装備

2021/08/22

【オススメグッズ紹介】カジュアル&リーズナブルなレンジバッグ

 

リーズナブルで機能性抜群なレンジバッグ

 

 月刊アームズマガジンの編集部メンバーはさまざまなグッズを紹介しつつ、気になったものは自分で購入して使い勝手を確かめている。このコーナーはその中で編集部がお薦めしたいグッズを紹介するものである。

 今回は編集部の珈琲が愛用するS&T「タクティカルレンジバッグ」を紹介する。

 

タクティカルレンジバッグの魅力

 

 サバゲーによく行くサバゲーマーのみなさんがよく使うのは恐らくリュックサックタイプのガンケースであろう。重たい荷物を手で持つことなく、背負うことで楽々と持ち運ぶことができ、長物も収納することができる優れもの。最近のガンケースは何本も収納できるものや、コンパートメントを拡張できるものなど種類も豊富だ。

 そんな便利なリュックサックタイプのガンケースだが、シューティングレンジなどでちょっとだけ撃ちたいというユーザー、あるいは主にハンドガンばかりを撃つようなユーザーには少し容量が大きすぎるという欠点もある。

 そこでお薦めできるのがタクティカルレンジバッグだ。銃やマガジン、小物が収納できるポケットが別々に付いているなど、リュックサックタイプのガンケースに比べて機能的で効率よく収納できるという利点がある。

 編集部の珈琲もメインウェポンは電動ハンドガン、サブウェポンもガスブローバックのハンドガンを装備する、いわば生粋のハンドガン党。長物は扱わないため、タクティカルレンジバッグが常々欲しいと思っていた。

 

 

 師匠こと、毛野ブースカが愛用しているレンジバッグといえば「サファリランドシューターズレンジバックパック」だ。サファリランドのプロシューター軍団「チームサファリランド」の意見が反映されている機能性が抜群のバッグであり、装備に妥協しない師匠らしいチョイスになっている。

 

詳しくはこちら

 

いろいろある装備をポケットに分けて収納できるのが魅力だ

 

 だが、魅力的なレンジバッグということだけあって、お値段が高い。ハンドガンが2挺買えてしまう価格にはさすがに二の足を踏んでしまう。

 どこかにお手軽価格で、いいタクティカルレンジバッグはないか……そう思っていたとき、メーカーからタクティカルレンジバッグの新製品が届いた。それがS&T「タクティカルレンジバッグ」である。

 

S&T
タクティカルレンジバッグ

¥6,380

サイズ: 全長約450mm、全幅約280mm、全高約280mm

 

 

 このバッグの魅力は大きなスクエア形状のメインコンパートメントと、外側4面に使い勝手の良いポケットだ。収納部分が豊富であり、ガス缶やBB弾も収まりよく収納することができる。また、前面やポケットの内面にはMOLLEシステムが配されており、拡張性は充分なのも嬉しい。サファリランドの商品とは違い、背負うことはできないが、肩紐が付属しており担いで運搬もできる。軽くシューティングレンジに行く程度ならば、このバッグで充分だろう。

 

大きな開口部のサイドポケット内部にはマガジンを保持できるウェビング

 

側面のポケットはガス缶やBB弾のボトルなど収納し、ストラップで固定できる。もちろんガス缶だけでなく、ペットボトルなども便利に収納できる

 

反対側のポケットにはダンプポーチが内蔵されている

 

メインコンパートメントにはベルトキットを丸々収納可能だ

 

 一目見たときからこれを気に入り、発売されると同時に早速ショップで購入した。実際に買った価格は\4,780と非常にお値打ち価格で手に入れた。今やシューティングレンジに行くときはこのバッグが欠かすことができない。少し不満な点を挙げるとすれば、肩紐のクッション部分が薄いため、紐が肩に食い込みがちなところであろうか。現在、クッションを調整して担ぎやすいようにしている。

 ハンドガンユーザーの方はぜひ、タクティカルレンジバッグを試してみてはいかがだろうか?

 

TEXT:珈琲

 

Twitter

RELATED NEWS 関連記事