メーカーから選ぶ! はじめてのエアガン選び

 

エアガンメーカー、解説します。

 

 はじめてエアガンを購入しようとしたとき、エアソフトガンを製造するメーカーと機種の多さに戸惑うユーザーもいるだろう。今まで編集部ではお薦めのエアガンを紹介してきたが、今回は視点を変えてメーカーから解説していこう。

 この記事を参考に、自分好みの1挺を見つけていただければ幸いだ。

 

はじめてのエアガン基礎知識はこちら

 

編集部のお薦めのエアガンはこちら

 

 


 

国内メーカー編

 

東京マルイ

 

「電動ガンを発明した会社!業界トップシェアの東京マルイ」

 

 東京マルイは1965年に設立された国内最大手の老舗トイガンメーカーだ。86年に業界初のガスブローバックハンドガンを開発し、91年には世界初となる電動ガン「FA-MAS」を発売したことでも有名だ。高い技術力と開発力を持ち、業界に様々な新技術をもたらしてきた東京マルイ。その製品は全ての機種で高水準の射撃性能を誇り、箱出しでも充分サバイバルゲームに使うことができる。東京マルイでは電動ガン、ガスブローバックガン、ガスショットガン、エアーコッキングガン、銀ダン鉄砲など子供から大人まで楽しめる種類豊富な製品がラインアップされており、買い物をする際の選択の幅が広いという点も大きな魅力となっている。

  

URG-Ⅰ SOPMOD BLOCK3

 

▼ 紹介記事はこちら ▼

次世代電動ガンURG-ⅠSOPMOD BLOCK3は実銃を参考に細かいディテールまでこだわって再現されたモデルだ。射撃性能は折り紙付き、反動発生機能による射撃時のリコイルも味わえる。

 

 

89式小銃 ガスブローバックガン

 

▼ 紹介記事はこちら ▼

自衛隊が正式採用する89式小銃。東京マルイでは電動ガンとガスブローバックガンの両方でモデルアップしている。ガスブローバックモデルは内部機構も正確に再現しており、分解整備などを実銃と同じ手順にて楽しむことができる

 

 


 

KSC

 

「造形美と命中精度を兼ね備えたKSC」

 

 モデルガンとエアソフトガンの両方を製造するKSCは造形美にこだわりが強いメーカーでもある。エアソフトガンを開発する際、実銃とは異なる内部機構を用いるために再現が難しくなる箇所が発生してしまうこともある。大抵の場合はデフォルメを施したり目立たないように加工してモデル化をするのだが、KSCの製品は妥協せず細部までしっかりと作り込んでいるのが特徴だ。刻印やエキストラクター、マズルフェイスの造形など一見ではわからない箇所まで徹底的に実銃の形状を再現することにより、KSCの製品は独特の迫力を醸し出している。また、射撃性能に関しても文句の付けようがないほど良好、ガスブローバックガンはシステム7エンジンの鋭いキックが楽しめる。近年では電動ガンやオリジナルデザインのエアソフトガンも発売し、今までにない商品展開を始めている。要注目のメーカーだ。

 

P230JP ヘビーウェイト

 

▼ 紹介記事はこちら ▼

日本警察の私服警官が携行するSIG P230JPを正確に再現している。日本仕様独自のマニュアルセーフティとランヤードリングを備え、小型ながらバシッと来るリコイルは最高だ

 

 

M93RⅡ ABS

 

KSCの代表作でもあるのがこのM93Rシリーズだ。3ラウンドバースト(モデルによってはフルオート)を備え、高い命中精度と火力を持ち合わせている。接近戦の頼れる相棒だ

 


 

ウエスタンアームズ


「究極の表面仕上げ、1911ならWA」

 

 ウエスタンアームズは東京都渋谷区に店舗を構える老舗トイガンメーカーだ。元々はモデルガンをよりリアルなものに仕上げるカスタムガン・メーカーとしてスタートしたウエスタンアームズは職人の手作業による丁寧な仕事が評価され、マニアの間で熱狂的な支持を獲得、コルトM1911シリーズやベレッタM92など多くの名作を世に生み出してきた。現在はエアソフトガンを主流に商品展開を行っており、開業当時から変わらない物作りの姿勢を貫いている。職人の手作業によるポリッシュと独自の塗装技術により樹脂スライドでありながら見事な金属肌を再現し、エアソフトガンとしては最上級のリアリティを実現している。

 

ウォーリアー“ジョン・ウィック”モデル リアルスチールVer.

