【東京マルイ】M4カービンエアガンピックアップ!!【M4A1編】

 

 ベトナム戦争ではXM177 やCAR-15、1980年代後半にはM16A2のバリエーションであるM727を使うなどM4カービンの元祖といえるM16のショートモデルを採用してきたアメリカ軍特殊部隊。今回は1990年以降アメリカ軍特殊部隊で採用されたM4カービンとその派生型を東京マルイの電動ガン、ガスブローバックガンをもとに解説する。

 まずはその中から、基礎ともいえるM4A1モデルのエアガンを紹介していこう。

 

目次 

 

 

 


 

スタンダード電動ガン

M733コマンド

 

 

 映画『ブラックホーク・ダウン』で描かれた1993年10月に起こった「ブラックシーの戦い」においてデルタフォース隊員が使っていたのが、M16A2のショートモデルであるコルトM733だ。東京マルイはこのモデルをスタンダード電動でモデル化。A2タイプのレシーバーに施されたコマーシャルモデルの刻印をはじめ、11.5インチバレル、細身のハンドガード、XM177タイプのストックをリアルに再現している。

 

レシーバーの刻印は実銃同様コルトのコマーシャルタイプが再現されている

 

バッテリーコンパートメントはハンドガード内に設けられている

 

DATA

  • 全長:690mm/774mm(ストック伸長時)
  • 全高:255mm 
  • 全幅:70mm
  • 重量:2,550g(バッテリー含む)
  • 装弾数:68発 
  • 価格:¥29,800

 

 


 

スタンダード電動ガン

M4A1カービン

 

 

 電動ガンシリーズで人気ナンバー1のこのモデル。剛性強化と前後バランスを向上させるためアルミ一体型アウターバレル、現用アメリカ軍仕様のエンハンスドストックと6ポジションストックを装着している。

 

DATA

  • 全長:761mm/851mm(ストック伸長時)

  • 全高:255mm 

  • 全幅:70mm

  • 重量:2,950g 

  • 装弾数:68発

  • 価格:¥34,800

 

 


 

スタンダード電動ガン

M4A1 R.I.S.バージョン

 

 

 コルトM4A1カービンのハンドガードをR.I.S.に換装したモデル。レールシステムの搭載によりフラッシュライトなどが自由に装着できるようになった。レールカバー2枚とバーチカルフォアグリップが付属し、実物のレーザーサイトをモチーフにしたバッテリーケースが付属している。

 

DATA

  • 全長:761mm/851mm(ストック伸長時)
  • 全高:255mm
  • 全幅:77mm
  • 重量:3,300g
  • 装弾数:68発
  • 価格:¥39,800

 

 


 

次世代電動ガン

SOPMOD M4

 

 

 

 アサルトライフルの歴史を大きく変えたといっても過言ではないのがSOPMOD仕様のM4A1カービンだ。SOPMOD計画に基づいたナイツアーマメントが開発したピカティニースペックのレールシステム(RIS)が装着され、状況に応じてアクセサリーが付け替えられる拡張性を有している。当初は特殊部隊を中心に配備されていたが、現在では一般兵にも配備されている。東京マルイのこのモデルも実銃さながらのリコイルショックが体感できるシュート&リコイルエンジンを搭載した次世代電動ガンとしてデビューした記念すべき1挺。ダイキャスト製レシーバーをはじめとした金属製パーツが多用され、マガジン内の残弾がなくなると作動が停止するオートストップ機能も搭載され、リアルさがアップしている。

 

ミリタリーライフルに革命を起こした4面にピカティニーレールが配されたナイツアーマメントのRAS(レール・アダプター・システム)

 

専用にデザインされたSOPMODバッテリーが収納できるクレーンタイプストック

 

DATA

  • 全長:803mm/878mm(ストック伸長時)
  • 全高:260mm
  • 全幅:68mm
  • 重量:3,270g(バッテリー含む)
  • 装弾数:82発
  • 価格:¥54,800

 

 


 

次世代電動ガン

M4A1カービン

 

 

 アメリカ軍の制式アサルトライフル・M4A1カービンを次世代電動化。シュート&リコイルエンジンVer.Ⅱを搭載し、最新のエンハンスドストックを採用、バッファーチューブは6ポジションタイプを導入。ハンドガード内に新開発の8.4Vニッケル水素ミニS 1,300mAh バッテリーを収納する。

 

DATA

  • 全長:777mm/861mm(ストック伸長時)

  • 全高:258mm 

  • 全幅:68mm

  • 重量:2,970g(バッテリー含む)

  • 装弾数:82発 

  • 価格:¥49,800

 

 


 

ガスブローバックガン

M4A1カービン

 

 

 第二次世界大戦で採用されたM1以来となるカービン(騎兵銃)の名を冠した1994年に制式採用されたM4A1カービン。ピカティニースペックのトップレールが配されたアッパーレシーバーにはデタッチャブルキャリングハンドルが付き、放熱性を高めた円筒形ハンドガード、伸縮式のエンハンスドストックが装着されている。東京マルイはスタンダード電動ガン、次世代電動ガン、ガスブローバックガンでM4A1カービンをモデル化している。

 

DATA

  • 全長:777mm/854mm(ストック伸長時)
  • 全高:258mm
  • 全幅:68mm
  • 重量:2,950g
  • 装弾数:35発 
  • 価格:¥54,800

 

 


 

ガスブローバックガン

M4A1 MWS

 

 

 MWS(モジュラー・ウェポン・システム)と名付けられたR.A.S.を標準装備したM4A1カービン。レシーバーやボルトキャリアにはセラコートが施されており、内部にはボルトキャッチの破損を防ぐ「ZETシステム」を内蔵。ハードなリコイルショックに加えて実射性能は電動ガンに匹敵するほど高い。

 

DATA

  • 全長:777mm/854mm(ストック伸長時)
  • 全高:220mm
  • 全幅:65mm
  • 重量:2,900g
  • 装弾数:35発
  • 価格:¥59,800

 

 


CQBR編はこちら

HK416編はこちら

 

TEXT:毛野ブースカ / アームズマガジンウェブ編集部

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年3月号 P.28~31より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事