【結果発表】読者が選ぶ! 2020年トイガン人気大賞【ハンドガン部門】

 

 アームズマガジン読者の投票によって1位が選出される「トイガン人気大賞」。月刊アームズマガジン2020年1月号から2021年2月号までにレポートされたエアガン、モデルガンすべてを対象として(前年度ノミネート銃、発売日未定の銃を除く)、過去最大の約250挺がノミネート。さらに今回はライフル、ハンドガン、モデルガンの各部門ごとに1票ずつ投票していただき、各部門ごとに順位を決定した。果たしてどの銃がNo.1に輝いたのか?

 今回は誌面と同時に、WEBでもその速報をお届けしよう。今回ご紹介するのはハンドガン部門のランキングを第5位から順番に発表しよう!!

 

 


 

第5位

タナカ

シティーハンター公式コラボレーションモデル
コルトパイソン“Ryo Saeba”
モデルペガサス式ガスガン

 

©北条司/コアミックス 1985,版権許諾証AO-210

 

 人気漫画『シティーハンター』の主人公冴羽獠が携えるコルトパイソン4インチを原作者の北条司氏とタナカとのコラボレーションにより公式モデルとして再現。ペガサス式ガスガン・コルトパイソンR-model 4インチヘビーウエイトをベースに、原作漫画におけるサイレンサー付きのパイソンが再現されている。

 

 

 


 

第4位

東京マルイ

ガスブローバックガン
M45A1ブラック

 

東京マルイ「ガスブローバックガン M45A1 ブラック」製品レビュー

 

不動の人気を誇るガバメントモデル
M45A1のオールブラックタイプがラインクイン

 

 やはりガバメントモデルはいつの時代でも人気がある。特に近年はタクティカルスタイルのカスタムガバメントがトレンドとなっている。このM45A1のブラックモデルはコルト・レールガンを思わせる雰囲気を漂わせる。スライドやフレーム、スモールパーツはブラック仕上げ。さらにアウターバレルはサテンシルバー仕上げとなっている。ブルーパターンのG10タイプグリップは特殊印刷によって再現され、握り心地も申し分ない。

 

 

 


 

第3位

東京マルイ

ガスブローバックガン
FNX-45タクティカルブラック

 

東京マルイ「ガスブローバックガンFNX-45タクティカルブラック」製品レビュー

 

マイクロプロサイトやサイレンサーが装着できる
至れり尽くせりのハンドガン

 

 アメリカ軍特殊部隊向けに開発されたFNHのFNX-45を再現したこのモデル。フラット・ダークアースカラーをまとった実銃同様のカラーリングから、フレームからスライド、スモールパーツまでブラック仕上げとなり、装備にあわせやすくなった。アンビコントロールレバーやスレーデッドバレル、交換可能なバックストラップ、蓄光式ハイプロファイルサイト、マイクロプロサイトが搭載可能などFNX-45の特徴はしっかり踏襲されている。

 

 

 


 

第2位

東京マルイ

ガスブローバックガン
グロック17 Gen.4

 

 

「この銃、当たるね!」と購入した方が口を揃えて言う
その実力に偽りなしの東京マルイの最新モデル

 

 ハイキャパシリーズに次いで人気のあるグロック17が大幅にリファインされて登場。先行して発売されたグロック19サードジェネレーションのブローバックエンジンやバレルアッセンブルをベースに、Gen.4の特徴を忠実に再現。特に実射性能はガスブローバックガンの中でもトップクラス。さらにグロック17用実物ホルスターに収納できるのもこのモデルの大きなアピールポイントとなっている。「最新モデルが最良」という言葉が当てはまる。ハンドガンが欲しい方にお薦めの1挺だ。

 

 

 


 

第1位

アクションアーミー

ガスブローバックガン
AAP01アサシン

 

アクションアーミー「ガスブローバックガン AAP01アサシン」製品レビュー

 

2020年最も話題を呼んだエアガンと言えば、
自由気ままにカスタムして遊べるこの銃だ!

 

 2020年最大のヒット作と言っても過言ではないのが、アクションアーミーのAAP01アサシンだ。これもオリジナルデザインの架空銃だが、いろいろカスタムして遊べるのが最大の魅力。全体のフォルムはブルバレル仕様のルガーMk1をイメージしつつ、グリップ周辺はグロック17をモチーフにしたオリジナルモデルだ。内部メカやマガジンはグロック17のガスブローバックガンをベースにインナーバレルは固定式、ルガーMk1と同じくボルト部分のみがブローバックする。さらにセミ・フルの切り替えも可能。各部の操作系は見た目以上に使いやすくユーザーフレンドリーなデザイン。カスタムパーツも各社から続々発売されており人気が衰えることはない。

 

 


 

 2020年のトイガン人気大賞はこのような結果となった。第6位以下のトイガンについては月刊アームズマガジン2021年4月号に掲載されているので、そちらもぜひご覧いただきたい。またライフル部門、モデルガン部門のランキング記事も掲載されるので、そちらも要チェックだ。

 

ライフル部門はこちら

モデルガン部門はこちら

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年4月号 P.82~83より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事