【再掲・全文掲載】KSC「タイプ54アーリークローン ヘビーウエイト ガスブローバックガン」製品レビュー

 

 毎月、数えきれないほどの新作が発表されるトイガン。これはその中で特に注目を集めたトイガンをピックアップし、改めて紹介するコーナーである。今回、紹介するのはKSCの「タイプ54アーリークローン ヘビーウエイト ガスブローバックガン」。この銃は抜粋記事をすでに公開しているが、「月刊アームズマガジン2020年12月号」にて掲載されたレポートを特別に全文掲載する。

 


 

長年、中国軍に君臨した制式軍用拳銃!

 

KSC「タイプ54アーリークローン ヘビーウエイト ガスブローバックガン」製品レビュー

 

KSC「タイプ54アーリークローン ヘビーウエイト ガスブローバックガン」製品レビュー

 

KSC「タイプ54アーリークローン ヘビーウエイト ガスブローバックガン」製品レビュー

 

 

ソ連生まれの拳銃を中国で国産化


 トカレフTT33は、FN M1906とコルト・ガバメントをベースに1933年にソビエト連邦で完成された。それが軍用拳銃として制式採用され第二次世界大戦を経て戦後はワルシャワ条約機構加盟国の標準ピストルとなった。朝鮮戦争でも北朝鮮軍と中国軍に支給され、その後、中国で国産化され、五四式手槍の呼称で制式採用。ガバメントと比較してみると、徹底した省力化、簡略化が図られ、手動のセーフティさえ持たない潔さだ。ただユニットとしてハンマーやシアーが一体で取り出せる点は高く評価されている。

 

KSC「タイプ54アーリークローン ヘビーウエイト ガスブローバックガン」製品レビュー
スライド上面に漢字で五四式の文字

 

KSC「タイプ54アーリークローン ヘビーウエイト ガスブローバックガン」製品レビュー
スライド左側には英文でチャイナとノリンコの文字

 

KSC「タイプ54アーリークローン ヘビーウエイト ガスブローバックガン」製品レビュー
スライド右は輸入業者の刻印か

 

旧共産圏の銃に強いKSC?

 

 KSCは人気のAK74はもちろんとして、マカロフPM、トカレフTT33などマニアックな銃もトイガン化しているメーカー。そしてそれぞれシリーズ展開もしていて、TT33にもバリエーションは多い。そして今回新たに加わるのが、中国軍が採用した五四式手槍=タイプ54。しかもよりオリジナルのTT33に近い輸出バージョンをピックアップし、漢字と英文字が混在する刻印を正確に再現、バレルもクロームめっきとした。さらには、ハリウッドスタイルの木製グリップを装着するため、国内の実銃狩猟用ストックを製造しているメーカーに依頼、オールドファッションな雰囲気を漂わせることに成功している。限定品のため、お求めはお早めに。

 

KSC「タイプ54アーリークローン ヘビーウエイト ガスブローバックガン」製品レビュー
クロームメッキされ金属感あふれるバレルには、ライフリングも再現

 

KSC「タイプ54アーリークローン ヘビーウエイト ガスブローバックガン」製品レビュー
撃針もキッチリ再現。リアサイトはUノッチだ

 

KSC「タイプ54アーリークローン ヘビーウエイト ガスブローバックガン」製品レビュー
非常に上質な木製グリップ。チェッカリングも鋭く、手によくくいつく

 

 

DATA

  • 全長:195mm
  • 全高:135mm
  • 全幅:33mm
  • 重量:675g
  • 装弾数:10発
  • 価格:¥25,800
  • お問い合わせ先:KSC

 

 

  • 集弾性:135mm(8m)

 

 

  • 平均値:71.6m/s(0.51J)

※気温27℃ 東京マルイ0.20g弾使

 

TEXT:アームズマガジンウェブ編集部
PHOTO:須田壱(スタジオゼット)
MODEL:東城咲耶子
HAIR & MAKE UP:西田聡子
撮影協力:アストレア

 

 

この記事は月刊アームズマガジン2020年12月号 P.89より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事