東京マルイのこだわりが詰まった新モデルガスブローバック「AKM」

 

リアリティと実射性能を極めたガスブローバックガンの傑作

 

東京マルイ AKM ガスブローバックマシンガン

※実射シーンとインプレッションはこちらの動画をご覧ください。

 

AKファン待望のガスブローバックAKM

 

 AKシリーズを好むユーザー、特にAKシリーズが持つ独特な雰囲気に魅力を強く感じている方は、外観のリアルさに強いこだわりを持つことが多いのではないだろうか。
 これまでも東京マルイでは、従来からの高度な実射性能を備えつつさらなるリアリティを追求した次世代電動ガンとしてAKシリーズを多数ラインアップしている。それらはリコイルショック再現メカニズムの採用、外装に金属パーツを多用、重量や操作方法などをより実銃に近付けるなど、すでに多くのユーザーより高い支持を得ている。また他の各社から販売されているAKシリーズにおいても同様に、リアルさに力を入れてしっかり作り込んでいる傾向にある。
 そのような状況でついに発売となったこのガスブローバックマシンガンシリーズAKMは、同社のラインアップの中でも群を抜き大変リアルな仕上がりとなっている。

 

東京マルイ AKM ガスブローバックマシンガン
マガジン込みで3.5kgを超える重量感のあるボディは次世代電動ガンAK47シリーズとは異なる手応え。ハンドガード、ストックは樹脂製だがパッと見では合板製と見間違えるほど色合いがリアルだ

 

リアリティのために新たな手法を惜しみなく導入

 

 外観は実銃を採寸しているのはもちろんのこと、耐久性・安全性などを確保しつつ現代ならではの製造技術を用いて生産性を向上、なおかつリアリティーを損なわないようにするという巧みなアレンジを行なっている。
 実銃のレシーバーではスチールプレスパーツにザラ目状の表面加工を施し製作されているが、その特徴的な質感を亜鉛ダイキャストパーツに特殊な粒子を含む塗装を施すことで見事に再現。一方、実銃のグリップは表面に特徴的な斑点模様のあるフェノール樹脂(いわゆるベークライト)製だが、それはABS製に置き換えたうえで表面に特殊な塗装手法を施し、色味や手触り感などを妥協することなく作り込んでいる。

 

東京マルイ AKM ガスブローバックマシンガン
ザラ目状の塗装によって仕上げられた亜鉛ダイキャスト製レシーバー。セレクターレバーはレシーバーとは異なるちりめん状の表面仕上げが施されている

 

東京マルイ AKM ガスブローバックマシンガン
レシーバー左側面前方に施された刻印類。各パーツの素材の違いをリアルに再現

 

東京マルイ AKM ガスブローバックマシンガン
樹脂製ストックは継ぎ目がわからないように、張り合わせた状態で特殊印刷を施すことで合板特有の木目を再現。バットプレートのトラップドアは実銃同様に開閉可能

 

東京マルイ AKM ガスブローバックマシンガン
アッパーハンドガードとロアハンドガードは特殊印刷によって合板特有の木目が再現されている

 

東京マルイ AKM ガスブローバックマシンガン
ハンドガードは実銃同様のプロセスで分解・組立が可能。アッパーハンドガード内側にはハンドガードが回転しないように設けられているストッパーも再現されている

 

東京マルイ AKM ガスブローバックマシンガン
リアルサイズのグリップは荒く吹き付けて黒だまりを付けることでベークライトの質感が再現されている

 

東京マルイ AKM ガスブローバックマシンガン
構えてみると全体的にスリムな印象を受ける。電動ガンのグリップに慣れているとリアルサイズのグリップのスリムさにも驚くはず

 

実銃どおりの操作を再現するオートストップシステム搭載

 

 こだわりのポイントはもちろん外観だけではない。ボルトストップ機構を備えないというシンプルなAKシリーズならではの操作プロセスを実現するため、新開発の“オートストップシステム”を搭載。これは、マガジン内のBB弾を撃ち切った時でもボルトが前進してエジェクションポートを閉鎖。直後のハンマーダウン時にはノッカーが放出バルブを叩かずに空振りすることで、まだマガジン内に残っているガスで空作動してしまうことなく作動が停止するという機構だ。再度射撃する場合は、装弾済みのマガジンを装着しなおしたうえでボルトハンドルを引いて再度ハンマーコッキングと初弾の送弾を行なう、といった実銃どおりの操作を再現している。

 

東京マルイ AKM ガスブローバックマシンガン
ガスブローバックガン用のパーツが追加されているもののシンプルな構造のトリガー/ハンマーメカニズム。実銃と同じ操作方法が楽しめるオートストップ機構を搭載している

 

東京マルイ AKM ガスブローバックマシンガン
安全性に配慮してセレクターレバーをセーフのポジションにしているとボルトを後退させることができないようになっている

 

東京マルイ AKM ガスブローバックマシンガン
マガジンはアルミダイキャストの一体成型で背面の溶接痕など複雑な形状をリアルに再現。装弾数は35発

 

AKらしさ全開! 荒々しく激しいブローバックを実現

 

 ブローバックエンジンは、ピストン上部に摩擦低減用のローラーを新たに採用した、シリンダー内径約19mmの完全新開発品。同社のM4シリーズや89式シリーズとは性質の異なる、荒々しく肩を揺さぶる激しいリコイルショックで、銃を正しく保持ししっかり肩付けしないと集弾させられないほどだ。

 

東京マルイ AKM ガスブローバックマシンガン
作動性を持たせつつロングストロークピストンまでしっかり再現されたボルトアッセンブリー

 

東京マルイ AKM ガスブローバックマシンガン
専用ブローバックエンジンには直径約19mmの大型ピストンを採用。ボルトアッセンブリーを余裕でブローバックさせる

 

東京マルイ AKM ガスブローバックマシンガン
ロングストローク・ガスピストン式のAKシリーズならではの豪快なブローバック。リコイルショックは強烈で、特にフルオートで撃つと凄まじい

 

東京マルイ AKM ガスブローバックマシンガン
20m地点からA3判のターゲットをセミオートで10発撃ってみた。セミオートでもリコイルショックはハードで、しっかり構えないと次弾がスムーズに発射できないほど。1発大きく外れているものの、それ以外はしっかりまとまっている

 

 AKシリーズが好きなユーザーはもちろん、ライフルタイプのガスブローバックガンが欲しい方にこのモデルはお薦めの1挺だ。

 

東京マルイ AKM ガスブローバックマシンガン

 


 

東京マルイ
AKM ガスブローバックマシンガン

 

DATA

  • 全長:890mm
  • 全高:260mm
  • 全幅:72mm
  • 重量:3,550g(空マガジン含む)
  • 装弾数:35発
  • 価格:¥65,780
  • お問い合わせ先:東京マルイ

 

 

TEXT:毛野ブースカ/アームズマガジンウェブ編集部
撮影協力:ビレッジワン

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年10月号 P.106~109より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事