ウィルソンコンバットの最高峰カスタムガバメント「ウィルソンコンバット CQBコマンダー」

 

ビル・ウィルソンのこだわりを凝縮したような一挺

 

ウエスタンアームズ ウィルソンコンバット CQBコマンダー ガスブローバックガン

 

 ガバメントカスタムに興味があるならば必ず聞いたことがあるであろうメーカーがウィルソンコンバットだ。アメリカのアーカンソー州ベリービルで、家業の宝石店と兼業で1977年にガレージビルダーからスタートしている。当初は他のガンスミスのアフターマーケット部品でカスタマイズしていたが、1983年までに独自の部品を作り始め、1996年にはM1911ピストルを完全に社内製造するまでに成長している。
 同社の凄いところは現在まで一度も品質の低下がみられないことと、一貫して性能と機能美を融合させたモノづくりを行なっていることである。社長のビル・ウィルソンのセンスの良さが伺える。
 そのウィルソンが好んでキャリーガンに選ぶのがコマンダーモデルである。5インチモデルに対して僅か0.75インチ(約1.9cm)しか短くないが携帯性とパワーを両立させるギリギリの大きさから愛用しているようだ。そんなウィルソンのコマンダーモデルをウエスタンアームズがガスブローバックで再現した。

 

ウエスタンアームズ ウィルソンコンバット CQBコマンダー ガスブローバックガン
サークルグルーブ仕様のカスタムプラグとウィルソンロゴが刻印された肉厚のバレルブッシングはこのモデルだけの専用パーツとなっている

 

ウエスタンアームズ ウィルソンコンバット CQBコマンダー ガスブローバックガン
リアサイトには引っ掛けてスライドを引くためのコッキングカットが付けられている

 

ウエスタンアームズ ウィルソンコンバット CQBコマンダー ガスブローバックガン
ヘビーウエイト樹脂で再現されたウィルソン特有のスターバーストグリップパネルはホールド感が高く実用性が高い

 

ウィルソンコンバットの最高峰カスタムを再現

 

 カーボンブラックヘビーウエイト樹脂のスライドにはトップと背面に40 LPIのセレーション加工が施され、スライド底部は面取り加工が行なわれフレーム側の後端部も斜めにカットされるなど徹底している。スクエアカットのセレーションからリーフカット、各部のマーキングまですべてが機械加工で再現された贅沢な仕様。

 

ウエスタンアームズ ウィルソンコンバット CQBコマンダー ガスブローバックガン
スライドトップは、フラットに加工してからセレーションが刻まれている

 

ウエスタンアームズ ウィルソンコンバット CQBコマンダー ガスブローバックガン
リアサイトのノッチはUノッチと呼ばれる認識性に優れたタイプ。ファイヤリングピンも別パーツでリアルに再現されている

 

ウエスタンアームズ ウィルソンコンバット CQBコマンダー ガスブローバックガン
ハウジングとフレーム後端を斜めにカットして出っ張りを緩和し携帯性を優先している

 

 これまでのどのモデルより忠実に実銃をトレースしているWAのCQBコマンダー。まるでウィルソンイズムを受け継いだような気合の入った一挺だ。

 

ウエスタンアームズ ウィルソンコンバット CQBコマンダー ガスブローバックガン

 


 

ウエスタンアームズ
ウィルソンコンバット CQBコマンダー ガスブローバックガン

 

DATA

  • 全長:200mm
  • 全高:150mm
  • 全幅:34mm
  • 重量:890g
  • 装弾数:23発
  • 価格:¥46,200
  • お問い合わせ先:WA渋谷店 TEL03-3407-5922

 

TEXT:IRON SIGHT/アームズマガジンウェブ編集部

 

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年8月号 P.94より加筆・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事