【自衛隊エアガン】東京マルイ「電動ガン89式5.56mm小銃シリーズ」

 

 世界各国のさまざまな実銃を再現しているエアガン。もちろん、その中には日本を防衛する自衛隊の銃器も再現されている。今回は改めてその自衛隊で制式採用されている実銃をモデルにしたエアガンをピックアップ。詳細にレビューをしていく

 今回ご紹介するのは東京マルイの「電動ガン89式5.56mm小銃シリーズ」だ。

 

 


 

訓練での使用実績もある超リアル電動ガン

 

東京マルイ「電動ガン89式5.56mm小銃シリーズ」製品レビュー
▲89式5.56mm小銃固定銃床型

 

東京マルイ「電動ガン89式5.56mm小銃シリーズ」製品レビュー
▲89式5.56mm小銃折曲銃床型

 

 89式小銃が持つ特徴の一つが3バーストポジションだろう。東京マルイ製89式小銃スタンダード電動ガンでは、機械的に3発の発射をカウントしてメカニズムをストップさせる機能が搭載されている。電気を流す時間をコントロールしたバーストユニットと違い、3バースト射撃中にトリガーを離せばストップし、また電圧による影響も受けない。これ以前にも東京マルイのラインアップではバーストを再現したモデルは存在したものの、機械制御ではなかったので安定感に欠けていた。この仕様はおそらく、より実戦的な訓練を行なううえで必要と判断されての採用だろう。

 

東京マルイ「電動ガン89式5.56mm小銃シリーズ」製品レビュー
Ver.2メカボックスをベースに開発されたVer.8メカボックスを採用している。3バーストメカニズムが特徴的で、機械式制御による確実な3バースト作動が楽しめる。クリック感のあるトリガーフィーリングも魅力的

 

東京マルイ「電動ガン89式5.56mm小銃シリーズ」製品レビュー
モーターも専用のEG1000BTモーターを採用している。バースト制御に最適なトルク特性となっており、安定感のある作動はこのモーターによるところも多い

 

東京マルイ「電動ガン89式5.56mm小銃シリーズ」製品レビュー
ベース部分からピープ部分が立ち上がる特徴的なリアサイトもリアルに再現している。もちろん上下、左右の調整が可能。調整ダイヤルも大きく、グローブをしたままでも使いやすい

 

東京マルイ「電動ガン89式5.56mm小銃シリーズ」製品レビュー
上下調整ダイヤルを操作すると、最高点の次がこの収納ポジションとなる。匍匐前進時などに破損することを防ぐための仕様だ。左右調整の目印となるメモリも設けられている

 

東京マルイ「電動ガン89式5.56mm小銃シリーズ」製品レビュー
空挺団などが採用する折曲銃床型もリアルにモデルアップ。畳んだ時のガタつきもなく、しっかりとした仕上がりだ。もちろんこのままの射撃も可能だが、ストックを伸長した安定感も捨てがたい

 

東京マルイ「電動ガン89式5.56mm小銃シリーズ」製品レビュー
スタンダード電動ガンのM4系に準拠したマガジン。30連型マガジンは69発、20連型マガジンは70発の装弾数を誇る。どちらも残弾表示孔が再現されており、リアルな雰囲気だ

 

 外寸も非常にリアルで、フルメタルボディの高い剛性とも相まって、国産現用小銃の姿を克明に表現している。すでにサバイバルゲーマーを始めとしたファンに好評をもって受け入れられているが、実は自衛隊にも納入されて訓練用装備として運用実績があるのだ。その輝かしい実績も、東京マルイの技術とコダワリがもたらした結果であろう。

 

DATA

89式5.56mm小銃固定銃床型

  • 全長:916mm
  • 全高:250mm
  • 全幅:65mm
  • 重量:3,700g(バッテリー、バイポッド含む)
  • 装弾数:69発
  • 価格:¥46,800

 

89式5.56mm小銃折曲銃床型

  • 全長:690mm/916mm(ストック展開時)
  • 全高:212mm
  • 全幅:55mm
  • 重量:3,700g(バッテリー、バイポッド含む)
  • 装弾数:70発
  • 価格:¥49,800

 

 

目次に戻る

 

TEXT:モロ☆/アームズマガジンウェブ編集部

 

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年2月号に掲載したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事