CYMA「M16A4 フルメタル電動ガン」製品レビュー

 

現用アメリカ軍M16A4をリアルに再現した電動ガン

 

CYMA「M16A4 フルメタル電動ガン」製品レビュー

 

 アメリカ軍の主力小銃として確固たる地位を確立したM16シリーズは、20インチのバレル長を持つフルサイズライフルから始まった。M16からA1、そしてA2へと発展し、M4カービンでは対応できない状況や中距離をカバーする目的で現在でも一定数が使用され続けている。
 特にA2からは技能の高い兵士が使用することが多くなったことで、一般兵向けだった3バーストモードからフルオートモードへの変更、光学機器が搭載できるアッパーレシーバーの採用など改良を重ねた。後にコルトの経営危機を経てFNが製造することとなり、現在はA4にまで進化している。そんなM16A4をCYMAは電動ガンで再現。

 

CYMA「M16A4 フルメタル電動ガン」製品レビュー
メタルフレームには官給品仕様のFN刻印がリアルに入れられているので、通常のM16とは違う雰囲気が漂う

 

CYMA「M16A4 フルメタル電動ガン」製品レビュー
キャリングハンドルを外すとトップレールが現れ、オプティクスの搭載を可能にする

 

CYMA「M16A4 フルメタル電動ガン」製品レビュー
円筒形のハンドガードはA2タイプのものだ。拡張性はないがどこを握っても同一の感覚を得られる優れたアイテムだ

 

CYMA「M16A4 フルメタル電動ガン」製品レビュー
フィクスドストックもハンドガードやグリップと同様の表面処理が施されている。バットプレートのチェッカーも綺麗に処理されている

 

 一見すると官給品を模した何の変哲もない電動ガンだが、メタルレシーバーが標準装備され本体の強度も高く、トップレールには好みの光学機器が搭載可能。固定ストックは常に固定されたフォームが取れるので「狙って撃つ」の基本を忠実に行なえる。質素な外観とバージョン2メカボックスのシンプルな組み合わせは“永遠の定番”。カスタムベースとしても魅力のモデルだ。

 

CYMA「M16A4 フルメタル電動ガン」製品レビュー

 

DATA

  • 全長:1,000mm
  • 重量:3,240g
  • 装弾数:300発
  • 価格:¥25,000
  • お問い合わせ先:UFC
    e-mail:wholesale@ufc-web.com

 

TEXT:IRON SIGHT/アームズマガジンウェブ編集部

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年3月号 P.89より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事