ミリガバ官給モデルの新品状態を再現「コルトM1911A1ミリタリーモデル」

 

ミリガバなくしてコルトガバメントは語れない

 

 M1911A1は高いストッピングパワーで長らくアメリカのGIに愛されてきたハンドガンだ。第一次世界大戦から数多の戦場を戦い抜き、1985年にベレッタ92Fが制式採用されるまで70年以上に渡って制式拳銃の座にあった。

 

ウエスタンアームズ コルトM1911A1ミリタリーモデル ガスブローバックガン

 

 そんな世界一有名なハンドガンであるM1911A1は、トイガンメーカー各社がこぞって発売してきた人気モデルでもある。WAでもマグナブローバック発売当初からラインアップしており、アップデートを重ねてきた。最近ではダメージ加工を施したムービープロップモデルのベースに使われていることでも馴染み深いが、今回のM1911A1はダメージ加工は一切ない、まっさらなスタイルとなっている。

 

ウエスタンアームズ コルトM1911A1ミリタリーモデル ガスブローバックガン
レバー類など操作系にチェッカーが刻まれるなど実用性に特化した機能美に溢れる外観は見飽きることがない

 

ウエスタンアームズ コルトM1911A1ミリタリーモデル ガスブローバックガン
クラシックスタイルのリアサイトは別パーツでスライドに組み込まれている。サイト自体は小型だがサイトピクチャーは良好でターゲットを確実に狙える性能がある

 

ウエスタンアームズ コルトM1911A1ミリタリーモデル ガスブローバックガン
フレームにはメーカーアドレスではなく、アメリカ政府の所有物であることの刻印が打たれている

 

ウエスタンアームズ コルトM1911A1ミリタリーモデル ガスブローバックガン
ブラウンカラーの樹脂グリップは簡素なチェッカータイプだ。内側にウエイトが内蔵されているので重量感の向上に貢献している

 

 他のガバメントモデルとの最大の違いはパーカライジングが施されたマットグレーの外観であろう。手作業によるブラスト&サイドポリッシュフィニッシュにスライドとフレームのサイド面に研磨加工を追加。ヘアラインを強調した猛々しいフィニッシュは、細かい仕上げにこだわらないリアルなミリタリー感が漂う。

 

ウエスタンアームズ コルトM1911A1ミリタリーモデル ガスブローバックガン
荒々しいサイドポリッシュは戦時モデルに見られる特徴で、防錆処理のパーカライジングが再現されている

 

ウエスタンアームズ コルトM1911A1ミリタリーモデル ガスブローバックガン
アウターバレルまで、本体と同色のパーカライジングとなっている。インナーバレルは固定ホップの真鍮バレルを装備

 

最新メカニズムSCWバージョン3を搭載

 

 もちろんこれまで発売されてきたミリガバの復刻モデルではない。内部メカに最新のSCWバージョン3を搭載しているのだ。動作性能はガスガンでもトップクラス。HW材のおかげで重量もあり、手に取ればその重厚感にも圧倒される。
 実銃では当時のままで入手することなど困難であろう新品のミリガバがエアガンで再現された。ここからはユーザー自身が使い込むことで自分だけのミリタリーガバメントに変身させられる。ぜひとも購入して使い込んでほしい。

 

ウエスタンアームズ コルトM1911A1ミリタリーモデル ガスブローバックガン

 


 

ウエスタンアームズ
コルトM1911A1ミリタリーモデル ガスブローバックガン

 

DATA

  • 全長:216mm
  • 全高:140mm
  • 全幅:33mm
  • 重量:865g
  • 装弾数:21発
  • 価格:¥41,800
  • お問い合わせ先:WA渋谷店 TEL03-3407-5922

 

TEXT:アームズマガジンウェブ編集部

 

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年8月号 P.95より加筆・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事