民間系M4カービンの最先端「マグプル スリムラインM4カービン」【アクセスオーバーシーズ】

 

 マグプルインダストリーズは民間系のM4アクセサリーでダントツの人気を誇るメーカーだ。社名のマグプルとは最初に製造した「マガジン(MAGAZINE)を引き抜く(PULL)」ためのM4用のマガジンラバーストラップにちなんでいる。現在はポリマー素材を用いた設計・製造を得意とし、オリジナルデザインのM4アクセサリーで人気が高い。今回はそんなマグプルの最新M4カービンアクセサリーを紹介しよう。

 


 

マグプル スリムラインM4カービン

 

 

ベースガン:東京マルイCQBRブロック1

 

 MOE SLシリーズはもともとはMagpul Original Equipment(MOE)シリーズとして発売されていたポリマーパーツのアップデートモデルだ。Slim Lineの名称通り全幅は絞られたデザインでこれまでのM4パーツに比べて圧倒的に握りやすくなっている。表面のテクスチャーも最新の人間工学に基づいた効率の良いものになっているので、操作性もよくなっているのが最大の特徴だ。また同社が開発し普及させてきたM-LOKシステムも当然搭載されている。マグプルアクセサリーは実物、レプリカと沢山発売されてきたが、最新のSLシリーズは、まだまだ可能性を感じさせてくれるアクセサリーだ。お手持ちのM4カービンのアップデートに活用してほしい。

 

マグプル「M4 SLハンドガード カービンレングス」(¥10,890)。このハンドガードの大きなアドバンテージは、フロントの軽量化とM-LOKアクセサリーが装着できるの2点だ。また、前側を握り込めるようにフロントサイトの左右と下側を覆うような形でハンドガードが伸びているのも特徴となっている

 

マグプル「MOE SL ARグリップ」(¥5,830)。通常のM4グリップに比べて角度が浅く、全長が短く、かつ幅が薄くなっている。テクスチャーも進化しており、滑ることないので確実なグリップが可能だ

 

マグプル「SL-Sカービンストック」(¥28,380)。S(ストレージ)という名のとおりCR123Aリチウム電池や単3電池を収納できるスペースを備えたカービンストック。内部にリコイルショックを抑えるロックプレートが装備されているので、ガタつかずしっかりと固定される

 

マグプル「M-LOK バーティカルグリップ」(¥7,370)。ハンドガードに追加レールを必要とせず直接取り付けられるM-LOK用フォアグリップ。取り付け基部に近い箇所がシェイプされているので握る、添える、引っ掛けるなどのあらゆるポジションでもコントロールが容易に行なえる

 

M-LOK対応のライトマウントを使用すればローマウントでライトを装着できるのでリモートスイッチなしでもスイッチ操作できる

 

TEXT:IRON SIGHT/アームズマガジンウェブ編集部

問い合わせ先:アクセスオーバーシーズ

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年8月号 P.109より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事