その他

2020/11/16

800点以上のナイフを掲載! 「ナイフカタログ2021」11月16日(月)発売

 

 人類最古の道具ともいわれている刃物。なかでも「ナイフ」は、その多様性から多くの場面で活躍してきており、現在、日本国内でも多くのナイフが製造、販売をされている。『ナイフカタログ2021』では、国内で入手できるファクトリーナイフを中心に紹介している。今回はその概要をご紹介しよう。

 

ファクトリーナイフ総合カタログ

 

ナイフカタログ2021

 

 メインとなるカタログページでは、国内で手に入るナイフを約830点掲載している。どれも実用的で美しく、見ているだけで思わずため息がこぼれるほどだ。紹介しているブランドは以下の通りだ。 

 

【掲載ブランド】

  • IC. CUT /アイシーカット
  • ALEX KNIVES /アレックスナイヴス
  • 今井誠造/いまいせいぞう
  • WILLIAM HENRY/ウィリアム・ヘンリー
  • WINCHESTER /ウィンチェスター
  • EXTREMA RATIO/エクストレマラティオ
  • EMERSON /エマーソン
  • MCUSTA /エムカスタ
  • OPINEL /オピネル
  • ONTARIO /オンタリオ
  • KERSHAW /カーショー
  • GERBER /ガーバー
  • CAMILLUS /カミラス
  • 菊水/きくすい
  • KIKU KNIVES /キクナイヴス
  • CHRIS REEVE /クリス・リーブ
  • CASE /ケース
  • COLD STEEL /コールドスチール
  • 佐治武士/さじたけし
  • SUNNY /サニー
  • CRKT /シーアールケイティー
  • G.SAKAI /ジー・サカイ
  • CITADEL /シタデル
  • JOKER /ジョーカー
  • SPYDERCO /スパイダルコ
  • SPARTAN BLADES/スパルタンブレード
  • SMITH&WESSON/スミス&ウェッソン
  • 関兼常/せきかねつね
  • SOG /ソグ
  • 柘植ナイフ/ツゲナイフ
  • DEEJO /ディージョ
  • NORTH MAN /ノースマン
  • BUCK /バック
  • 服部刃物/はっとりはもの
  • HUNGARY CUSTOM KNIFE /ハンガリー カスタムナイフ
  • 肥後守・永尾カネコマ/ひごのかみ・ながおかねこま
  • VICTORINOX /ビクトリノックス
  • FOX /フォックス
  • BERETTA /ベレッタ
  • BENCHMADE /ベンチメイド
  • BOKER /ボーカー
  • HOGUE /ホーグ
  • MASERIN /マセリン
  • MUERA /ムエラ
  • MOKI /モキ
  • MORAKNIV /モーラナイフ
  • YOSHI CUSTOM KNIFE/嘉カスタムナイフ
  • YOSHI KNIFE / YOSHIナイフ
  • LAGUIOLE /ライヨール
  • RYWORX / ライワークス
  • RANDALL /ランドール
  • RICK HINDERER/リック・ヒンダラー
  • RED ORCA /レッドオルカ
  • REMINGTON /レミントン
  • ROCK STEAD /ロックステッド
  • LONE WOLF /ロンウルフ

 

「KIKU KNIVES meets “さばいどる”かほなん」

 

ナイフカタログ2021

 

ナイフカタログ2021


 “さばいどる”かほなんが、KIKU KNIVESとのコラボで作り上げた愛用のさばいどるナイフをフィールドテスト!! その1日に同行させてもらった。ナイフに求める性能など、彼女の感性に迫る。

 

さばいどる かほなん
YouTube「さばいどるチャンネル
「キャンプ、釣り、登山などの野遊び」が好きなことを生かして、本気で無人島生活を目指すアイドルとして、YouTubeを中心に情報発信。登録者は30万人以上。

 

松田菊男(まつだ きくお)
WEB「KIKU KNIVES
KIKU KNIVES主宰。世界的な刃物の街、岐阜県関市でナイフの「削り」の職人として数多くのファクトリーやカスタムナイフのブレードの削りを担う。国内外のメーカーから絶賛される技術力をベースに自らナイフを手掛け、独創的なデザインが認められて一躍人気作家に。

 


「使う/集める/作る ナイフの楽しみ方」

 

 

ナイフカタログ2021

 

 ナイフの楽しみ方は百人百様。それぞれのスタイルを持つ方々に、その楽しみ方を聞いてみた。使う達人、集める達人、作る達人からナイフの魅力を感じてもらいたい。

 


 

 以上、紹介した他にもナイフショーのレポートやナイフ用語集などのコンテンツを盛り込んでいる。ナイフカタログとしても、ナイフの楽しさを伝える情報誌としても納得の内容になっている1冊だ。ナイフが好きな方はもちろん、気になっている方もぜひお手に取っていただければ幸いだ。

 

ナイフカタログ2021

 

『ナイフカタログ2021』のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事