装備

2021/07/24

自分だけの架空戦士を作り出せ!「x115xTAYLOR FWセレクション」【前編】

 

 x115xTAYLORが推奨する架空戦士のスタイリング「フィクションウォーリアー(FW)」。そのスタイリングをSNS上で公募し、優秀な作品をArms MAGAZINE WEBと本誌で掲載した「FWオンライン」も盛況のうちに終了した。誌面やSNSで作品を見て、FWスタイリングに興味を持った方も多いことだろう。今回は読者の声にお応えし、x115xTAYLOR自らがプロデュースしたFWスタイリングを前後編の2回に分けてご紹介しよう。これを参考にして、自分らしいFWスタイリングを構築してほしい。

 


 

虚構世界で活動する戦士たち

 

 

 FWスタイリングは「自分が決めた世界観」で成り立つ。特に「現実と架空」の配分バランスはユーザーのイメージする世界観に寄るものが大きい。リアル志向の場合、架空の所属組織のような大まかな部分が架空要素になるだろう。逆に架空部分が強いSFのようなキャラクターの場合、現実的な要素は皆無に近くなることもある。

 

 

 FW装備を作るには、自分が思い描く世界観に基づき、まずはヘルメットやアーマー、ベルトキットに自分が思うかっこいいものを足すことから始める。所属はどんな(架空の)組織の部隊なのか、そしてどんなミッションを行なうためにこの装備を選んだのかを考える。装備の加減算から自分だけのFWスタイリングを作成してみよう。

 

FW BLACK

 

 

 

 黒のTシャツ&スキニーパンツに、ナイトカモ柄のアーマーとマルチカムのベルトを組み合わせたセットアップ。全体のダークなカラーリングからナイトレイドをイメージさせつつも、ファッショナブルに洗練された世界観を感じさせる独特のスタイリングだ。

 

80年代に夜間砂漠地帯用として採用されていたナイトデザートカモ柄で作成された装備。軍や法執行機関では廃版になったり採用されていない迷彩柄や装備を取り入れられるのもFWスタイリングの特徴のひとつだ


FW WHITE

 

 

 

 オフホワイトのヘビーボディTシャツにショートカットした古着リアルツリーパンツをベースにAOR2のボディアーマーとマルチカムブラックのパネルをセットアップ。スケーターシューズのVANSを組み合わせるなどトータルコーディネートでストリート感あふれるおしゃれスタイリングだ。

 

B&T USWのような特徴的な形状の銃を自由に使うことができるのもFWスタイリングの魅力だ。USWのようなコンパクトな銃の場合、装備もシンプルにまとめる傾向があるが、逆にフル装備を着ることで、銃の個性が際立つスタイリングになっている

 

後編は7/25公開

 

PHOTO&TEXT:Ghost(Ghost in the Dark)/アームズマガジンウェブ編集部
MODEL:x115xTAYLOR 

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年8月号 P.122~127より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事