 

▼ 紹介記事はこちら ▼

大人気ガンアクション映画「ジョン・ウィック チャプター2」にて劇中後半ジョンが使用したキンバーウォーリアーをモデルアップ。使用に伴った細かいスレなどを塗装で再現し、入念な手仕上げで高級感のある1挺となっている

 

 

ガバメント“緋弾のアリア”モデル シルバー

 

TVアニメ「緋弾のアリア」にて神崎・H・アリアが使用するカスタムガバメントだ。原作デザインを忠実に再現し、トリガーの引き加減でセミ・フルオート射撃が可能。アニメファン必見の1挺だ

 


 

クラウンモデル

 

「工夫を凝らした面白製品。触って楽しいクラウンモデル」

 

 低年齢向けのエアソフトガンを多数モデルアップしているクラウンモデルは、独自路線といえる商品開発が特徴的なメーカーだ。同社のエアソフトガンはカネキャップ火薬による発火とBB弾発射を同時に楽しめるスパークリングリボルバーや。排莢アクションを楽しめるスーパーライフルなど、射撃すること自体を楽しむようなコンセプトのものが多い。かといって射撃性能が悪いわけでもなく、サバイバルゲームでも使用できる精度をしっかりと持ち合わせている。カート式のガスリボルバーが1万円程度であったりとリーズナブルな価格も魅力のひとつだ。

 

スパークリングリボルバー パイソン

 

▼ 紹介記事はこちら ▼

カネキャップ火薬をセットしBB弾を詰めたカートをシリンダーに装填、ハンマーを起こして射撃。発火音と共にBB弾が的に当たるのは想像以上に楽しいものだ

 

 

M629. 44マグナム ステンレスタイプ 6インチ

 

カート式ガスリボルバーであり、実銃のようにシリンダーへカートリッジを装填することができる。安価なこともあり、カート式リボルバーの入門用にもオススメの1挺だ

 

 


 

K.T.W.

 

「精密射撃で磨いた精度K.T.W.」

 

 岩手県花巻市に本社を構えるK.T.W.は高い命中精度と質感に優れる製品作りが特徴のメーカーだ。規模は小さいながら物作りに対する姿勢は真摯なものであり、納得のいかない製品はほぼ完成という状態でもお蔵入りにしてしまう職人気質な一面を持つ。岩手が誇る南部鉄器を三八年式歩兵銃の部品に用いたり、厳選した国産のオニグルミ材を銃床に使用するなど外装に関しても美しい仕上がりを重視した製品が多い。高い命中精度からK.T.W.の製品は精密射撃競技の大会で使用されることも多く、発売日が古いモデルであってもユーザーからフィードバックされたデータを元に年々改良が施されている。
 

NEW ウィンチェスター M1873カービン

 

西部劇でおなじみ、「西部を征した銃」と呼ばれる傑作カービンだ。エアコッキング式のためレバーは少し重いが、黒染めのメタルボディと実銃の作動を再現したレバーアクションの完成度は非常に高い

 

 

フリントロックピストル

 

火打石銃を再現したエアコッキングガン。ハンマーをコックした後に当り金を引き起さないと発射できないなど、実銃の発射手順を模した機構を備えており鑑賞と実射両方で古式銃の魅力を楽しめるモデルだ

 

 


 

タナカワークス

 

「メカアクションを楽しむならタナカ」

 

 タナカワークスは実銃の持つ独特なアクションメカを再現するのが得意なメーカーだ。代表作としてルガーP08のトグルアクションやブローニングハイパワーのマガジンセーフティ機能、レミントンM700リアルカートの排莢アクションなどが挙げられる。また、タナカはリボルバーのトリガーメカに定評があり、非常にリアルな撃ち味を持つリボルバーを多数ラインアップしている。リアルな動作と高性能なリボルバーを求めるユーザーは要チェックのメーカーだ。

 

ルガーP08 4インチ HW “1914 Erfurt” バージョンガスガン

 

▼ 紹介記事はこちら(8インチモデル) ▼

人気のルガーP08のなかでも特にマニアックな王立造兵廠エルフルト製造モデル。気品のあるデザインと性能の高さからドイツ将校が好んで所持した。タナカはマグナガスブローバックシステムとHWにより優れた外装と射撃性能を両立した

 

 

デザートイーグル .50AE  モデルガン

 

▼ 紹介記事はこちら ▼

50口径のマグナムオートをモデルガンでラインアップ。Wキャップカートリッジにも対応し、巨大な50AE弾のカートが排莢される豪快なアクションは唯一無二のものだ

 

 


 

モデルガン編

 

エラン

 

「映画にも使われる最高級モデルガンメーカー」

 

 少数生産ゆえに妥協を一切なくし、徹底的に作りこまれたモデルガンを提供するというのがエランというメーカーのスタイルだ。高い信頼性を誇る発火機構を備え、精巧に作りこまれたエラン製のモデルガンは映画の小道具としても使用される程の出来栄えであり、「アウトレイジ」では北野武演じる大友が、「さらば 危ない刑事」では舘ひろし演じる鷹山敏樹がそれぞれエラン製のM1911を使用している。エランのモデルガンを初めて見た人は高額な価格に驚くかもしれない。しかしその価格には相応の理由があり、また実際に手に取り眺めてみるとこの価格が決して高すぎるものではないと思えることだろう。

 

コルト MkⅣ シリーズ70 2021Ver.

