その他

2021/05/03

銃が日常に溶け込んだ不思議な世界「ブルーアーカイブ」【ゲームアプリ】

 

銃が日常に溶け込んだ不思議な世界――
学園の先生として少女たちとともに戦おう!

 

 

ブルーアーカイブ -Blue Archive-とは

 

 『ブルーアーカイブ -Blue Archive-』は、【学園×青春×物語】をテーマとした新作スマホゲームアプリ。ポップな雰囲気ながら、本作では“銃火器”が物語のアクセントになっており、登場する少女たちは全員が武装している。舞台となる学園都市には、さまざまな学園が存在し、それぞれ特徴ある銃器で武装した少女たちが生活している。プレイヤーは“先生”として、生徒たちを育成・指揮して学園で発生するトラブルに立ち向かい、また彼女たちとの日常を過ごすことになる。

 

3Dキャラが動き回る戦闘シーン

 

 

 3Dフィールドでリアルタイムに展開される戦闘は、本作いちばんの見どころ! 戦闘は基本的に自動で行なわれ、デフォルメされたキャラクターたちが障害物に身を隠しつつ、敵との戦闘を繰り広げる。銃撃で看板や構造物が破壊されたり、キャラにリロードアクションが入るなど、見ているだけで面白い。先生(プレイヤー)は、特殊スキル発動などを指示して戦局を優勢に導く。使用する武器によって射程や効果範囲が異なり、部隊編成が勝利を左右するため、戦術性も高い。

 

スタッフインタビュー

 

 学園生活と銃が不思議な融合を見せる『ブルーアーカイブ』。今回はその世界観を作り上げたリリース元であるYostarのスタッフにインタビューを行なった。

 

左:Yostarマーケティングディレクター 三輪木 大
右:Yostar Pictures取締役 / アニメーター 斉藤 健吾

 

――『ブルーアーカイブ』とは、ズバリどんな作品ですか?


三輪木:かわいい女の子たちがたくさん出てきて、明るく爽やかな雰囲気なんですけど、“なぜか銃を持っている!”――というところが本作の一番の特徴です。まるでスマートフォンのような感覚で、みんな銃を持っているんですね。この、ちょっとおかしな世界を舞台に、いろいろな事件が発生したり、さまざまな学校が絡み合う複雑なストーリーが展開します。
 「日常」が本作のテーマの一つですが、銃や手榴弾が自然に溶け込んでいるんです。コンビニや自動販売機で弾薬が売っているし、まるでお菓子のようにカラフルなパッケージになっている。そういう、爽やかなんだけど、ちょっとおかしな世界を楽しんでもらいたいです。

 

ありふれたコンビニの風景…と思いきや、カラフルな5.56mm用マガジンが販売されている

 

―― 本作は『学園×青春×物語』をテーマとしていますが、『銃』をテーマに含まなかったのは、なぜでしょうか?


三輪木:『学園×青春×物語』をベースとしながら、異色なものを組み合わせることによって物語の幅を広げたいという意図を、開発元であるNAT Gamesさんは考えていたようです。銃をメインテーマとするのではなく、銃が女子高生のマストアイテムとして存在する世界の学園生活を描くことで、いままでになかった世界や物語が生まれたと思います。まあ、ネット上では「ブルーアーカイブの世界は、治安が悪い」とネタにされたりもしていますが(笑)。

 

――本作は魅力的なPVが次々と公開されて、物語を盛り上げていますが、PV製作でのこだわりを伺えますか?

 

斉藤:銃を“怖くないもの”として描こうと考えています。黒く怖いものではなく、色のあるかわいいものとして描きたかったんです。
 そもそも、作品世界がすごく色鮮やかなので、銃や関連するものにも色をつけようと思いました。たとえば冒頭で三輪木さんが話したように、コンビニでマガジンを買うシーンでは、女子高生たちが買うものだから――と考えてカラフルにしました。一方で僕自身も銃が好きなのでリアリティやディテールにはこだわって作っています。

 

――PVをよく見ると、銃だけでなく持ち物にもこだわりがありますね。


三輪木:キーホルダーのようにハンドグレネードを下げているシーンは、個人的にツボです(笑)。
斉藤:普通の青春アニメだと、キーホルダーがフワっと宙を舞うのでしょうけど、そこがグレネードになることで『ブルーアーカイブ』の世界を説明できる絵になったと思います。
三輪木:かわいいマスコットのリュックサックを背負っているのに、サイドポケットにマガジンが挿さっていたり、物騒すぎるでしょ(笑)。いつでも戦闘できる状態なんですよね。

 

日常のなかに銃や戦車(!)が溶け込んだ世界。これがブルーアーカイブの世界観なのだ​​​​

 

 銃という要素が加わった【学園×青春×物語】がテーマのゲームアプリ『ブルーアーカイブ』。気になった方はぜひプレイして、その独特の世界観を味わっていただきたい。また月刊アームズマガジン6月号ではさらに詳しいスタッフインタビューが紹介されている。ぜひそちらも併せてチェックしていただければ幸いだ。

 

▼ PVはこちら ▼

 

 

『ブルーアーカイブ -Blue Archive-』

  • ジャンル:日常で奇跡を見つけるRPG
  • 対応プラットフォーム:iOS / Android
  • 発売:配信中(2月4日スタート)
  • 価格:基本無料(アイテム課金)
  • 配信:Yostar

©2020 NAT GAMES Co., Ltd. All Rights Reserved.
©2020 Yostar, Inc. All Rights Reserved.

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年6月号 P.74-77より加筆・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事