ウエスタンアームズ「ウィルソンタクティカルスーパーグレード ガスブローバックガン」製品レビュー

 

その名に違わぬクオリティ!最高峰のコンバット1911

 

WA「ウィルソンタクティカルスーパーグレード ガスブローバックガン」製品レビュー

 

 もともと「スーパーグレード」の名はカスタムビルダーであるウィルソンコンバットのバリエーション中でもトップモデルに冠される名だ。何せこのモデル、実銃ではなんと5,000ドルもする超高級モデルである。そんなモデルに挑戦するウエスタンアームズの気概が今、この手に握られているのだ。

 

WA「ウィルソンタクティカルスーパーグレード ガスブローバックガン」製品レビュー

 

 いつものように、ずしりとした重量感やひんやりとした肌触り。それらはエアガン離れしたリアリティをたたえている。おそらく同社のラインアップでもトップラインに位置するこのモデルだが、成り立ちは実銃と大いに異なるだろう。しかし、神が宿るディテールによって実銃の空気感を表現しているのだ。

 

WA「ウィルソンタクティカルスーパーグレード ガスブローバックガン」製品レビュー
ブラックのボディに映える、シルバー仕上げのバレルブッシングとリコイルプラグ、スプリングガイド。ブッシングには「WILSON」の文字が配される

 

WA「ウィルソンタクティカルスーパーグレード ガスブローバックガン」製品レビュー
右面にはモデル名を表す刻印が施される。実銃の中でも特に高級品であるこのモデルは、華美な装飾が施される訳ではない。あくまで「実用品」なのだ

 

 ウエスタンアームズの製品に食指が伸びるガバ好きな読者諸兄にあっては、このモデルがどんなパーツ構成で成立しているかは一見して見破れるだろう。それ以上に申し上げたいのは、表面仕上げと機械加工である。セレーションの類いはすべて機械加工によるもので、エッジの立ち方は半端ではない。そして塗装を施さずに素材感を活かして仕上げられた外装は、樹脂であることを忘れるほどの仕上がりだ。

 

WA「ウィルソンタクティカルスーパーグレード ガスブローバックガン」製品レビュー
スライドトップのセレーションはハレーション防止のために施されている。もちろん機械加工によるものなので、真っ直ぐに引かれたラインが心地いい

 

WA「ウィルソンタクティカルスーパーグレード ガスブローバックガン」製品レビュー
サイトはもちろんウィルソンタイプだ。あえてアジャスタブルではないあたりが、コンバットハンドガンとしての矜恃を表している

 

WA「ウィルソンタクティカルスーパーグレード ガスブローバックガン」製品レビュー
トリガーガード後方のくぼみには、生々しいツールマークが残る。これぞ機械加工の証である。3ホールトリガーもウィルソンらしい仕様だ

 

WA「ウィルソンタクティカルスーパーグレード ガスブローバックガン」製品レビュー
ビーバーテールグリップセーフティやアンビセーフティ、スピードハンマーにスライドエンドのセレーションなど、カスタムらしい要素が満載だ

 

 カーボンブラックヘビーウエイト樹脂の特性上、この表面処理を長持ちさせるためには、使った後に表面を磨いてシリコンオイル等で保護する必要がある。もちろんこれは酸化を防ぐためなのだが、言い換えれば長くその輝きが維持されることは、いかに愛着を持って接してきたかを示す証でもあるのだ。そのプロセスもまるで実銃のそれである。趣味の相棒として、これほど心強いモデルもないだろう。

 

WA「ウィルソンタクティカルスーパーグレード ガスブローバックガン」製品レビュー

 

DATA

  • 全長:220mm
  • 全高:114mm
  • 全幅:35mm
  • 重量:967g
  • 装弾数:23発
  • 価格:¥43,000
  • お問い合わせ先:WA渋谷店 TEL03-3407-5922

 

TEXT:モロ☆/アームズマガジンウェブ編集部

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年3月号 P.92~93より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事