【自衛隊エアガン】S&T「64式小銃G3電動ガン」

 

 世界各国のさまざまな実銃を再現しているエアガン。もちろん、その中には日本を防衛する自衛隊の銃器も再現されている。今回は改めてその自衛隊で制式採用されている実銃をモデルにしたエアガンをピックアップ。詳細にレビューをしていく

 今回ご紹介するのはS&Tの「64式小銃G3電動ガン」だ。

 

 


 

最新スペックで蘇る硬派な軍用小銃
質実剛健を地で行く世界観を体感せよ

 

S&T「64式小銃G3電動ガン」製品レビュー

 

 一見すると非常に無骨なデザインだが、手にすると不思議と馴染むのが64式小銃の魅力だ。それもそのはず、戦後初めて日本人による日本人のためのデザインされた小銃だからだ。バトルライフルに分類される7.62mm弾を採用しているが、日本人にも扱いやすいよう減装弾を使用することでも有名だ。

 

S&T「64式小銃G3電動ガン」製品レビュー
レシーバー左面に施された刻印によると、採用したての1964年製であることをしめす刻印が施されている。もちろんこれはエアガンとしての成り立ちを表しているわけではない

 

S&T「64式小銃G3電動ガン」製品レビュー
バトルライフルといえども日本人に最適化されただけあって、とても構えやすいストックだ。とはいえ軽量なわけではないので、ショルダーサポートが役に立つ

 

S&T「64式小銃G3電動ガン」製品レビュー
実銃に比べると太いグリップで、チェッカリングも浅いが、リアルウッド製なのでフィーリングは良好だ。決して握りにくいグリップではない

 

 同口径のライフルといえばG3やFALが高名だが、それらと比較すると圧倒的に構えやすい。ストックのサイズやグリップとハンドガードの距離などが適切に考えられているからである。また、もう一つの特徴であるセレクターレバーは、ご存知のとおりレシーバー右側に配されている。実銃では一度引き上げてから回転させるが、このモデルも同様の操作方法を取り入れている。

 

S&T「64式小銃G3電動ガン」製品レビュー
実銃と同じく、フロントサイトは折りたたむことができる。携行する際や匍匐する際に破損することを防ぐための仕様だ。このフロントサイトを畳んだ姿も、64式のアイコニックな部分である

 

S&T「64式小銃G3電動ガン」製品レビュー
なんとも可愛いデザインのリアサイトだ。上下はピープ下のダイヤルで、左右はベース部にあるダイヤルで調整する

 

S&T「64式小銃G3電動ガン」製品レビュー
折りたたむとベース内に完全に収納される。フロントサイトと同じく、携行時や匍匐時の破損を防ぐためだ

 

S&T「64式小銃G3電動ガン」製品レビュー
これまた特徴的な、レシーバー右面に設けられたセレクター。誤作動を防ぐために右側にされ、かつ引き上げてコントロールという仕様になったという

 

S&T「64式小銃G3電動ガン」製品レビュー
エジェクションポート内にドラム式のホップ調整機構が備わっている。真上に伸びるハンドルも特徴的。ボルトのホールド機構はないので、ホップ調整の際は手でボルトを押さえる必要がある

 

S&T「64式小銃G3電動ガン」製品レビュー
マガジンは390発という容量を誇る。バイポッドも標準装備となっているので、分隊支援火器のような運用も可能だ。バトルライフルらしい大型のマガジンならではである

 

 海外メーカーのS&Tが、これだけの情熱を持って64式小銃を再現することに、いささか複雑な感情を抱く人もいるかも知れない。しかし、まずは手にとってからその評価を固めていただきたいと切に願う。

 

S&T「64式小銃G3電動ガン」製品レビュー

 

DATA

  • 全長:990mm
  • 重量:3,260g
  • 装弾数:390発
  • 価格:¥65,000
  • お問い合わせ先:UFC
    e-mail:wholesale@ufc-web.com

 

目次に戻る

 

TEXT:アームズマガジンウェブ編集部

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年2月号に掲載したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事