M4カービンセットアップ集【Mk18&URG-1編】

 

 実物写真をもとにセットアップしたM4A1カービンをカテゴリ別に分けて紹介していく本シリーズ。今回はBLOCK2と呼ばれるアクセサリー群を装備し、より近代的な姿となったMk18とURG-1をご覧いただこう。

 

M4A1&CQB-R編はこちら

HK416編はこちら

 


 

Mk18 Mod.1

 

ベースガン:東京マルイ次世代電動ガンMk18 Mod.1

 

 Mk18 Mod.1の最大の特徴といえばダニエルディフェンスのRIS2が装着されていることだ。全長が9.5インチになったことでBLOCK1で採用されたナイツアーマメントのRIS/RASに比べて長くなり、アクセサリー類がセットアップしやすくなっている。また、M16系のシンボルである三角形型のフロントサイトがオミットされ、フリップアップタイプのフロントサイトをレールシステムに装着することになる。ただし、前後サイトを装着していない場合も多く見かけるので、装着はマストではない。今回は前後サイトを装着せずに光学機器とレーザーモジュールのみでセットアップした。

 

光学機器はSOPMODキットに含まれているエルカンスペクターDR1X-4X(UFC製¥26,000 問UFC)を装着。リアサイトはオミットした

 

M600スカウトライトとAN/PEQ-15を操作できるSOPMODキットに含まれているインサイトテクノロジーのデュアルボタンリモート(レプリカ、参考品)を左側に装着

 

フォアグリップはデュアルボタンリモートが操作しやすいようにマグプルのAFG1(PTS製、参考品)をチョイス

 

 


 

URG-I SOPMOD BLOCK3

 

ベースガン: 東京マルイ次世代電動ガン URG-I SOPMOD BLOCK3

 

 近年アメリカ軍特殊部隊で採用されているURG-I BLOCK3はマグプルが開発したアクセサリーマウンティングシステム「M-LOK」を導入したガイズリーSMR Mk16 M-LOK 13.5インチと14.5インチバレル+ミッドレングスガスシステムが採用されているのが大きな特徴だ。BLOCK2のRIS2よりもさらに汎用性がアップしている。光学機器は今回のサンプルではホロサイトのみを装着したが、VORTEXやナイトフォースのショートスコープにプラスして近距離用のドットサイトが追加されている。このあたりは民間で盛んに行なわれている3ガンマッチの影響もあるのだろう。

 

ナイトビジョンとの併用を考慮してライザー(PTS×Unity Tactical FASTマイクロライザー オープン 問PTS)を設置

 

これを介して、EOTehのホロサイトXPS3(ハリケーン製レプリカ、参考品)を装着

 

M600スカウトライトはシュアファイアのリモートスイッチ(レプリカ)をハンドガード上面に装着してコントロール。コードは引っ掛けて断線しないようにタイラップで固定

 

ハンドガード下側にはBCMのフォアグリップ(UFC BCMタイプバーティカルグリップKE YMOD/MLOK 用TAN¥1, 500 問UFC)を装着

 

 


 

 年代別のM4カービンセットアップはいかがだっただろうか? これを参考にぜひ、愛銃を理想の形にセットアップしていただければ幸いだ。また月刊アームズマガジン2021年3月号ではこのセットアップをより細部まで解説している。そちらもぜひチェックしていただきたい。

 

M4A1&CQB-R編はこちら

HK416編はこちら

 

TEXT:毛野ブースカ/アームズマガジンウェブ編集部

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年3月号 P.44~45より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事