実銃界の最新トレンドをエアガンでも!「BCM M4カービン」【アクセスオーバーシーズ】

 

 今やシューター界でトップレベルの人気となったBCMのカスタムパーツ。トイガン界でも人気はうなぎのぼりで、先日BCM AIRとしてトイガンにも公式に参入したことは月刊アームズマガジン2021年7月号で紹介した。今回はそんなBCMの実物パーツを使ってカスタムしたM4カービンを紹介しよう。

 


 

BCM M4カービン

 

ベースガン:東京マルイM4A1 MWS

 

プロフェッショナルの英知を集めたコンバットカービン

 

 BravoCompany MFG(BCM)は元海兵隊員のポール・バフォーニ氏が2005年に設立したメーカーだ。社名はポール・バフォーニ氏が所属したB中隊「ブラボーカンパニー」に由来している。2006年からはボルトキャリアグループの機械加工を皮切りに現在ではすべてのパーツを自社で生産するほど成長している。愛国心が特に強く、軍や警察関係のインストラクターと積極的にコンタクトを取り、彼らを「ガンファイターズ(Gunfi ghters)」と呼び、プロのスキルを反映させるために「BCMガンファイタープログラム」を発足させている。このプログラムから生まれた製品には「ガンファイター」の名称が必ず付けられるなど彼らへの感謝も忘れていない。

 また、Vltorの創設者であり元社長を研究開発部長に招聘。現在の主力商品には彼の豊富な知識が反映されている。一部の商品名に付く“Mod”という言葉はその証で、Vltorの製品名にも付けられていたものがそのまま踏襲されている。品質管理の高さから不良品が少ないのも特徴で、プロが愛用するのもうなずける。良質のMADE IN USA製品をぜひとも味わってほしい。

 

BCM「MCMR M-LOKハンドガード10.5インチ」(¥64,680)。BCMガンファイタープログラムの要となったモジュラーレールシステムのM-LOKバージョン。特殊部隊向けに2種類支給されているレングスの1つが、このCQBに最適な10.5インチモデルだ

 

 

BCM「ガンファイターストックMod 1 SOPMOD」(¥25,190)。ガンファイターストックの最新型はカーゴスペースが新たに設けられユーティリティを強化した特殊部隊が要求するスペックを満たしたもの。バットプレートは上下2分割式で構えたままでも開閉できる

 

BCM「ガンファイターグリップ MOD3」(¥6,490)。角度の立ったピストルグリップはコンパクトに構えた際に手首への負担を軽減しコントロールしやすくなる。トリガーガードとピストルグリップのギャップを埋めるタングと後方に伸びたビーバーテールストラップなど充分な機能を備えている

 

BCM「ガンファイターライトマウントモジュラーM-LOK」(¥16,280)。選択肢の多いピカティニーレール対応ウェポンライトを3時または9時の位置に装着できるようにデザインされたライトマウント

 

BCM「ガンファイターバーティカルグリップM-LOK MOD3」(¥8,470)。グリップの角度をやや後傾させることで手首に負担をかけずに握れるショートレングスのバーチカルフォアグリップ

 

BCM「ガンファイターキネスティックグリップM-LOK(¥8,470)。ハンドガードを握り込むように保持する際、手を押し当ててホールドしやすいように角度が付けられたフォアグリップ

 

 

BCM「ガンファイターQDスリングマウントM-LOK」(¥7,260、写真上)とBCM「ガンファイターM-LOKナイロン3インチ」(¥4,620、写真下)。スリングと最小限のアクセサリーを装着するのに欠かせないアイテム。この2つのアクセサリーはMCMRハンドガードに標準装備されている

 

 

TEXT:IRON SIGHT/アームズマガジンウェブ編集部

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年9月号 P.114より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事