サバゲー

2020/08/12

新人編集部員が挑戦! サバゲー初参戦記!

 

 今回の主役「彩」と「珈琲」はアームズマガジン編集部の新人編集部員である。彼らは実務面ではすでに有能さを見せつつも、サバゲーは未経験。

 

Arms編集部新人のサバゲ初参戦記

 

 そこで今回はサバゲー初参戦を果たすべく、装備レンタルとレクチャー込みの定例会に参加した様子をレポート。サバゲーに興味をお持ちの「おうちシューター」の方にもぜひ参考にしていただきたい。

 

初めてでも大丈夫。手ぶらでサバゲー!

 

 千葉県印西市にあるサバゲーフィールド、ユニオンベースMETユニオンでは、装備を持っていない初心者も手ぶらで参加できる「ビギナーズサービスパック(¥5,000)」を提供している。このサービスには定例会参加費と電動ガンとBDU、ゴーグルのレンタルに加え初心者レクチャーも含まれ、至れり尽くせりの内容だ。

 まだ装備もなにも持っていない編集部新人の彩と珈琲のサバゲーデビューにはうってつけであり、さらにレンタル装備はベーシックなものなので、自分に合った装備を探す上でもまず基本を知っておこう、ということになったのである。

 

Arms編集部新人のサバゲ初参戦記

受付する珈琲(写真奥)と彩(写真手前)。時節柄検温も行なわれた

 

Arms編集部新人のサバゲ初参戦記

レンタル装備はG&GアーマメントのM4CQB-R電動ガンをはじめ米海軍迷彩のBDU上下とベルト、サンセイのゴーグル&マスク

 

Arms編集部新人のサバゲ初参戦記

フィールドのインストラクターさんに銃の安全管理や基本的な扱い方をレクチャーされる

 

Arms編集部新人のサバゲ初参戦記

シューティングレンジで射撃練習。まだ構え方がぎこちない

 

Arms編集部新人のサバゲ初参戦記

朝のミーティングでゲーム内容やルールが説明される。この日は平日ながら定例会には20名弱も集まった

 

いざ、ゲームスタート!

 

Arms編集部新人のサバゲ初参戦記

初心者にはインストラクターさんが同行してくれるので安心。2人は黄チームで参戦

 

Arms編集部新人のサバゲ初参戦記

頼りになるベテラン参加者の皆さん。先輩たちの装備や身のこなしは大変参考になる

 

Arms編集部新人のサバゲ初参戦記

2人ともハンドガンは持っていないので、ハンドガン戦には貸出のエアコッキングガンで参戦。ベテランのみなさんに倣い、前に出ていく

 

Arms編集部新人のサバゲ初参戦記

遮蔽物を使いながら珈琲がフラッグゲットに挑む。しかしもう少しというところで赤チームの伏兵にヒットを取られた

 

おいしいランチも!

 

Arms編集部新人のサバゲ初参戦記

 

 ユニオンベース/ METユニオンでは定例会の日などのお昼にケータリングサービスがあり、希望者には温かい食事が提供される(別料金)。名物のカレーライス(500円、税別)はスパイシーでコクがあって美味だ。

 

Arms編集部新人のサバゲ初参戦記

フィールドで動いた後は3割増しでおいしい!?

 

Arms編集部新人のサバゲ初参戦記

心から初サバゲーを楽しんだ新人2人。ユニオンベースさん、METユニオンさん、ありがとうございました!

 

TEXT:アームズマガジンウェブ編集部
撮影協力:ユニオンベースMETユニオン

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年9月号 P.42~43より抜粋・再編集したものです。

 

レポート全編が読める
月刊アームズマガジン9月号のご購入はこちら