サバゲー

2021/02/11

夜の遊園地で光線銃サバゲー!!「ファスガン」開催レポート

 

ファスガン
レーザータグサバゲー

 

 2020年12月12日(土)に岐阜県美濃加茂市にある「ぎふ清流里山公園」において、テーマパーク主催のイベントとして「ファスガン」という光線銃を使ったサバゲーが開催された。その様子をレポートしよう。

 

弾の出ない光線銃でリアル遊園地サバゲー!  ファスガン レーザータグサバゲ

 

日時:12月12日(土)
主催・場所:ぎふ清流里山公園
〒505-0003 岐阜県美濃加茂市山之上町2292番地1

 

弾の出ない光線銃でリアル遊園地サバゲー!  ファスガン レーザータグサバゲ
会場となる「ぎふ清流里山公園」。普段なら家族連れをはじめとして多くの人たちが行き交うまさにテーマパークだ

 

 今回のイベントの舞台である「ぎふ清流里山公園」とは、中部地方の方には旧愛称の日本昭和村という名称でお馴染みかもしれない。2018年に運営母体が変わり、名称も変更され現在はシダックスグループが指定管理者として運営している。生きた公共施設であるテーマパークでサバゲーをするという、サバゲーマーなら誰もが1度は空想する遊園地でのサバゲー。そんな夢が叶ったとも言えるイベントの様子をお伝えしていこう。

 

「ファスガン」とは?

 

 まず最初に「ファスガン」というシステムについて説明しよう。ここでいう「ファスガン」というのは静岡県三島市に本拠地を置く「ファーストスナイパー」という中古エアガンショップのオーナーである原さんが独自に開発したデバイスを使うことで通常のエアガンを光線銃として使用できるようになるという画期的なものである。

 

弾の出ない光線銃でリアル遊園地サバゲー!  ファスガン レーザータグサバゲ
ファスガン開発者であるファーストスナイパー代表の原さん

 

弾の出ない光線銃でリアル遊園地サバゲー!  ファスガン レーザータグサバゲ
ファスガンとはエアガンを光線銃にしてしまうデバイスのことだ

 

 この光線銃ユニットは、市販されているエアガン(14mm正逆のネジ)にそのままに取り付けることができる。そして、デバイスから発射された光線を頭部に巻きつけた受光部が感知することでヒットとなり、赤い点滅に加え搭載されたスピーカーから「退場してください」というまことに機械チックな音声が流れる仕組み。このスピーカーからはその他にも銃声や弾丸の風切り音などの音声が流れる仕組みになっている。

 

弾の出ない光線銃でリアル遊園地サバゲー!  ファスガン レーザータグサバゲ
電動やガスブローバックを問わず光線銃になったエアガンのゼロインをする。この時、参加者は初めて光線銃として換装された自分のエアガンを使い、その長距離での射撃を体感するのだ

 

弾の出ない光線銃でリアル遊園地サバゲー!  ファスガン レーザータグサバゲ
ゼロイン用ターゲットに向けて射撃するとユニットから光線が射出される。光線がヒットするとターゲットが光り、暗闇の中に浮かび上がる

 

弾の出ない光線銃でリアル遊園地サバゲー!  ファスガン レーザータグサバゲ
ヒットしたことを赤いライトの点滅と機械音声で知らせてくれる受光部。頭に装着してゲームするのだ

 

 このファーストスナイパーのファスガンは現在のところ6ポイントヒット制となっている。スナイパーライフルだと1被弾でヒット、アサルトライフルだと3被弾でヒットになるように、銃器の特性に合わせてゲームバランスが調整されている。
 また、夜戦においてはナイトビジョンなどの機器を有するか、裸眼で戦うかでもヒットポイントにハンデをつけてバランスを調整し、一方的な戦いにならないように配慮している。

 

弾の出ない光線銃でリアル遊園地サバゲー!  ファスガン レーザータグサバゲ
各チーム色分けされたグループに分かれてスタートポイントに移動する

 

弾の出ない光線銃でリアル遊園地サバゲー!  ファスガン レーザータグサバゲ
ゲームが開始されると一斉に参加者らが施設に展開していく

 

弾の出ない光線銃でリアル遊園地サバゲー!  ファスガン レーザータグサバゲ
ゲームスタート時間は午後7時。あたりはもう真っ暗だ。しかし、施設の中には街灯や建物からこぼれる光、自動販売機などの灯が点在しており、その光をどう味方につけるか。その使い方がゲーム展開のキーとなるローライト環境だ

 

弾の出ない光線銃でリアル遊園地サバゲー!  ファスガン レーザータグサバゲ
一度火蓋が切られ交戦が始まると、ヘッドセットに仕込まれたスピーカーから出る銃声があたり一面に響き渡り、敵味方の光線銃ユニットから発光する光と音響でけたたましくなり、まるで映画のワンシーンのようだ

 

弾の出ない光線銃でリアル遊園地サバゲー!  ファスガン レーザータグサバゲ
闇の中を進む参加者ら。自然の地形をそのままフィールドとして使用しているため、足元に気をつけながら進んでいく

 

弾の出ない光線銃でリアル遊園地サバゲー!  ファスガン レーザータグサバゲ
通常のサバゲと異なり、200mほど離れた場所から狙撃を成功させた参加者もいる。目視では見えないような数百m先から狙撃されることもあるため、移動も索敵も慎重にしていく

 

弾の出ない光線銃でリアル遊園地サバゲー!  ファスガン レーザータグサバゲ
このファスガンはBB弾などの物理的な弾丸を発射することがないので、ゴーグルやフェイスガードの装備が必須ではない。そのため、軍装などでかっちりと装備を固めたサバゲーマーは特に写真映えがいいなと感じた

 

 サバゲー経験者であれば、誰しもが一度くらいは空想したことのあるテーマパークでのゲームは約6時間にも及んだ。12月の極寒の中、熱いゲーム展開を繰り広げた参加者からは楽しい、面白いという感想であふれていた。このために関東からはるばる遠征してきたという参加者は「実際のテーマパークを使ったサバゲーを一度やってみたかった。このために岐阜まで遠征してきてよかった」という感想や、「エアガンの射程よりもはるかに遠くの距離で撃ち合いをする光線銃サバゲーで新しい世界が開けた」などの感想が聞かれた。

 

PHOTO&TEXT:MIBULO/アームズマガジンウェブ編集部

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年3月号 P.168~169より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事