サバゲー

2020/10/23

プロが選ぶサバゲーフィールド「HEADSHOT」

 

日本最大級の市街戦が楽しめる!

 

サバゲーフィールド「HEADSHOT」

 

 千葉県印西市にあるサバイバルゲームフィールド HEADSHOTヘッドショットは、総敷地面積約8,000坪、フィールドエリア約5,000坪という広さを誇る。

 フィールドには建物が立ち並び、車両を配置して市街地を再現。2階建ての建物も複数あり、これを利用した立体的なバトルも見逃せない。敷地の地面にはチップが敷き詰められて水はけもよく、雨あがりでも快適。日本最大級の市街地フィールドで、思いきりサバゲを楽しんでいただきたい。

 

サバゲーフィールド「HEADSHOT」

 

サバゲーフィールド「HEADSHOT」

駐車場の前にある事務所とセーフティエリア。広々としており、200人以上を収容可能だ。他にも男女更衣室と水洗式トイレを完備しており、初心者や女性サバゲーマーも安心

 

サバゲーフィールド「HEADSHOT」

 

サバゲーフィールド「HEADSHOT」

事務所の裏にあるシューティングレンジはレーンが複数あり、かなり広々としている。大人数でもゲーム前のホップ調整や試射が可能だ

 

サバゲーフィールド「HEADSHOT」

フィールド内の写真。平坦な地形に2階建ての建物が複数並んでおり、2階からの援護射撃や狙撃など、これらを立体的に活用することでゲームを有利に運んでほしい

 

サバゲーフィールド「HEADSHOT」

複数の車両が配置され、市街地の雰囲気を盛り上げている。車両のウィンドウ越しに向こう側が見えることも考慮しつつ、バリケードとしてうまく活用したい

 

サバゲーフィールド「HEADSHOT」

中央にはフィールドを分けるようにキャットウォークが設置されている。フィールド全面利用時はここも戦場となるが、フィールド分割使用時には観戦台となる

 

サバゲーフィールド「HEADSHOT」

高低差のある建物と複数のバリケードが点在する市街地型のサバゲフィールドで、市街戦を楽しもう!!

 

【フィールド情報】

サバイバルゲームフィールド HEADSHOT

場所:〒270-1605 千葉県印西市平賀2655

TEL:080-4813-1538 (受付時間:8:00~18:00)

 

;

 

【料金(1日あたり)】

土曜・日曜・祝日参加費:3,300円(税込)

平日参加費:2,750円(税込)

昼食費:500円+税(お弁当)

 

TEXT:Ghost (Ghost in the Dark)

 

Twitter

RELATED NEWS 関連記事