装備

2020/08/13

3万円で揃える! 自前のスーツ+αな装備!

 

 特別定額給付金10万円。新人編集である珈琲はそのうち7万円を新しいスーツに使っていた。今回は購入したスーツに合う装備を求め、編集部の頼もしい先輩やライターの方々に聞き、残った給付金3万円でチョイスしてみた。

 


 

 

珈琲が選んだアイテム

  • 東京マルイ H&K USP
  • 東京マルイ 7.2V 500mAh マイクロ500バッテリー
  • 東京マルイ NEW 7.2V マイクロ500バッテリー用充電器
  • 東京マルイ プロゴーグルフルフェイス(マットブラック)
  • CONDOR タクティカルギア VERTICALショルダーホルスター ASH

 

 サバゲー初参戦記を通し、ハンドガンの魅力を感じていたため、東京マルイの電動ハンドガンを選んだ。バッテリーと充電器をつけても20,000円未満に収まり、充電も1回分は2円。お財布にも地球にも優しい。また、サバゲー中、顔に被弾することも多かった。貸出のフルフェイスがなければ怪我していたこと間違いないだろう。その経験を生かし、東京マルイの黒いフルフェイスを購入した。メガネがあっても特に苦しくなく、男性の自分でぴったりのサイズだった。ホルスターは先輩から勧められたCONDORのショルダーホルスターをチョイス。CONDORはサバゲーマーの登竜門と呼ばれるほど万能のものが多いとのこと。詳しくは、下のレビューをチェックしていただきたい。

 

CONDORのレビューはこちら

 

左脇の下にハンドガン。右脇の下にマガジンを収納できる。位置がまだ定まらないのでこれから調整予定だ

 

実際に装備してみた

 

ジャケットの下に装着したホルスターがなかなかにカッコイイ。H&K USPはさまざまなアニメで法執行機関が使っており、かなりしっくりきている

 

全て装着。おでこが広いので、そこだけ被弾しないように気をつけたい

 

 珈琲の3万円セットアップは以上だ。10万円ほど資金を捻出しなくても、この程度ならば3万円で充分セットアップできる。サバゲーに興味がある人の参考になれば幸いだ。また「月刊アームズマガジン9月号」では色々な10万円セットアップが掲載されている。ぜひ、そちらも参考にしてほしい。

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年9月号 P.46~47より抜粋・再編集したものです。

 

レポート全編が読める
月刊アームズマガジン9月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事