サバゲー

2020/07/21

サバチューバー大激突!前代未聞の戦車サバゲー!!

 

 今回の企画は戦車をテーマにしたサバゲ。前回に取材した新進気鋭のサバチューバーたちが、実物大10式戦車の模型があるF2プラントを舞台に、熾烈な戦車戦を繰り広げる! はたして勝利の女神が微笑むのは、どのチームか?

 

「ゾンビ晒すマン」の取材レポートはこちら

「彼女とサバゲー実況」の取材レポートはこちら

「ぐるぐる☆すっくん」の取材レポートはこちら
「World of Tanks」の記事はこちら

 


 

 

 今回の企画の始まりは、「World of Tanks」とのコラボレーションの話であった。戦車はサバゲーマーのみならず、ミリタリー好きには垂涎の話題。どうにかこれをサバゲーに落とし込むべく、サバチューバーの皆様と共にカートで戦車戦を再現することにした。前代未聞の戦車戦が、今、幕を開ける。

 

戦車戦ルール説明!

  • プレイヤーは操縦手と砲手に分かれる
  • 操縦手または砲手に着弾した場合はヒット。戦車への着弾はノーカウントとする
  • 操縦手がヒットされた場合は行動不能になり、射撃手がヒットされた場合は操縦手が砲手と交代することによって戦闘を継続する
  • 射撃は1発ずつ。各マガジンには1発のみ装填し、マガジンまたは銃本体を交換して次弾を射撃する

 

 

 今回のゲームでは2人ずつ3チームに分かれ、それぞれの戦車に搭乗し操縦してもらう。戦車1輌につき装弾数は5発であり、射撃後はマガジンまたは銃本体を交換することによって「装填」の動作を再現している。自動装填装置などは搭載していない。あくまで人力での装填にこだわるのが戦車戦の醍醐味なのである。また、戦車の性能、さらに操縦手の運転テクニックもまた、注目のポイントだ。

 はたして、勝つのはどのチームか。白熱の戦いが幕を開ける。

 

「彼女とサバゲー実況チーム」はふぉいの操縦にたんが砲手を務める。戦車はモロ☆が自腹購入した重戦車だ。露出する面積は少なく、耐久性に期待できる。普段使用するM&Pを手に勝利を目指せ!

 

「ゾンビ晒すマン」チームは開戦直後、砲手のゆっこがヒットしてしまう。軽戦車並みの装甲が仇となってしまった。だが、すかさず、操縦していたいーずーが颯爽と砲を構える。彼を討ち取るまで、ゲームは終わらない!

 

この戦車は、F2プラント社長が推す多目的カート。業務用であるために、意外と操作性がいい。圧倒的な重量だが、それをすっくんの剛腕がカバーする。大口径のデザートイーグルから放たれる砲撃が、敵戦車に襲い掛かる

 

 F2プラントの戦場を、彼らが駆る戦車の車輪の咆吼が木霊する。実戦さながらの機動戦の最中、狙い澄まされた一発の砲弾が、敵を穿つ。迫真の激戦の末に、勝利したチームは誰か。その勝敗と激戦の全容は、月刊アームズマガジン8月号に掲載されている。ぜひ、その目でその勝負の行方を確かめて欲しい。

 

Photo&Text:モロ☆

撮影協力:F2プラント

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年8月号 P.224~225よりウェブ用に再編集したものです。

 

レポート全編が読める
月刊アームズマガジン8
月号のご購入はこちら

 

Twitter

RELATED NEWS 関連記事