エラン「コルト1911ガバメント シリーズ80ステンレスモデル」製品レビュー

 

メッキバレルが搭載されたステンレスモデルが登場

 

エラン「コルト1911ガバメント シリーズ80ステンレスモデル」製品レビュー

 

特徴的なツートンカラー

 

 トラディショナルからモダンまで幅広くラインアップしているエランのコルトガバメントに、シリーズ80のステンレスモデルが加わる。このモデルはシリーズ80の中でもマークⅣからM1991A1に移行し、現行のXSEシリーズに至るまでの2000年代に製造された過渡期的なモデルだ。

 

エラン「コルト1911ガバメント シリーズ80ステンレスモデル」製品レビュー

 

 M1991A1のハイプロファイルタイプサイトやポリマー製グリップ、ロングトリガーが付属しており、スライド側面の刻印がマークⅣともM1991A1とも異なるレタリングなのが特徴だ。表面は側面はポリッシュされ、その他は梨地のマット仕上げのツートンカラーとなっている。
 エランはこのモデルをゴールドカップナショナルマッチステンレスモデルで導入された塗装仕上げで再現。色合いだけではなく梨地の雰囲気や、コントラストがはっきりした独特なカラーリングとなっている。

 

エラン「コルト1911ガバメント シリーズ80ステンレスモデル」製品レビュー
M1991A1シリーズともXSEシリーズとも異なるスライド左側の刻印

 

エラン「コルト1911ガバメント シリーズ80ステンレスモデル」製品レビュー
ホワイトドット入りのハイプロファイルタイプのフロントサイト

 

エラン「コルト1911ガバメント シリーズ80ステンレスモデル」製品レビュー
フロントサイト同様、リアサイトもホワイトドット入りのハイプロファイルタイプ

 

エラン「コルト1911ガバメント シリーズ80ステンレスモデル」製品レビュー
メッキバレルはメッキが施されたスリーブを被せることで従来品にはないリアルさを醸し出している

 

 バレルは新たに開発されたメッキバレルによりリアリティがアップ。M1991A1の面影を残すスモールパーツが再現され、ステンレス製マガジンが付属する。さらに新型シアスプリングが導入され、実銃に近いトリガータッチとディスコネクターへの抵抗が軽減されたことでスムーズなアクションを実現している。
 モダンモデルらしい佇まいのこのモデルはコレクションに加えておきたい1挺だ。

 

エラン「コルト1911ガバメント シリーズ80ステンレスモデル」製品レビュー

 

DATA

  • 全長:220mm
  • 全高:190mm
  • 全幅:33mm
  • 重量:980g
  • 装弾数:7発
  • 価格:¥220,000
  • お問い合わせ先:エラン

 

TEXT:毛野ブースカ/アームズマガジンウェブ編集部

 


 

月刊アームズマガジン2月号のご購入はこちら

この記事は月刊アームズマガジン2021年2月号 P.102より抜粋・再編集したものです。

Twitter

RELATED NEWS 関連記事