その他

2021/03/15

リエナクトメントのススメ vol.17【WEB版:HGG 13「1945 BATTLE OF BIZORY」イベントレポート その7】

 

 月刊アームズマガジンで連載している「リエナクトメントのススメ」。そこでは「リエナクトメント」を歴史的な事象の再現と定義し、テーマを第2次世界大戦としている。現在、世界中で第2次世界大戦をテーマとしたさまざまな「リエナクトメント」が行なわれているが、比較的参加しやすい国内のイベントを中心に紹介するとともに「リエナクトメント」の楽しさを伝えたいと考えている。

 WEB版第17回では、前回に引き続き、2016年1月23日・24日に行なわれたイベント、御殿場SVGNET主催のHGG 13「1945 BATTLE OF BIZORY」のドイツ軍の糧食再現に焦点を当てて紹介する。

 

前回の記事はこちら

 


 

HGG 13「1945 BATTLE OF BIZORY」イベントレポート~その7~

 

 

 前回に引き続き、2016年1月23日~24日に行なわれた、御殿場SVGNET主催のHGG 13「1945 BATTLE OF BIZORY」のイベントにおけるドイツ軍の糧食再現に着目して紹介する。

 

コーヒーを準備するドイツ軍糧食班

 

湯沸かし準備のため、飲料水缶から寸胴鍋に水を移し入れるドイツ軍糧食班員。分量間違いがないよう、2名で計量を行なっている

 

 コーヒー用の湯沸かし準備のため、飲料水缶から寸胴鍋に水を移し入れるドイツ軍糧食班員。常に必要量を把握し、無駄なく糧食を作ることを求められていた糧食班員は、分量の間違いを防止するための規則である「計量は2名で行なう」を遵守している。
 

コーヒーを運搬するドイツ軍糧食班

 

損害が出て余裕がない前線部隊のために、糧食班がコーヒーの運搬に赴く

 

 初日の夕食は「カルテスエッセン:kaltes Essen(火を使わない冷食)」だったので、糧食班はコーヒーを沸かすだけで仕事を終える予定であった。本来であれば前線からフードコンテナを受領にくる手筈だったが、前線は損害が出て余裕がないので、コーヒーは糧食班が運搬することとなった。
 

ドイツ軍の薪割り

 

ガソリンと異なり薪であれば現地調達が容易だが、燃料として使用するための薪割り作業に時間と人員を割く必要がある

 

 ドイツ軍糧食班の主な燃料は薪であった。現地調達が比較的容易な反面、このように薪割り作業を必要とした。薪割りやジャガイモの皮むきなどの作業は、2名の調理兵だけではこなせない場合、中隊より人員を抽出して行なわれることが多かった。
 

調理中のドイツ軍糧食班

 

支給する食料の大きさや形、数に偏りがあってはトラブルの元になりかねない。ドイツ軍の野戦調理10則の「肉を公平に支給する」に則して、均等にベーコンを切り分ける

 

 設定時期には、前線部隊に精肉を供給する屠殺中隊などの後方部隊は、すでに撤退を開始している。残り少ない肉を均等に分けるため、支給人数で割り切れる数にベーコンを切り分けている。これはドイツ軍の野戦調理10則の「肉を公平に支給する」に則したリエナクトメントである。
 

ドイツ軍の配食

 

連隊長の意向に従い温食が支給された。冷え込む状況で温かい食事が支給され嬉しそうである

 

 2日目の昼食は、部隊ごとに全員が各自の飯盒と水筒のコップを持参して、糧食班天幕前で配食された。温食支給に擲弾兵たちにも嬉しそうな表情がみられる。温かい物を喫食できる喜びを体感するのも、リエナクトメントの醍醐味の1つであると感じる。
 

ドイツ軍2日目の昼食

 

「アイントプフ」はドイツ版のポトフ。スープに食材を入れて煮込むだけなので、比較的簡単に調理できるメニューだ

 

 メニューは「アイントプフ」というスープで、末期の定番メニューである。状況的には携行食でもおかしくないが、温食支給を重視した連隊長の意向に従った設定だ。ドイツ製の肉エキスで味付けをした野菜中心のスープに、1人4切れのベーコンが添えられた。
 

取材・画像協力:御殿場SVGNET

TEXT&PHOTO:STEINER