2018/11/17

速報!東京マルイFESTIVAL 5th inベルサール秋葉原レポート

今日から明日までの日程で開催されている東京マルイFESTIVAL 5th inベルサール秋葉原。今年で5回目を迎え、5周年にふさわしくイベントスペースは昨年の倍になり、MTR16のPVに登場したタクティカルトレーナーのアンソン・ベック氏をはじめ、鈴木咲さんや望月茉莉さん、東城咲耶子さん、MIREIさんといったサバゲ女子がスペシャルゲストとして登場するなど、華々しく幕開けした。ここでは注目の新製品である次世代電動ガンMk46 Mod.0を中心に、2019年に発売予定の新製品をレポートしよう。(TEXT:毛野ブースカ)

 

次世代電動ガンの新製品「MK46 Mod.0」。LMGクラスのエアガンは東京マルイでは初めて。今までのライフルタイプに比べて約2倍のリコイルショックを発生させる新規メカボックスとFETが採用されている。装弾数約1,000発のボックスマガジンは電動給弾式。弾がなくなると作動が停止するオートストップ機能つき

 

重量が6.6kgもあるMk46 Mod.0をハンドリングするために、東京マルイのデカ広報も肉体改造して(と髪型も変えて)PVの撮影に臨んだ

 

バレルロッキングレバーを引くと実銃同様にバレルアッセンブリーが外せる。バレルアッセンブリーが外れると、センサーが作動して弾が撃てなくなる

 

ホップアップの調整やダミーベルトリンクの装着する場合は、レシーバーカバーをオープンする。この時もセンサーが作動して弾が撃てなくなる

 

バレルアッセンブリーを装着し、チャージングハンドルを引けば再び弾が撃てるようになる。ニッケル水素AKバッテリーはハンドガード内に収納される

 

ガスブローバックガンの新作は、HK45のライバルとして知られるFNの「FNX-45タクティカル」だ

 

スライド、フレームともに実銃と同じカラーリングを再現。マガジンキャッチ、スライドストップ、セーフティ/デコッキングレバーはアンビタイプ

 

マズルは16mm正ネジ仕様。同社のHK45タクティカルのサイレンサーが装着可能(サイレンサーは別売も予定されているとのこと)

 

スライド上部にはマイクロプロサイトがマウントできる

 

グリップ後部のバックストラップは実銃同様に交換可能。バックストラップは4種類付属している

 

フレームと同色のマガジンバンパーがついたマガジン。装弾数は29発

 

大径シリンダーを搭載しているのでブローバックはスピーディーで、リコイルショックも手首にビシッとくる

 

マイクロプロサイトが搭載可能な「ハイキャパD.O.R.(ダイレクト・オプティクス・レディ)」。スライドは新規に製作されており、M45A1 CQBピストルと同様のピストンカップ/ピストンローラーを採用。従来型に比べてスライドストロークが2mm短くなっている。トリガーなどの形状も変更されている

 

モックアップで長らく展示されていたV10ウルトラコンパクトがようやく製品化される。M45A1 CQBピストルのブローバックエンジンとショートリコイル機構を導入。ノバックの正式契約によるリアサイトを装備。マガジンの装弾数は22発。実銃同様のカラーリングが再現されている

 

HK45タクティカルにオールブラックモデルが登場。16mm正ネジのマズルアタッチメントにはマズルカバーが付属している

 

次世代電動ガンの新製品「AKS-47」。デフリックコート仕様のアルミダイキャスト製レシーバー、フォールディングストックは新規に製作されている

 

個人的にいちばん気になったのがエアーリボルバーシリーズ「パイソンPPCカスタム6インチブラック&シルバー」だ。PPCカスタムと言えば、やはり6インチバレルだろう。バレル以外の特徴は4インチと同じだ

 

対象年齢10歳以上用エアーコッキングガンシリーズに新作が4機種加わった

 

 

 

ページトップへ