 

▼ 詳細記事はこちら ▼

シリーズ70はエランのフラッグシップといえる存在だ。2021Ver.にはDUOカートリッジを採用し大迫力の発火と確実な作動を実現。発火のパワーを受け止めるスライドとフレームも強化型のものが使用されており高い耐久性を持つ

 

タカモデル 2021ver.

 

▼ 詳細記事はこちら ▼

2016年に公開された「さらば 危ない刑事」にて使用されたプロップガンの複製モデル。入念な表面処理により深みのある黒染めを銃全体に施し、独特の存在感を醸し出すモデルとなっている

 


 

ハートフォード


「古い銃の魅力を知り尽くす。ハートフォード」


 西部開拓時代にカウボーイが腰に提げ、新大陸を切り開いたコルトSAA、オートマチックピストルの魁ともいえるボーチャードピストル、帝政ロシアそしてソビエト連邦と二つの時代と大きな戦争で使われたナガンリボルバーなど。ハートフォードがモデルアップするモデルガンは古く、歴史を積み重ねたものが多い。こういった古式銃は資料的価値もあり、再現性が高いハートフォードの製品は映画やアニメ、漫画などを制作するクリエイターが資料用として購入することもあるほどである。
 

ナガンM1895 リボルバーモデルガン

 

▼ 紹介記事はこちら ▼

ロシア帝国の正式採用拳銃として採用され、1950年ごろまで生産された。ガスシール機構や癖のあるトリガーフィールなど実銃の魅力を余すことなく再現している

 

 

リバレーター オールクロームシルバーモデル

 

第二次世界大戦でレジスタンス向けに供給された簡易型の拳銃。単発式であり、射撃後は薬室から人力で空薬莢を取り出し再装填しなくてはいけない。非常にマニアックな逸品だ

 


 

タニオ・コバ


「メンテも楽々、気軽に撃てるタニオ・コバ」


 高い作動性と耐久性を兼ね備え、コストパフォーマンスに優れた製品をラインアップするタニオ・コバ。会社の代表である小林太三氏は元MGCの設計技術者であり、優れた設計のトイガンを多数作り上げてきた実績を持つ方だ。技術者としての情熱は製品にも注ぎ込まれており、今までタニオ・コバがリリースしたトイガンはどれも非常に高い評価を受けている。扱いやすく、撃った時に思わずにやけてしまうようなモデルガンを探しているなら、タニオ・コバのGMシリーズを一度チェックしてみてはいかがだろうか。

 

GM-7.5  シリーズ70

 

1911シリーズの中でも人気の高い70シリーズ。タニオ・コバではメンテナンス性に優れるオープンデトネーター式を採用し、気軽に発火を楽しめるモデルとして販売。箱出しでも快調に作動するモデルガンだとユーザーからの評価も高い

 


 

海外メーカー編

 

G&Gアーマメント

 

「台湾最大手のエアソフトガンメーカー」

 

 G&Gアーマメント(以降G&G)は台湾に本社を構えるエアソフトガンメーカーだ。強化ナイロン製レシーバーを採用した安価かつ高性能な電動ガンを多数ラインアップしており、同社のエアソフトガンは日本やアジア圏のみならず世界中にて販売されている。箱出しでサバイバルゲームに使える性能と2万円を切る安価なモデルもあることから、初心者にもオススメできるメーカーだ。

 

ARP 9

 

▼ 紹介記事はこちら ▼

人気爆発中のPCC(ピストル・キャリバー・カービン)その火付け役がこのARP9だ。軽量かつコンパクトでアタッカーにオススメ!

 

 

Type64 BR

 

▼ 紹介記事はこちら ▼

自衛隊でも現役で使用されている64式小銃、実銃の資料を研究して作られているので高い完成度を持つエアソフトガンに仕上がっている

 

 


 

S&T

 

「三八式歩兵銃からミニミまで~。色々作るぞS&T」

 

 S&Tは香港のトイガンメーカーである。2009年に設立され、以降多種多様なエアソフトガンを開発してきた。このメーカーの特徴としては、ラインアップする銃のセンスがユニークだということが挙げられる。ARレシーバーにP90用のマガジンを装着するST58や懐かしのスターリングサブマシンガン、リーエンフィールドやモシンナガンなどのボルトアクションライフル等々、新しいものから古いものまでマニアックなのが揃っている。他の人とは違うエアガンを使いたいというユーザーにお勧めのメーカーだ。

