サバゲー

2021/02/12

親子で楽しめるサバゲー「ジュニアガン戦」開催レポート

 

一周回って新感覚!?

 

 各都道府県の青少年健全育成条例に適合した10歳以上用のエアガンは、サバゲーに不向きなイメージである。だがしかし! 全員がそれを使えばそこに新しい世界が広がるのだ。物好き(失礼!)の間では時折行なわれているゲームだが、ユニオンベースではイベントとして定期的に開催されている。あの広大なフィールドで…? と思うかもしれないが、そこにはジュニアガンでなければあり得ない世界が広がっていたのだ!

 

ジュニアガン戦に行こう!

 

開催日:12月27日(日)
開催地:ユニオンベース&M.E.T.ユニオン
参加人数:300人
URL:https://sabage-union.com/

 

親子参加ももちろんOK!

 

 今やユニオンベースの人気コンテンツに成長しているという「ジュニアガン戦」。レギュレーションによると、「対象年齢18歳以上のモデルはすべて使用禁止、デチューンモデルも不可」である。よって、使用できるのはメーカーが10歳以上を対象年齢としているモデルのみなのだ。使用可能なBB弾も0.15g以下と、極めてストイックであると言える。その結果、どんな世界が広がるのか? その答えはフィールドに到着した瞬間に理解した。おそらく国内、いや世界のサバイバルゲームの中で、これほど子供たちが多く参加するイベントは存在しないだろう。

 

ジュニアガン戦に行こう!
サバゲーマーには当たり前の光景である朝のミーティング。こういった経験は現場でなければ積むことはできないだろう。1日を楽しむためにも、ミーティングの内容をしっかりと把握しなければならない。そういったこともこの場で学べるのだ

 

ジュニアガン戦に行こう!
このジュニアガン戦の仕掛け人であるユニオンベースの中原氏。始めたての頃は少なかった参加者も、今では100 名を超えるイベントに成長したという。まさに継続は力なり!

 

ジュニアガン戦に行こう!
フィールド内外を問わず、スタッフは常に周囲に気を配って安全管理を徹底している。セーフティエリアでの発砲や、フィールド内でのゴーグル非着装などはジュニアガンといえど危険だ。そういったルールやマナーの徹底も抜かりない

 

 ご存知の通り、銃刀法だけでなく各都道府県が制定する青少年健全育成条例に対応すべく各メーカーが力を入れている10歳以上用モデル。そのパワーは必要最小限なため、飛距離こそ18歳以上用に敵わないものの、被弾した時にあまり痛みを感じることもなく、だからこそ近距離での積極的な撃ち合いができる。そしてランニングコストも低く、専用のバイオ弾はもちろん、銃本体もリーズナブルなのでサバゲーデビューにはもってこいなのだ。参加者全員が10歳以上用モデルなので、デビューの環境はとても整っているのである。さらに、レンタルの10歳以上用エアガンも用意されているので、手ぶらで参加もできるのだ。

 

ゲームは楽しく、マナーは厳しく

 

 この日もほとんどが親子連れのファミリーであり、中には小学生らの姿も見られた。そういう意味ではとても幅広い年齢層で構成されていたのがとても印象的であった。

 

ジュニアガン戦に行こう!
ゲームスタート! 飛距離が伸びないジュニアガンだけにポジションが重要になってくる。我先にと最前線へと飛び出していき有利なポジションから相手チームの進行を食い止めるのだ!!

 

ジュニアガン戦に行こう!
時にはこんな近距離での撃ち合いも! とはいえ、ローパワーでの撃ち合いなのでそれほど痛くない。撃つ方も撃たれる方も自然と笑いがこみ上げてくる。これこそがサバイバルゲームの根源的な楽しさだろう

 

ジュニアガン戦に行こう!
この日注目のゲームが「子供対大人戦」である。大人チームが守るフラッグを目指して子供チームが攻め上げる! 子供はもちろんだが、大人チームにはサバゲー未経験の父母も参加しているのだ

 

ジュニアガン戦に行こう!
子供チームを迎え撃つ大人たちも使用するのはジュニアガンである。ここはより活動的な子供たちに分があるか? 積極的に距離を詰めてくる子供チームに大人たちはタジタジである

 

ジュニアガン戦に行こう!
奥に見えるフラッグへと殺到する子供チーム。勢いに押された大人チームは総崩れとなりこのゲームは見事に子供チームが勝利を収めた!

 

ジュニアガン戦に行こう!
ヒットされた大人はキャットウォークからフィールドを見守り、我が子の活躍に目を細める。昨今の情勢下では運動会が中止になってしまったところも多いだろう。そんな中でこうした親子で楽しめるアクティビティは貴重である

 

 毎日顔を合わせる「家族」という枠組みは、時として日常化しすぎるが故のすれ違いやストレスを生んでしまう。それが家族内でのコミュニケーションを難しくしてしまう一因でもあるが、このサバイバルゲームという遊びには、非日常感とコミュニケーションが高次元で同居している。子供たちは親たちの普段見ることができない一面を垣間見ることができ、親たちは子供たちの成長を実感することができるだろう。その証拠にフィールド内やセーフティエリアでは笑顔が絶えず、終始和やかな雰囲気に包まれていた。

 

ジュニアガン戦に行こう!
昼の休憩時に行なわれた抽選会では多数の豪華な景品が振る舞われた。一年間有効のチケットや10歳以上用電動ガン、バイオ弾などがラッキーな参加者に配られたのだ。中にはユニオンベースオリジナルのTシャツも!

 

ジュニアガン戦に行こう!
この日は定例会ではなくイベントであったので多数の出展企業が軒を連ねていた。Asian Cafe BOON もそのひとつで、タコスやルーローハン、綿あめを販売していた

 

ジュニアガン戦に行こう!
この日ゲストプレイヤーとしても参加していた黒綿あめ氏。彼が経営する居酒屋L-96(えるくろ)も出展。ゲームを盛り上げるだけでなく参加者の胃袋も満たしていた

 

ジュニアガン戦に行こう!
今日がサバゲーデビューという久保木一家さん。参加するまでは弾が当たると痛そうだと思っていたそうだが、それほどでもなくて安心したとのこと。お子さんだけでなく親御さんもサバゲー初体験とのことだが、エアガンによる性能差も少なく痛みも少ないジュニアガン戦はデビューに最適だ

 

ジュニアガン戦に行こう!
第23義勇親衛隊という物々しいチーム名が表す通り、軍装で固めたチーム。このジュニアガン戦で知り合っていったチームとのこと。装備品は実物も揃えてかなりリアルな雰囲気だ。もちろんすべてジュニアガンを使用している

 

 熟練したスタッフが徹底的に目を光らせており、セーフティエリア内での所作やフィールド内でのゴーグル着装といったルールを徹底していたことは非常に重要である。ローパワーとはいえエアガンをどう扱うかということを学ぶ場としても適しているのである。
 そして何よりゲームそのものが楽しい。細かいテクニックなど気にせず、相手が見えるくらいの近距離でとにかく撃ち合う。パワーが低いのでもしかしたら着弾に気が付かないこともあるかもしれないが、それもお互い様だ。そんな平和な空気感が漂うサバイバルゲームはこのイベントを育ててきたユニオンベースの中原氏をはじめとしたスタッフ諸氏の努力の賜物といえるだろう。

 

Photo&TEXT:モロ☆/アームズマガジンウェブ編集部

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年3月号 P.170~171より抜粋・再編集したものです。