その他

2021/01/21

Nerf新製品「エコーCS-10」を試し打ち!!

 

圧倒的扱いやすさ! エコーCS-10!!

 

 今回、スポンジの弾で撃ち合うサバゲーイベント「Nerfサバ」を開催している私のもとに、またまた大きな箱が届いた。恐る恐る開けてみると…長モノのナーフが!? ハズブロジャパンさん、ありがとうございます! ということで、普段からお世話になっているBravePoint台場店さんにお邪魔して使用してみた。

 

Nerfサバ主催者がNerf新製品をレビュー!

 

使いやすさを重視したエコーCS-10

 

 ナーフといえば、アメリカを中心に流行している有名なシューティングトイガンだ。かくいう筆者も「Nerfサバ」を立ち上げて遊んでいる愛好家である。
 撃ち出される弾は「ダーツ」と呼ばれるスポンジ弾で、当たってもBB弾と違いあまり痛みは感じない。痛いのが苦手だけれども撃ち合いを体験したい人にとっては、非常に有用なアイテムだといえる。

 今までにもさまざまなラインアップのナーフを紹介してきたが、今回また新しい製品が手元に届いたというわけだ。

 

 

Nerfサバ主催者がNerf新製品をレビュー!
ハズブロジャパンさんより筆者宛に届いた「エコーCS-10」

 

 今回、筆者モエガミのもとにハズブロジャパン合同会社より届いたナーフ新商品の「エコーCS-10」。前回「Nerf ULTRA ONE」が届いた時もそうであったが、届いた以上は使いたくなるのが心情であろう。というわけで、届いたその日にサバゲースタジオ「BravePoint台場店」にお邪魔して実際に使用感を確かめてみた。

 

Nerfサバ主催者がNerf新製品をレビュー!
12月12日に新装開店したBravePoint台場店。牢獄をイメージしたサバゲースタジオは映画のセットのようで初心者から経験者まで楽しむことができる

 

Nerfサバ主催者がNerf新製品をレビュー!
今回のリニューアルに合わせて、なんとスタジオAに戦闘ヘリが導入されている。ぜひ遊びに行ってみてほしい

 

Nerfサバ主催者がNerf新製品をレビュー!
これが「エコーCS-10」。形状は未来的なフォルムのアサルトライフルだ

 

Nerfサバ主催者がNerf新製品をレビュー!
実際に持ってみた。重さは1.3kgとのことだが意外と軽く感じる

 

Nerfサバ主催者がNerf新製品をレビュー!
全体の重さのバランスがよいのか、片手でも扱いやすい

 

 BravePoint台場店で実際に「エコーCS-10」を使用してみた感想としては、まず自然に構えやすいということだ。普段からサバゲーでアサルトライフルを使用している身としては、ストック付きでアサルトライフルと同じ形状の「エコーCS-10」は違和感なく使用できるものであった。

 

Nerfサバ主催者がNerf新製品をレビュー!
実際に構えた時もスムーズにターゲットを狙える

 

 ダーツの飛距離も27mほどあり、インドアでの撃ち合いに関してはなんら問題のない仕様だ。とくに弾道はスムーズに真っ直ぐ飛ぶため、ターゲットを狙って遊ぶナーフゲームでも撃っていて非常に楽しいものであることは間違いない。

 

Nerfサバ主催者がNerf新製品をレビュー!
ストレートダウンも違和感がない

 

 今モデルのカラーリングは比較的落ち着いているので、シックな色合いを好む人にも刺さりそうな見た目となっている。小学生ぐらいのお子様とも気軽に楽しむことができるのはナーフならではだ。より安全に小さいお子様と一緒に楽しみたい方は、ナーフで遊んでみるのもよいかもしれない。

 

Nerfサバ主催者がNerf新製品をレビュー!
次回の「Nerfサバ」が楽しみだ!

 

TEXT:モエガミ/アームズマガジンウェブ編集部
撮影場所:BravePoint台場店

 

 

この記事は月刊アームズマガジン2021年2月号 P.183より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事