッチ焼けを防止する電子トリガーは必要不可欠となっており、ストックは邪魔にならずコンパクトに構えられることが求められる。ショートカービンには一定以上の需要があり、各メーカーともにラインアップが増えているのが現状だ。

 

クラシックアーミー AR4-SBR

QDモックサプレッサーを取り付けるためのスレッドが付いているACCタイプの三又ハイダーを装備

 

クラシックアーミー AR4-SBR

5インチURX M-LOKハンドガードは上下に20mmレールが付いており、サイドにはQDマウントにQDスリングスイベルなどが取付可能

 

クラシックアーミー AR4-SBR

アンビチャージングハンドルのラッチは小型で邪魔にならない設計だ

 

コンパクトカービンの決定版

 

 ここで紹介するクラシックアーミーのAR4-SBRには多くの最新パーツが使われている。MUR-1タイプのカスタムレシーバーに、最新のM-LOKハンドガード、さらにHK416Cのようなワイヤーストックを装備。さらに電子トリガーシステム搭載により質の高いトリガーフィーリングを実現。マガジンは入手の容易なスタンダードM4タイプの信頼性がマガジンを使えるので攻撃力も高くなっている。本体の大部分が樹脂パーツで構成されており、非常に軽く取り回しがいいのが特徴。メカBOXはバージョン2タイプで、電子トリガーシステム(ECS)が組み込まれている。ECSによるトリガーのキレの良さは抜群で、初心者から上級者まで使い手を選ばず、小型・軽量のオールラウンドに使用できる電動ガンになっている。非常に強力なオールマイティウエポンだ。

 

クラシックアーミー AR4-SBR

MUR-1タイプのレシーバーは樹脂製ながら充分な強度が確保されている

 

クラシックアーミー AR4-SBR

同社のネメシスX9と同一のディンプルパターンのグリップは使用感に優れている

 

クラシックアーミー AR4-SBR

電子トリガーと相性のいいストレートトリガーをチョイス。トリガープルとレスポンスが向上している

 

クラシックアーミー AR4-SBR

バッテリーはバッファーチューブ内への収納で、ミニSタイプまでが収納可能。カバーは半分に分解できるのでアクセスは非常に楽だ

 

クラシックアーミー AR4-SBR

 

DATA

  • 全 長:550mm/640mm(ストック伸張時)
  • 重 量:1,870g
  • 装弾数:300発
  • 価 格:オープン
  • お問い合わせ先:キンワ

 

TEXT:IRON SIGHT
PHOTO:須田壱(スタジオゼット)
MODEL:青宮鑑
HAIR&MAKE UP:西田聡子
撮影協力:サバゲフィールドF2 プラント

 


この記事は2019年2月号 P.74~75より抜粋・再編集したものです。

 

月刊アームズマガジン2月号のご購入はこちら