 

M249 PARA スタンダード電動ガン

 

▼ 詳細記事はこちら ▼

ナイロン樹脂を多用し軽量に作ってあるがサバイバルゲームでも充分に使える耐久性と性能を持つ。同社から販売されている別売りのボックスマガジンを装着することで、更に戦闘力を上げることができる

 

 

三八式歩兵銃 エアコッキングガン

 

▼ 紹介記事はこちら ▼

旧日本軍が使用した三八式歩兵銃をフルメタル&木製ストックで見事に再現!撃ってよし眺めてよしの満足感が高い1挺となっている

 


 

CYMA

 

「驚異のコストパフォーマンス!CYMAは安い」

 

 CYMA製エアソフトガンは安価なことで知られている。フルメタルの電動ガンが店頭実売価格で2万5000円~3万円ほどで販売されており、ABS樹脂/ナイロン樹脂製のスタンダードモデルなら1万円を切る価格で売られている。性能と耐久性に関してもここ2~3年ほどのモデルからは品質が向上しており、箱出しノーマル状態でもサバイバルゲームに使用できるものになっている。シンプルな構造の製品が多く、カスタムパーツの組み込みが容易なことからカスタムベースとしての人気も高い。

 

CM048S AKMS

 

ズシリと重いフルメタルと木製ハンドガードの温もり、安価な製品を得意とするメーカーだが決して安っぽい外装ではない。しっかりと実銃を再現している

 

 

M870 ショート フォールディングストック フルメタルショットガン

 

▼ 詳細記事はこちら ▼

三発同時発射機能とラピットファイア(連射機能)を兼ね備えたショットガン。コストパフォーマンスに優れ、サバイバルゲームでも扱いやすい。最初の1挺にもおすすめだ。

 


 

ARES

 

「内部メカにも強い!電子制御のARES」

 

ARESとは2010年に設立された香港のメーカーである。電子制御装置や内部メカなどに強く、優れた実射性能を持つエアソフトガンを数多くリリースしている。近年ではトンプソンマシンガンやPPShといったクラシックなモデルも販売を始めており、マニアの評判を集めている。

 

ハニーバジャー・ロングバージョン

 

大型のサイレンサーと取り回し重視のPDWストックが特徴的、内部メカも最新の電子制御が採用されており、射撃性能も優れている

 

AMOEBA ストライカーAS01

 

▼ 紹介記事はこちら ▼

独自の給弾方法を採用し、リアルな位置にマガジンを装着できる。短いストロークでボルトアクションが行えるので速射もしやすい

 

 


 

BOLTエアソフト

 

「反動で釘が打てる?強烈なリコイルを味わうならBOLT」

 

 台湾のトイガンメーカーであるBOLTエアソフトの特徴といえば、B.R.S.S(ボルト・リコイル・ショック・システム)という独自のリコイルショック発生機構を備える電動ガンをリリースしていることだろう。電動ガンでありながら撃つたびに強烈なリコイルが肩に叩きつけられ、フルオート射撃時はライフルをしっかり保持しないと銃が暴れてしまうほどの反動を発生させる。B.R.S.S搭載電動ガンは強烈な反動がある故に扱いこなすには多少の慣れが必要。だがその撃ち味は他のメーカーには真似できないものであり、リアル志向のユーザーから人気を集めている。

 

AKMS  B.R.S.S HAMMER

 

▼ 詳細記事はこちら ▼

実銃と殆ど同じ材質で作られたリアルな電動ガン、射撃時の反動も再現されており撃った瞬間に肩へガツンと衝撃が走る

 

 

Daniel Defense MK18 Dagger

 

▼ 紹介記事はこちら ▼

7インチというコンパクトなハンドガードを備え、取り回しの良さを重視。ダニエルディフェンスの正規ライセンスを取得したことでリアルな外装を再現した

 


 

 ここに掲載されている物の他にも各メーカーからは多数の製品がラインアップされており、新製品も毎月のように発売されている。トイガン業界は目まぐるしく進歩している最中であり、次から次へと新しいものが現れるので買い物には迷いが出てしまうのも当然だ。この記事を参考に自分の好きなメーカーを見つけ、業界の発展を楽しんでもらえると幸いだ。

 

 

 創刊400号記念を迎えたアームズマガジン11月号では現在購入可能なエアガンを500挺収録した「エアガン完全ガイド」が特別付録。新しいエアガン選びに役立つこと間違いなしの一冊に仕上がっているので、是非お手に取ってみてほしい。

 

 

TEXT:アームズマガジンウェブ編集部

 

Twitter

RELATED NEWS 関連記事