タナカ「スモルトリボルバー 4インチ ヘビーウエイト Ver.3 ガスガン」製品レビュー

 

6インチに続き、待望の4インチもリリース

 

タナカ「スモルトリボルバー4インチ ヘビーウエイトVer.3ガスガン」製品レビュー

 

 ケイク・デイヴィス社のビル・デイヴィスが最初に完成させたというスモルトは、コルトパイソンの銃身とS&WのM19のフレームを合体させたカスタムだ。1980年代初め、リボルバーを主体としたPPC競技の人気を背景に大ヒットとなった。スマイソンとも呼ばれるそのカスタムは多くのカスタム・ガンスミスによって作られた。そんな中からタナカはビル・デイヴィスの初期作品をピックアップした。

 

タナカ「スモルトリボルバー4インチ ヘビーウエイトVer.3ガスガン」製品レビュー

※写真は試作品です。量産品とは細部が異なる場合があります

 

 6インチに続き4インチモデルの発売となるが、実際ビル・デイヴィスのスモルトにも4インチが存在し、1981年には日本に紹介されていた。それはラウンドバットで、太すぎると不評だったパイソンのグリップより握りやすいマグナグリップが装着でき、コンバット用グリップとすることもできるタイプだ。タナカはこれを最新M19Ver.3ガスガンで忠実に再現している。

 

タナカ「スモルトリボルバー4インチ ヘビーウエイトVer.3ガスガン」製品レビュー

ホーグタイプのウエイト入りオーバーサイズ・ラバーモノグリップを標準装備

 

タナカ「スモルトリボルバー4インチ ヘビーウエイトVer.3ガスガン」製品レビュー

ハンマースパーはセミワイドタイプ

 

タナカ「スモルトリボルバー4インチ ヘビーウエイトVer.3ガスガン」製品レビュー

トリガーもやや幅広いセミワイドタイプだ

 

タナカ「スモルトリボルバー4インチ ヘビーウエイトVer.3ガスガン」製品レビュー

4インチバレルの左には、パイソンの名と使用弾薬がクッキリと刻まれている

 

DATA

  • 全長:240mm
  • 全高:150mm
  • 全幅:36mm
  • 重量:870g
  • 装弾数:13発
  • 価格:¥25,800(6月中頃発売予定)
  • お問い合わせ先:タナカ

 

TEXT:アームズマガジンウェブ編集部

 

 


この記事は月刊アームズマガジン2020年7月号 P.84より抜粋・再編集したものです。

 

レポート全編が読める
月刊アームズマガジン7月号のご購入はこちら

Twitter

RELATED NEWS 関連記事