KSC「Cz75アキュライズ1 ヘビーウエイトガスブローバックガン」製品レビュー

 

ショートレールベースのヴィンテージカスタム

 

KSC「Cz75アキュライズ1 ヘビーウエイトガスブローバックガン」製品レビュー

 

 Cz75は1975年に旧共産圏のチェコスロバキアで開発された9mmオートピストルだ。共産圏であるがゆえにコストをあまり気にせず作られたカスタムガンのような銃として注目された。工作精度が高く、手にしっくりと馴染み、射撃精度も高い。

 

KSC「Cz75アキュライズ1 ヘビーウエイトガスブローバックガン」製品レビュー

 

 これを.45オートの神様ジェフ・クーパーが絶賛したことから人気が高まり、アメリカでは入手しにくいことも重なって、さらに人気が過熱していったとされる。日本でも同様に人気が高まり、様々なタイプのトイガンが作られ、熱狂的なファン、Cz使いを指すシーゼッターなる言葉まで生まれたほどだった。

 

KSC「Cz75アキュライズ1 ヘビーウエイトガスブローバックガン」製品レビュー
別名ショートレールと呼ばれるファーストタイプ特有の大きくカットされたスライドとフレーム

 

KSC「Cz75アキュライズ1 ヘビーウエイトガスブローバックガン」製品レビュー
スライドを引くとロングリコイルスプリングガイドが現れる

 

 KSCも早くからCz75をトイガン化していたが、この度、ショートレールと呼ばれる初期型をベースにした、1980年代なコンバットカスタム、アキュライズ1を発売することになった。ホワイトライン入り旧ハイニータイプリアサイト、厚底の真鍮製マガジンバンパー、Czクローンから移植されたロングスライドストップなど、当時を感じさせるカスタムポイントの数々はオールドファンならずとも食指が動くはず。限定生産のため、手に入れたいならできるだけお早めに!

 

KSC「Cz75アキュライズ1 ヘビーウエイトガスブローバックガン」製品レビュー
リアサイトは旧ハイニータイプ。大型で狙いやすく、背面には反射防止のセレーションとホワイトライン入り

 

KSC「Cz75アキュライズ1 ヘビーウエイトガスブローバックガン」製品レビュー
マガジンを抜けやすくするウエイトも兼ねる真鍮製マガジンバンパーが装着されている

 

KSC「Cz75アキュライズ1 ヘビーウエイトガスブローバックガン」製品レビュー

 

DATA

  • 全長:206mm
  • 全高:147mm
  • 全幅:35mm
  • 重量:900g
  • 装弾数:23発
  • 価格:¥29,500(限定販売品)
  • お問い合わせ先:KSC

 

TEXT:アームズマガジンウェブ編集部
PHOTO:広中惟磨(スタジオゼット)
MODEL:斉門里奈
HAIR&MAKE UP:西田聡子

 

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年3月号 P.88より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事