ロシア帝国制式採用リボルバーに再現したモデルガン「ナガンM1895」

 

ロシア帝国制式採用リボルバーが発火式モデルガンで初登場

 

ハートフォード ナガンM1895 リボルバーモデルガン

 

 リボルバーの短所のひとつとされるシリンダーギャップ(銃身入口とシリンダー前面にある隙間)からの発射時のガス漏れ。これに起因する威力と精度の低下などの問題を解決させるために、シリンダーが前進してシリンダーギャップを塞ぐ独特のガスシールシステムを搭載したのが有名なナガンM1895リボルバーだ。

 

ハートフォード ナガンM1895 リボルバーモデルガン

 

 この銃は、リボルバーには珍しい7連発で、弾はケースが弾頭を覆いつくす独特の7.62mm×38ナガン弾を採用。細い弱装弾でもガスシールシステムによって充分に威力を発揮し、またシリンダーギャップからの音漏れも少なくなったためサプレッサー(減音器)が効果的に使用できたという。ベルギーの銃だが1895年にロシア帝国で採用、ロシア革命後も使われ続け、製造総数は1945年までに200万挺にも及んだ。

 

ハートフォード ナガンM1895 リボルバーモデルガン
この銃の最大の特徴のガスシールシステム。通常時のシリンダー位置(写真上)からトリガーを引くとシリンダーが前進(写真下)、銃口との隙間を塞ぐのだ

 

ハートフォード ナガンM1895 リボルバーモデルガン
サイドプレートはリアルな金属製。左側面の刻印は、実銃ではいくつか種類があるが、本製品ではもっともナガンらしい星のマークが付いた刻印を採用

 

 このユニークな銃のモデルガンが、いよいよ待望の新発売。筆者が実際に手にして感じたのは、想像以上に面白いリボルバーだということ。撃つたびにシリンダーが前進するメカニズムはもちろん、ハンマーが起きるまでロックされないシリンダーの逆回転を防止する仕組みや、シリンダーのベースピンのように収納されるエジェクターロッドなど、未体験の仕組みを満載。

 

ハートフォード ナガンM1895 リボルバーモデルガン
シリンダーのベースピン(軸)のように見えるのがエジェクターロッドで、これで撃った後の空薬莢を排出する

 

ハートフォード ナガンM1895 リボルバーモデルガン
エジェクターロッドを使うには、まず反時計回りにひねってから前方へ引き出し、銃の右側へスイングさせる

 

ハートフォード ナガンM1895 リボルバーモデルガン
シリンダーを前方へ押し出すのはリコイルプレート(フレーム内側のカートリッジ底面が当たる部分)だが、この構造に対応するため撃針もナガン独特の長い形状となっている

 

ハートフォード ナガンM1895 リボルバーモデルガン
サイドプレートを外すと、ユニークな実銃の構造を忠実に再現した内部メカのすべてが見てとれる。独立したシリンダーストップが存在しないのもこの銃の特徴

 

 軍用拳銃にもかかわらず小ぶりで、カートが細長く小さいのにも驚く。各部の形状も従来のリボルバーとはまったく雰囲気を異にしており、例えばシリンダーはフルートが前方に抜けておらず、ストップノッチはシリンダー後面にもあるのだ。

 

ハートフォード ナガンM1895 リボルバーモデルガン
ナガンは軍用拳銃だが意外と小さいのに驚く

 

ハートフォード ナガンM1895 リボルバーモデルガン
シリンダーのフルート(溝)が前方へ抜けていないのもナガンの特徴。この形状は通常のモデルガンの金型製造では難しく、設計に苦労したとのこと

 

ハートフォード ナガンM1895 リボルバーモデルガン
カートの装填はゲートを開いて行なう。ゲートは、その先端と根本のツメでシリンダーを逆回転させない役割も担う。付属のカートは5mmキャップ火薬を2個使うダブルキャップ仕様で大迫力の発火を楽しむことができる

 

ハートフォード ナガンM1895 リボルバーモデルガン
フロントサイトは別パーツでリアルに再現。実銃どおりのダブテイル(あり溝)で固定され、左右の微調整が可能

 

 複雑な構造の銃だが作動は快調、専用のダブルキャップカートで発火も存分に楽しめる。やはり写真や動画で見るだけでは分からないナガンリボルバーの魅力を存分に堪能できる最高に素晴らしいモデルガンに仕上がっている。皆さんにも実際に手に取って、その魅力を堪能してほしい。実際にメーカーへの予約も好調のようで、発売への期待は高まるばかりだ。木製グリップやサプレッサーも別売予定だ。

 

ハートフォード ナガンM1895 リボルバーモデルガン

 


 

ハートフォード
ナガンM1895 リボルバーモデルガン

 

DATA

  • 全長:234mm
  • 全高:144mm
  • 全幅:40mm
  • 重量:490g(カートリッジ7発含む)
  • 装弾数:7発
  • 価格:¥43,780
  • お問い合わせ先:ハートフォード

 

TEXT:トルネード吉田/アームズマガジンウェブ編集部
PHOTO:須田壱(スタジオゼット)
MODEL:東城咲耶子
HAIR & MAKE UP:伊達美紀
撮影協力:東京サバゲパーク

 

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年7月号 P.74~77より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事