東京マルイ「コンパクトキャリーガスガン ボディガード380」製品レビュー

 

伝統の名を受け継ぐマイクロオートを固定スライド式ガスガンで再現

 

東京マルイ「コンパクトキャリーガスガン ボディガード380」製品レビュー

※実射シーンとインプレッションはこちらの動画をご覧ください。

 

M&Pシリーズ最小モデルを再現

 

 ファン待望の東京マルイのコンパクトキャリーガスガンシリーズがいよいよ発売される。LCPとボディガード380の2機種がラインアップされており、今回はボディガード380をピックアップしよう。

 

東京マルイ「コンパクトキャリーガスガン ボディガード380」製品レビュー

 

 実銃のボディガード380は、スミス&ウェッソンのカテゴリーのフレームサイズではマイクロに属している。M&Pシリーズの最小モデルであり、Jフレームリボルバーの傑作であるM49ボディガードの名称が受け継がれている。口径は.380ACP、ポリマーフレーム、ダブルアクションオンリーのハンマーファイア方式を採用している。フレームに内蔵されたレッドレーザーの有無で2タイプある。ちなみに同じボディガードの名が付された.38スペシャル口径のJフレームリボルバー・ボディガード38もある。

 

東京マルイ「コンパクトキャリーガスガン ボディガード380」製品レビュー
グリップは小さめだが滑り止めのテクスチャーが施されているのでホールドしやすい

 

東京マルイ「コンパクトキャリーガスガン ボディガード380」製品レビュー
実銃はフレーム前部にレーザーサイトが内蔵されている(東京マルイはダミー)

 

シリーズ共通のシンプルなメカニズム

 

 東京マルイはこのマイクロオートを固定スライド式ガスガンで再現。LCPと共通のメカニズムが採用され、トリガーは実銃と同じダブルアクションオンリーとなっている。固定ホップアップシステムが導入されたインナーバレルはインナーシャーシに固定されている。そのため、手のひらに収まってしまうほどのコンパクトサイズにもかかわらず高い命中精度を生み出している。

 

東京マルイ「コンパクトキャリーガスガン ボディガード380」製品レビュー
フルサイズオートマチックピストル並みのしっかりしたサイズのフロント/リアサイトが付属している

 

東京マルイ「コンパクトキャリーガスガン ボディガード380」製品レビュー
前方からテイクダウンレバー、スライドストップ、マニュアルセーフティとなっており、写真はセーフティオフの状態

 

東京マルイ「コンパクトキャリーガスガン ボディガード380」製品レビュー
マガジンは本体部分は共通でマガジンバンパーが各銃に沿ったものが装着されている(LCPとの互換性はない)。装弾数は10発

 

 M&Pシリーズの血筋を引くスタイリッシュな外装はリアルサイズで、実銃用ホルスターに収納可能だ。ちょっとしたムーブメントが起きる予感のするコンパクトキャリーガスガンシリーズ。LCPとボディガード380、あなたならどちらを選ぶ?

 

東京マルイ「コンパクトキャリーガスガン ボディガード380」製品レビュー

 

DATA

  • 全長:133mm
  • 全高:107mm
  • 全幅:21mm
  • 重量:270g
  • 装弾数:10発
  • 価格:税込¥8,778(近日新発売)
  • お問い合わせ先:東京マルイ


 

東京マルイ「コンパクトキャリーガスガン ボディガード380」製品レビュー
こちらはボディガード380と同じコンパクトキャリーガスガンシリーズとして登場するLCP。共通の内部メカニズムが採用されており、コンパクトながら高い命中精度を発揮する。価格も同じく税込¥8,778

 

TEXT:毛野ブースカ/アームズマガジンウェブ編集部
PHOTO:須田壱(スタジオゼット)
MODEL:乃木蛍
HAIR&MAKE UP:西田聡子
撮影協力:東京サバゲパーク

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年5月号 P.96~97より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事